2013年02月20日

海江田万里民主党代表に対し損害賠償請求訴訟を起こす(東京地裁) 「安愚楽牧場」(破産)での出資者30人〜勝算は極めて少ないが、今後の被害回復を考えれば提訴する事が吉方と成る可能性大。

この度の、最大の消費者被害とも言える「安愚楽牧場」に対して、目立った訴訟が提起されたということです。
海江田万里(かいえだ ばんり)氏の過去を、ご存じの方も多いかと思いますが、国会議員になる前は「経済評論家」ということで、多くのメディアに露出していました。それが20年前ということです。そしてその「経済評論家」の実績を高く買われて、政治家(国会議員)としてのスタートを切ったということです。

 今のこの時期のこの立場でのこういった状況なので、海江田氏は、多くのところからバッシングを食らっていますが、その20年前の「経済評論家」としての活動は、大変家庭の主婦や、投資の素人などから、「分かりやすい、実践的だ、具体的だ」などと高く評価されていました。類似した活動の人に「野末陳平」氏という税金に詳しいタレントもおり、野末氏の弟子は海江田氏のようなものでした。

 例えば、20年前というと1993年(バブル経済がちょうどはじけるかなっていうところ)、25年前というと1988年(バブルの絶頂期)でした。
  その時期は不動産の価格が高騰し、マンションではなく「オクション」なんていう言葉も流行り出す時代でした。金融商品というと、郵便局の「定額貯金」やちょっと足を延ばして、信託銀行のビッグ(変動利率の貯蓄商品)、ワイド(固定金利の金融債)が主なものでした。
 その時代、「小金持ち」といえるような国民の時代でしたので、銀行やタンスに単に預けていくだけではなく、ちょっとささやかな「冒険」でもして、虎の子を増やそうという人も少なくありませんでした。

 そこで大きく登場していた一人に海江田万里氏がいるのです。

 海江田氏の特徴は、他の複雑抽象的な評論多い経済評論家のなかでも、生活に密着した、具体的な手法の金融貯蓄を披露していました。
 その一つですが、定額貯金を預ける時は1000円1口で預けなさいという手法。これはその後に話題になった、端数の切り上げ金利という奴で、バブル絶頂期の低金利時代に確か通常貯金(郵便局)の10倍位の金利を定額貯金で得られる方法です。

 もうひとつは、その定額貯金を預けて、6か月間はそこから借金をして、その6ヵ月間を証券会社の「金貯蓄口座」という短期間で高金利を享受できるものに預けて、借金をする低金利と金貯蓄の高金利の差額をさらにゲットしようという具体的な戦法です。

 そんなこともあり、その当時の人たちは「海江田氏なら日本を大きく変えてくれるだろう」という期待が大きかったのも事実です。


 そこでそんな処の「金融話術」の中で、「安愚楽牧場」(あぐらぼくじょう)という、話題がでたということです。
また今回の訴状にある内容では「リスクがゼロ」とかそういった「言い切り」の内容ということなので、いささか「本当に海江田氏はそういうことを言っていたの?」と思うのですが、当時の雑誌の切り抜きなどでもしめしているのでしょうから、本当にそういう事をいったのだと思います。(専門家がそういう発言をするのも考えにくいのですが)

 確かに前述のように、海江田氏の雑誌やテレビでの勧めで、安愚楽牧場に投資したという人も実際には多いかと思いますが、あくまでも、それを信用するかしないかの取捨選択はそれを読んだ投資家にあるものなので、その発言から20年以上(民法の責任の時効)に引っかかるものもあるかと思いますし、さらに「表現の自由」という事も考えてみれば、「投資は自己責任」という観点がおのずと裁判では引き出されてしまうのかと思います。

 結局この裁判は、残念ながら「敗訴」になる可能性が濃厚です。
では、なぜこの裁判をやった方が「吉」というかといいますと、今後出資者の「被害回復」が主なものは、現在進行中の「破産配当」と国や東京電力や安愚楽牧場関係者を視野にいれた「損害賠償請求」しかないと考えられます。そのアクションを起こすには、一にも二にも「証拠」を揃えなくてはなりません。
  また「犯罪性」が濃厚なものと当方では見ていますので、当然「刑事事件」が絡んでもおかしくないのですが、破産管財人の行為やその他もろもろを見ても、「刑事事件」への兆しが今一つ浮かんでこないのが、ある意味での「誤算」となっていて、「刑事事件」として産出される「スーパー証拠」というものを得ることができません。

 そのため、最終的な大機関などへの賠償をもとめるにも、小さくても「証拠」を得なくてはなりません。その一つの課程が「海江田氏への損害賠償請求訴訟」ということになるのです。判決は敗訴となってもその過程で生成される「証拠」にも今後の利用価値を期待するものと考えられます。






海江田万里民主党代表に対し損害賠償請求訴訟を起こす(東京地裁) 「安愚楽牧場」(破産)での出資者30人〜勝算は極めて少ないが、今後の被害回復を考えれば提訴する事が吉方と成る可能性大。


海江田代表を損賠提訴 「安愚楽牧場」出資者30人
2013.2.19 07:15 [民事訴訟]
 4千億円超の負債を抱えて破綻した畜産会社「安愚楽牧場」(栃木県)をめぐり、出資者30人が18日、経済評論家時代に出資を勧める記事を発表した海江田万里民主党代表(63)を相手取り、計約6億1千万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。

 訴状によると、海江田氏は昭和62年〜平成4年ごろ、安愚楽牧場について「知る人ぞ知る高利回り」「リスクはゼロ」などと雑誌や書籍で紹介。出資者側は「破綻の危険性を容易に認識できたのに、調査や説明の義務を怠った」と主張している。

 同日会見した出資者の男性は「海江田さんが投資に太鼓判を押す雑誌記事を見たのがきっかけだった。時間が経過したから責任を持たない、というのは容認できない」と訴えた。

 海江田氏の記事をきっかけに投資したとする94人が昨年6月、海江田氏に約1億5千万円の賠償を求める調停を東京簡裁に申し立てたが不調に終わり、今月5日に手続きが打ち切られていた。海江田氏の代理人は「訴状が届いた時点で内容を検討の上で対応する」とのコメントを発表した。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130219/trl13021907190000-n1.htm
(2013/2/19/msn産経ニュース)


<blockquote><script type="text/javascript" src="__AFPBB_EMBED_JS__" charset="Shift_JIS"></script></blockquote>


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。