2012年07月29日

周東製麺:柳井の製麺業、破産手続き開始 負債8億5000万円 /山口〜敗北は低価格競争に参加していないからなのではないか。

製麺業の「周東製麺」が倒産(破産手続き開始決定)となりました。
 倒産の要因は「売上減による収益の減退」という事になります。
 現在の「製麺」業をみると他の業界同様「低価格競争」というものを強いられており、これに敗北してしまうと、消費者は見向きもしない傾向となります。

 また製麺関連の現状をみてみると、「丸亀製麺」(まるがめせいめん)や「はなまるうどん」のような、製麺から販売・飲食をトータルサプライズするところもみられ、1杯100円からあるようなところも見受けられており、製麺業のファーストフード化というものもなされています。

 こちらでも話題にとりあげましたが、「ラーメン界のイチロー」とも言われながら結局、味重視で採算のあわない事業を展開してしまい、ついには破産となったことも記憶には新しいかと思います。

 今後この業界も回転ずし やハンバーガー ・牛丼店のような「低価格競争」の仲間に入りつつありますので、いかに「低価格」でかつサービスの質を落とさないような厳しさを強いられるものと思われます。

 とにかく、企業はなんといっても「利益」重視は当然です。利益がでないものに消費者を満足させることはできません。
 




周東製麺:柳井の製麺業、破産手続き開始 負債8億5000万円 /山口〜敗北は低価格競争に参加していないからなのではないか。
毎日新聞 2012年07月28日 地方版

 信用調査会社の帝国データバンク山口支店(山口市)は27日、柳井市の製麺業「周東製麺」(古磯寿寛社長、従業員18人)が、地裁岩国支部から破産手続き開始決定を受けたと発表した。負債は約8億5000万円。

 決定は6日付。同社は1949年創業、うどんを中心にラーメン、そばなどの麺類を製造、00年3月期には売上高約15億円を計上した。近年は大口得意先からの受注が落ち込み、直近期の売上高はピーク時の3分の1程度となり、昨年1月31日に事業を停止していた。

〔山口東版〕
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20120728ddlk35020385000c.html
(2012/7/28/毎日.jp)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 14:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。