2012年04月20日

青森の「東照宮」(国の重要文化財弘前東照宮)が破産、本殿売却へ〜敗因は「第二分野(サイドビジネス)」での失敗

東照宮と聞いてまず先に思い出すのは世界遺産にもなった「日光東照宮」(栃木県日光市)だと思います。
今回話題となっているのは、日光ではなく、青森県弘前市にある「東照宮」です。
 勿論「東照宮」は徳川家安などの徳川家がまつられたもので、どこも歴史的な文化財でです。
その東照宮を管理する宗教法人が自己破産したため、一部を手放さなければならないような状態になってしまったということです。
 ではその宗教法人はどのようなことで、自己破産になってしまったかというと、「第二分野」といわれる「副業」(ここでは結婚式場経営)に失敗したということです。
 こういったものも別の不動産業者になったということなのですが、歴史的遺産を管理するのは大変金銭や労力のいることで、あるていど、裕福ではなくはやっていけないようなものです。

 とにかく第二分野という本業以外の(特に不動産投資の)失敗は大変目立ちます。
先の見えない事に手を出すことは博打とおなじですので、投資や新規ビジネスをするときには勝算をしっかりかんがえておかなければならないことは火をみるより明らかです。


青森の「東照宮」が破産、本殿売却へ


弘前東照宮:自己破産、負債総額2億円超…国の重要文化財
毎日新聞 2012年04月19日 19時27分(最終更新 04月19日 19時43分)


破産手続きが始まった東照宮の本殿(国指定重要文化財)=青森県弘前市で2012年4月19日、松山彦蔵撮影
拡大写真
 本殿が国の重要文化財に指定されている青森県弘前市の東照宮(工藤均代表役員)が、青森地裁弘前支部に自己破産を申請、破産手続きの開始決定を受けたことが19日分かった。同支部の決定は6日付。工藤代表役員によると、負債総額は2億円超に上るとみられる。神社本庁によると、神社の破産は03年の横浜市・伊勢山皇大神宮に次ぎ2例目。
 徳川家康を祭るため各地に建てられた東照宮の一つで、1617(元和3)年に弘前城に創建。1624(寛永元)年に現在地に移った。ヒバ材を使った白木造りの本殿は1953年に国の重要文化財に指定された。
 帝国データバンクなどによると、境内の結婚式場が90年代に経営難に陥り、拝殿や社務所、敷地などが08年に競売にかけられ東京都の不動産会社所有となった。本殿は東照宮所有だが、現在、宗教活動を停止している。
 破産管財人の三上和秀弁護士は「本殿は競売にかけず(県や市などの)公的団体に引き取ってもらう方向で交渉を進めたい」と話している。【松山彦蔵、鈴木久美】

http://mainichi.jp/select/news/20120420k0000m040033000c.html
(2012/4/19/毎日新聞)


青森の「東照宮」(弘前東照宮)が破産、本殿売却へ〜敗因は「第二分野(サイドビジネス)」での失敗
2012年 4月 19日  14:12 JST

 青森県弘前市にある国の重要文化財「東照宮本殿」を所有する宗教法人東照宮(同市)が青森地裁弘前支部に自己破産を申請し、6日付で破産手続きの開始決定を受けていたことが19日分かった。本殿は売却される見通し。

 帝国データバンクによると、負債は約1億2700万円。結婚式場への過大投資などで経営難に陥る中、神社資産への抵当権をめぐる訴訟で敗訴、2007年以降は宗教活動を停止していた。 

[時事通信社]
http://jp.wsj.com/Japan/Economy/node_429397
(2012/4/19/ウオールストリートジャーナル)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 00:19| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ソープランドを超えたサービス実施中!(´-ω-)★ ttp://sns.b8y.in/
Posted by !里花 at 2012年05月26日 10:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。