2012年05月17日

元・総合格闘技「K-1」の運営会社、FEGが破産手続き開始〜敗因は現在の経済事情も大きく反映。

K-1とは、格闘技(スポーツ)の名称で、たしか空手(karate)のK カンフー(kanhu)のK そして、キック(kitck)ボクシングのKの頭文字をとってそれをミックスしたものと言われています。
 過去には色々と話題を呼びそれなりの盛り上がりも見せました。
しかし、こういったスポーツには当然波やその時のご時世も大きく反映しますので、景気が良い時は多くの観客が訪れるなど様々な要素でこの興業がなりたっています。
 このK−1は以前それを作り上げた会社は「株式会社ケイワン」そんなような名前で企業として運営していたようですが、収益がよくなくそのK-1をやる権利というものを別の企業に譲渡したという経緯があります。




元・総合格闘技「K-1」の運営会社、FEGが破産手続き開始〜敗因は現在の経済事情も大きく反映。



K‐1の旧運営会社「FEG」が破産
 K‐1を運営していたFEG(東京)が、東京地裁から破産手続きの開始決定を受けていたことが16日、分かった。破産管財人によると、決定は7日付で、負債総額は調査中。「K‐1」の商標権は既に、別の会社に移っているとみられる。帝国データバンクなどによると、K‐1は大みそかのテレビ放映が恒例になるなど格闘技大会として認知されていたが、近年は人気が低迷し資金繰りが悪化した。選手へのファイトマネーの支払いも滞っていたという。
http://www.daily.co.jp/ring/2012/05/17/0005060019.shtml
(2012/5/17/デイリースポーツオンライン)


元・総合格闘技「K-1」の運営会社、FEGが破産手続き開始
  [2012/05/16]



帝国データバンクの大型倒産速報によると、元・総合格闘技「K-1」の運営会社FEGは、3月14日に第三者から破産を申し立てられ、5月7日に東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は窪田英一郎弁護士。債権届け出期間は6月11日までで、財産状況報告集会期日は7月30日午後1時30分。

帝国データバンクによると、FEGは2003年9月、ライツコム(旧・K-1)から総合格闘技「K-1」に関連するイベントの企画・制作・運営事業を引き継ぐ形で設立。ライツコムの代表を務めていた石井和義氏が2003年2月に法人税法違反容疑で逮捕されたことを受け、取引先との関係を継続するために同社らが保有していた「K-1」に関するイベント興行権を受け継ぐ形で事業開始に至ったという。

2003年の年末には大相撲元横綱の曙と当時の人気レスラーであったボブ・サップの対戦カードが話題となったほか、以降も話題性のある選手を発掘し、ゴールデンタイムや大晦日のテレビ放映が恒例となるなど格闘技大会として一定の認知度を得ていた。

だが、帝国データバンクによると、ここ最近は、スポンサー企業の業績悪化によってスポンサー収入が減少するなか、K-1のタレント不足によりファン離れが進み、入場者数の減少を余儀なくされるなど資金繰りが悪化。出場選手に対するファイトマネーの支払いに遅延が発生するなど財政難から2011年の「K-1 GRAND PRIX」の開催が中止となり、動向が注目されていたという。

なお、現在「K-1」の企画・主催・制作運営は、「香港のK-1グローバルホールディングスが行っている」(帝国データバンク)。
http://news.mynavi.jp/news/2012/05/16/114/


 
【関連する記事】
posted by 管理人B at 23:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場