2013年04月14日

中国ツアーに強い「二十一世紀旅行」(東京都千代田区)が破産 反日運動で利用客減る〜最近の中国情勢の悪化に対応が追いつかずが敗因。

中国はもともと世界の4大文明の一つの地であったのですが、その後の長い歴史の中で、経済的にも「今一つ」の国になってきました。しかし、日本のバブルがはじけた頃の1990年代から徐々に経済成長の勾配が右肩上がりの急な方向へと向かい、国内総生産も今年には日本を追い越すまでになってきました。

 それまで、日本と中国との物価の間には大きな差があり、日本からお金をもちだせば1000円が中国では10000円分のような価値となる時代でしたが、今ではその差が中国の経済成長に伴い縮まりつつあります。

 そして、中国は経済的にも力をつけてくると、やはり他のところにも目が移るようになり、その一つが「尖閣諸島」ともいわれています。「尖閣諸島」は最近の調査から海底に鉱物資源が豊富に眠っているとも言われ、その量は中東の石油資源よりもおおきいのではないかという説もあるくらいです。そのため、様々国際社会では国の主張はありますが、中国がその資源獲得のために、釣り船で自称一般人と言われる人がその近辺で漁獲をしたりと、異様な動きをみせていました。

 その利害対立がエスカレートして、中国では「反日運動」も高まり、現地日本法人などが暴動の影響を食らうなどの影響もあってか、中国への観光客もすくなく(激減)になったということです。

 またリーマンショックになるまでは、日本からの中国投資というのも盛んになっていたのですが、その多くが目論見に反して、不動産価格の下落の影響にあい、倒産破産などにより中国から撤退ということも余儀なくされれいる状況です。

 それゆえに、中国関連のビジネスも「撤退」「保留」が多く打ち出されているという訳になります。
まさにこの「二十一世紀旅行」社は、中国と日本の物価の差を大きく利益の取り込みに成功したとも言える企業なのですが、ここ最近の状況の変化には対応できなかったというのが、今回の敗因になります。




中国ツアーに強い「二十一世紀旅行」(東京都千代田区)が破産 反日運動で利用客減る〜最近の中国情勢の悪化に対応が追いつかずが敗因。

中国ツアーに強い「二十一世紀旅行」が破産 反日運動で利用客減る
2013.4.12 12:20
 中国ツアーに強い旅行会社「二十一世紀旅行」(東京都千代田区)が、昨年12月20日付で事業を停止し、今月3日に東京地裁から申請した破産開始決定を受けたことが12日わかった。信用調査の東京商工リサーチによると、負債総額は約7700万円。

 二十一世紀旅行は「海外視察センター」として昭和42年設立。昭和60年代からは中国ツアーを柱にしていた。しかし昨年秋の尖閣諸島問題をめぐる反日運動など日中関係の悪化を受けて、ツアー参加者が激減。資金繰りがつかなくなった。

関連ニュース
宮崎の「肉巻きおにぎり」会社が破産申請へ B級グルメで人気
健康医学社が破産 温泉権めぐり訴訟も 競争激化で収益悪化
パソコン教室「KENスクール」運営会社が自己破産 教室運営は新会社に譲渡
消費者金融のクラヴィスが破産 負債総額3268億円、今年2番目の規模 
イベント会社「ザック」が破産へ マドンナ、スティングなど大物外タレ招へいに実…


(株)二十一世紀旅行 [東京] 旅行業
破産開始決定 / 負債総額 7689万円

〜中国・尖閣問題の影響で売上減少〜

 (株)二十一世紀旅行(TSR企業コード:292135300、千代田区神田錦町1−4、設立昭和42年12月6日、資本金7000万円、代表者:坊野正弘氏ほか1名)は、東京地裁に破産を申請し4月3日、破産開始決定を受けた。破産管財人には田汲幸弘弁護士(シティユーワ法律事務所、千代田区丸の内2−2−2、電話03−6212−5500)が選任された。
 負債総額は債権者23名に対し7689万円。
 
 昭和42年12月海外旅行の自由化に伴い、海外視察・情報研究を目的に(株)海外視察センターとして設立された業歴43年を有する旅行会社。昭和61年以降は中国旅行本部を開設し中国ツアーに本格参入。中国を中心に韓国、東南アジアなどのツアーを企画するほか、他社のパッケージツアーも扱い、ピーク時の平成17年10月期年商は約5億2000万円をあげていた。しかし、24年9月の中国・尖閣問題に端を発した反日デモなど日中関係の悪化により、両国の利用者が激減し急速に業績は悪化。資金繰りも逼迫し同年12月20日、事後処理を村上忠義弁護士(村上綜合法律事務所、千代田区神田駿河台2−1−19、電話03−3291−2585)に一任し、事業を停止していた。
 http://www.tsr-net.co.jp/news/flash/1226901_1588.html?s=rss
(2013/4/12/東京商工リサーチ)


追報:(株)二十一世紀旅行/破産手続き開始決定
      

既報。平成24年12月20日に事業停止した、昭和42年から中国専門の旅行業者の(株)二十一世紀旅行(所在地:東京都千代田区神田錦町*** )は4月3日、東京地裁において破産手続きの開始決定を受けた。停止時の負債額は約5千万円。

破産管財人には、田汲幸弘弁護士が選任されている。

破産債権の届出期間は平成25年5月8日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成25年7月1日午後2時30分。

事件番号は平成25年(フ)第3198号。

関連記事
中国渡航専門の旅行会社(株)二十一世紀旅行/自己破産へ


[ 2013年4月12日 ]
http://n-seikei.jp/2013/04/post-15268.html
(2013/4/12/JC-ネット)


中国渡航専門の旅行会社(株)二十一世紀旅行/自己破産へ
      
昭和42年から中国専門の旅行業者(株)二十一世紀旅行(東京都千代田区神田錦町1−4、代表:坊野正弘)は12月20日事業停止、事後処理を村上忠義弁護士(電話03−3291−2585)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約5千万円。

勝手に中国領だとわめき始めた中国の尖閣問題(日本には問題なし)、反日暴動から、中国へ行く日本からの旅行者減や研修旅行企画などのツアー参加者減で、経営に行き詰まり今回の事態に至った。


[ 2012年12月27日 ]
http://n-seikei.jp/2012/12/post-13245.html
(2012/12/27/JC-ネット)












【関連する記事】
posted by 管理人B at 16:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。