2012年10月13日

『金持ち父さん 貧乏父さん』著者「ロバート・キヨサキ」氏が経営する会社が倒産? 一転して貧乏父さんに〜つまり「貧乏倒産」へ転落

あの一時期大ブームとなった『金持ち父さん 貧乏父さん』の著者であるロバート・キヨサキさんの経営する会社(RICH DAD社)が
破産申請(自己破産)をしていたことがあかるみに出ました。

 「金持ち父さん、貧乏父さん 」の基本的な考え方は、資産(つまりお金を生み出すもの)、負債(お金を返すべきもの)という考え方に則り、労働者(雇われ者emploee)と自営業(selfbusiness)はお金を食いつくすもので「負債」ととらえ
        会社経営(business)と投資(investment)は、組織やお金がお金を生み出すもので「資産」ととらえて、
       これを原理として、様々な資産の増やし方を多くの読者に伝授した、ノウハウ本です。

    それがベストセラーとなり世界の多くの人に絶賛されたものです。
   しかし、それで飯のタネにしていこうというのであれば、その本を売り続けていくか、それともあらたな展開をしていかなくてはなりません。
 結局本を売り続けていくこととなりました。
 「ビジネス」を拡大していこうというするのは、「お金」が必要となります。「ビジネス」をやる人はそのビジネスが「成功」することに確信を持っているのですが、その成功へ達するための「運転資金」がないのが普通です。現在の多くの企業を見ても、その大多数が「借金」をしていることが実情です。「無借金経営」という会社も見受けられるのですが、やはりそれは稀なケースです。

  そういうことから、「金持ち父さん、貧乏父さん」のロバートキヨサキ氏は、借金をして販売に力を入れていったということです。そして、販売に見合った実績(実利益)がでなくなり、販売を続ければ続けるほど「債務」が拡大し、とうとう借金の返済が期日に間に合わず、裁判迄もちこまれて、支払い命令の判決がでて、それに耐えられなくなったので、自らの会社が「万歳(破産)」をしたということです。

 尤もロバート・キヨサキ氏は、そのまま生活などに影響がなければ、投資(Investment)だけで過ごすような記述をしていましたが、やはりビジネスをした方が資金が増えるし、生きがいもあるのでその選択をしたのかと思います。
 
 「ビジネス」には必ず「誤算」つまり「小失敗」というものがあり、その「小失敗」を省みてはじめて、次の成功の道が確実のものとなるのです。それをないがしろにしてしまえば、いつかは「大失敗」をし、企業の生命を絶たれる倒産(破産)へ突っ込むリスクは必ずおとずれるのです。
 ですから、何事も「逃げ道」や「どう転んでも大丈夫」なような企業活動は大切だと考えられます。


『金持ち父さん 貧乏父さん』著者「ロバート・キヨサキ」氏が経営する会社が倒産? 一転して貧乏父さんに〜つまり「貧乏倒産」へ転落



『金持ち父さん 貧乏父さん』著者が経営する会社が倒産? 一転して貧乏父さんに


   
64
2012.10.11 21:00:04 記者 : ガジェ通ウェブライター カテゴリー : エンタメ タグ : ウェブライター 中将タカノリ


著書『金持ち父さん 貧乏父さん』がベストセラーを記録した投資家・実業家のロバート・キヨサキさんの経営するRICH DAD社が破産申請していたことがわかった。

ロバートさんの著書を販売促進するため借り入れていた2400万ドルの返済が滞り、2012年4月に出された裁判所からの支払い命令にも応じられなかった結果としての判断だった。


アメリカでのロバート・キヨサキ人気は高く、ハリウッド俳優のウィル・スミスも子供への経済教育に彼の著作を利用していたほど。しかし実情は多方面へのビジネス拡大が思ったようにいかず、会社経営は自転車操業状態だったようだ。

長年の経済的パートナーだったザンカ―さんは

「私がKiyosakiの商標を取得し、それを大きくしてきました。
契約では私に配当があるはずなのですがそれは実行されませんでした。
ウィル・スミスは彼を信頼しましたが、彼は私たちへの約束を守らなかったのです」

と、厳しくロバートさんの不誠実な姿勢を批判している。

過去にも2度の破産を経験し、車上のホームレス生活に追い込まれるなど辛酸をなめたが、そのたびにカムバックを果たしているロバートさん。3度目の成功がかなった際には誰にも迷惑をかけることのないビジネスを実現してほしいものだ。

※画像は『Mail Online』、RICH DAD社ウェブサイトから引用

※この記事はガジェ通ウェブライターの「中将タカノリ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

みんなはどう思う? コメントする、意見を交換する
http://getnews.jp/archives/261705
(2012/10/11/ガシェット通信)






「金持ち父さん 貧乏父さん」ロバートキヨサキ氏の会社が破産

     最終更新:2012年10月11日 17時10分

一度ご登録いただきますと、すべての記事をお読みいただけます。
メールアドレス
  
 (プライバシーステートメント) に同意の上、
メルマガ登録にお進みください。


(公式サイトより)
 「金持ち父さん 貧乏父さん」などの著書で知られる、ロバートキヨサキ氏が2400万ドルの支払い命令が下されており、会社の破産申請を行ったことが10日、わかった。

 NYポストによると、今年4月、ロバートキヨサキ氏の投資会社リッチ・グローバルLLCは、プロモーターのビル・ザンカー氏から、これまでの利益2400万ドルの支払いを求めた訴訟を提起されていたが、米連邦地裁はザンカー氏の主張を認め2400万ドルの支払いを命じていたという。

 同紙の取材に、リッチグローバルの関係者は、キヨサキ氏がグループ会社は8000万ドルの価値がある、と語っていたそうだ。しかし、それはないようで、グループの該当会社の破産申
http://media.yucasee.jp/posts/index/12180
(2012/10/11/ゆかしメディア)




「金持ち父さん」が倒産で、Twitterが芳ばしいキヨサキ語録で埋まった
2012年10月11日21:31    
inShare
  
「金持ち父さん」の著者、ロバート・キヨサキが訴訟に遭い、個人資産を守るため自分の会社を計画倒産させたようです。これ自体は教科書通りの処置です。

問題は彼の場合、モチベーショナル・スピーカーなので(僕は彼をフィナンシャル・アドバイザーだとは捉えていません)過去の「キヨサキ語録」が自分に跳ね返ってきて、刺さりすぎ(笑)になるという点です。既にTwitterではその芳ばしいアイロニーがさく裂中。

Your future is created by what you do today, not tomorrow –Robert Kiyosaki
あなたの未来は、今日、あなたがどういう行動を起こすかによって決まる。明日、どうするかではない。

The traitor in your life is very often your own voice – Robert Kiyosaki
あなたの人生における裏切り者は、(やめておけという)あなた自身の内なる声だ。

Remember, your mind is your asset, so be careful what you put into it – Robert Kiyosaki
あなたの頭脳こそが財産だ。だから何をそこに突っ込むかに気を付ける事。


Ads by Google
サウスゲートタワー川口sg-tower.com
地上31階建て全360邸の制震タワー いよいよモデルルームオープン!
退職金を失う8つの株式投資ミスwww.kabunogakkou.com
退職金を運用して、バラ色の老後 のはずが、なんでこんなことに・・
When people are lame, they love to blame – Robert Kiyosaki
ひとはイタい状態になったら、他人のせいにしたがる。

If you want to be rich, don’t allow yourself the luxury of excuses – Robert Kiyosaki
金持ちになりたいと思ったら、言い訳という贅沢に浸かるな。

If you want to go somewhere, it is best to find someone who has already been there – R. Kiyosaki
何処かへ行きたいと思うなら、そこへもう行った事のある人に訊くのがいちばん。

Financial struggle is often the result of people work their entire lives for someone else – Robert Kiyosaki
経済的困窮は多くの場合、一生、他人の雇われ人で過ごす人々の上に降りかかる。
http://markethack.net/archives/51845198.html
(2012/10/11/マーケットハック)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 14:29| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事を書いた人は全然わかってないな。
その他の資産を守るためにあの会社を潰しただけで、ロバートは今でも金持ちのままですよ。
計画父さん(倒産)でしょ。
Posted by さと at 2013年08月31日 01:05
さと 様

 貴重なご意見ありがとうございます。その後のロバートキヨサキさんのことについてはどのようになっているのかあまり興味がなかったのですが、「今でも金持ちのまま」ということでしたら、恐らく会社に個人責任をつけず、その赤字債務超過の会社をどうせつぶすのだから、優良資産を別の会社に移し、他の会社の負債をそこにもってきて、「どかん!」とつぶしたのかもしれません。
 この記事が別の意味で話題になっている「ゆかしメディア」だから、見方が違っていたのかもしれません。
 ありがとうございました。
Posted by 管理人C at 2013年08月31日 13:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。