2012年05月06日

自己破産:建築工事業「エコレック」が申請 系列の不動産会社も〜不動産投資の金利負担が重くのしかかってきたのが敗因。

岐阜県神楽町の建設工事業「エコレック」が自己破産の申請をしていたということです。
 経歴をみると、1990年に設立して、99年頃に木造住宅工事の元請け(つまり不動産会社から直接「家を建てて下さい」)の分野まで広げ、さらにそれを販売できる「不動産業」迄にも成長しています。ところが2009年を過ぎたころから住宅の受注が芳しくなく、「不動産投資」の原資の利息が重くのしかかってきたということです。
 敗因は不動産投資の失敗で金利負担が重くのしかかったということになります。


自己破産:建築工事業「エコレック」が申請 系列の不動産会社も〜不動産投資の金利負担が重くのしかかってきたのが敗因。

自己破産:建築工事業「エコレック」が申請 系列の不動産会社も /岐阜
毎日新聞 2012年05月02日 地方版

 岐阜市神楽町の建築工事業「エコレック」(村田希一社長)と系列の不動産会社「イー・ウッドホーム」が4月27日に岐阜地裁に自己破産を申請したことがわかった。帝国データバンク岐阜支店が1日発表した。負債は両社で約3億1600万円に上るという。
 「エコレック」は90年4月設立。当初は住宅メーカーの下請け工事を主体に手掛けたが、99年ごろから木造住宅建築工事の元請けを開始。00年9月に「イー・ウッドホーム」を設立し、不動産売買にも乗り出した。住宅リフォームや解体工事などを受注し、09年11月期決算で年商約5億円を計上していた。その後、一戸建て住宅の建設工事などの受注が激減。不動産投資の金融負担が経営を圧迫し、業績回復の見通しが立たなくなったという。【立松勝】
http://mainichi.jp/area/gifu/news/20120502ddlk21020145000c.html
(2012/5/6/毎日.jp)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 19:51| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(その他不動産会社) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。