2013年04月04日

杵松:伊賀市の製菓会社、自己破産申請へ 負債額15億円 /三重〜10億円もの大きな借金は一体何で使っていたのか。

「杵松」という三重県伊賀市にある製菓メーカーが破産申請の準備にはいったという事です。
この会社は1970年に設立されたということなので、約42年の営業が継続されているということです。
 しかし、この会社は4月1日から営業は継続されているということなので、消費者からみてみると「オーナーチェンジ」という形にしか見えないかと思います。
 企業の側からみれば、これは、会社が借金まみれで支払いができなくなり、事業閉鎖という破産劇であることは変わりありません。そのため、充分に活かせる事業「製菓事業」を他の企業(スポンサー企業)に譲渡したということです。

 つまりこの会社の大きな敗因は、販売不振とは言え、優良事業にもかかわらず、必要以上の大きな債務(借金)を抱えていたとうことになります。



杵松:三重県伊賀市の製菓会社、自己破産申請へ 負債額15億円〜10億円もの大きな借金は一体何で使っていたのか。


杵松:伊賀市の製菓会社、自己破産申請へ 負債額15億円 /三重
毎日新聞 2013年04月02日 地方版

 民間信用調査機関の帝国データバンク四日市支店は1日、伊賀市西明寺の製菓会社「杵松(きねしょう)」が事業を停止し、自己破産申請の準備に入ったと発表した。負債総額は約15億円。

 同社は1970年設立。煎餅、おかき、あられなどの米菓を製造。11年9月期の年間売上高は約18億円を計上していたが、販売不振などで業績が悪化。約10億円の借入も負担になっていた。

 1日から製菓事業を譲渡された別会社が運営している。【矢澤秀範】

〔伊賀版〕
http://mainichi.jp/area/mie/news/20130402ddlk24020401000c.html
(2013/4/2/毎日新聞)



【関連する記事】
posted by 管理人B at 09:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。