2013年04月15日

上杉建設サービス(三重県鈴鹿市):自己破産申請へ 負債総額2億5700万円〜不動産業にしっかりと進出するか、住宅建設迄にとどめるかどちらかにしたほうがリスクがすくなかったのでは。

 上杉建設サービス(三重県鈴鹿市)が自己破産の手続きに入ったということです。負債は2億5700万円になります。
この会社は業務内容を見てみると、「住宅リフォーム」というよりは、建売住宅の方も力に入れており、実質的には「不動産業」のような業務も行っています。
 けれどもこの会社はHPなどを見てみると「建設業」の登録だけとなっており「不動産業」の登録はされておりません。では「不動産業」もやっていれば、宅地宅建法などにより三重県知事の登録や宅地建物取引主任者が必要になることや、不動産の取引の範囲が「自社物件」(つまり自分の土地家屋を賃貸もしくは売買すること)に限っているため、「建設業」だけでの登録運営なのだと考えられます。

  ご存じの方も多いかと思いますが、「不動産業」の営業規則は、まず都道府県知事や国土交通大臣からの登録が必要で、店舗5人の従業員につき最低1人は「宅地建物取引主任者」を配置していることで、他人の不動産物件を売買・賃貸という「仲介」(ちゅうかい)ができることになっているのです。
  ですから、自分(自社)所有の不動産の売買及び賃貸は「宅地建物取引法」の範疇外となるため、自分でだれでも登録無しでできるということになります。つまり、別の例えでいうと、自分の会社が何かで訴えられたら、取締役が弁護士を使わないで自ら訴訟に乗り出すとうようなことと似ています。

 そうなると、ここで気になるのが、「建売住宅」という件になるのですが、不動産業ではない者が「建売住宅」を売買するということは、その売主が自分でなければならず、当然「他人のもの」であってはならないはずです。
 この会社が、自社で不動産をバンバンもっているのであれば、「資産」が豊富にあるのですから、破産なんていうことはありえないと言っても過言ではありません。
 そうでない場合、旦どこからか不動産を仕入れて、自社の物件に登記し直してなどということになるのかもしれませんが、そうなるとかなり資金繰りが大きく必要になりますし、その登記なども面倒なことになります。
 
 リフォームや住宅建設がメインなところが「売買」をメインにしようとするとやはり面倒なことになり、そういったところで脱輪してしまうと、すぐに「破産」へと追い込まれてしまうのではないかと考えれます。

 



上杉建設サービス(三重県鈴鹿市):自己破産申請へ 負債総額2億5700万円〜不動産業にしっかりと進出するか、住宅建設迄にとどめるかどちらかにしたほうがリスクがすくなかったのでは。


上杉建設サービス:自己破産申請へ 負債総額2億5700万円 /三重
毎日新聞 2013年04月13日 地方版

 東京商工リサーチ四日市支店は12日、鈴鹿市寺家3の建築工事業「上杉建設サービス」(上杉和文社長)が11日付で営業を停止し自己破産申請の準備に入ったと発表した。負債総額は約2億5700万円とみられる。

 同社は1987年設立で、資本金1500万円。鈴鹿、亀山市に店舗を持ち、住宅リフォームを中心に工事を行い、ピークの95年4月期には5億5700万円の売上高を計上。しかし、競合激化などで昨年4月期には売上高が1億300万円にまで落ち込むなど、赤字体質が慢性化し、債務超過状態が続いていたという。【田中功一】

〔三重版〕

http://mainichi.jp/area/mie/news/20130413ddlk24020142000c.html
(2013/4/13/毎日新聞)





ホーム > 会社
案内
 
会社案内


経営理念
本当のゴールは家を建てることではなくいつまでも笑顔で暮らすこと。
 上杉建設サービスという建売住宅メーカーがこの度倒産(自己破産)の運びとなりました。負債額は約2億5700万円ということです。1987年に設立されたということなので約26年の営業が続いたという訳です。
 


上杉建設サービスは三重に根ざし、地域の皆さまとともに歩んできた工務店です。
私たちの家づくりは“良い家を建てること”だけがゴールではありません。
ご家族の思いや暮らしのあり方と正面から向き合い、
“どれだけ幸せに住み続けていただけるか”を大事に考え、
それぞれのお客様にとって“本当に必要な家”をご提供することに日々努力しています。
会社概要
会社名 上杉建設サービス株式会社
代表者 代表取締役 上杉 和文
資本金 1500万円
所在地 〒510-0254
三重県鈴鹿市寺家三丁目33-43
TEL:059-386-3643 FAX:059-388-0477
建設業許可番号
および認可業 三重県知事 (般−18)12044
建設工事業
業務内容 住宅・店舗・事務所・新築リフォーム
創業 昭和62年5月1日
決算日 4月30日
施工エリア 鈴鹿市・四日市市・津市・亀山市内及び近郊
第三者保証 財団法人住宅保証機構
株式会社住宅あんしん保証
ハウスプラス住宅保証株式会社
加盟団体 一般社団法人 全国住宅火災防止協会
アクセス

大きな地図で見る


プライバシーポリシー
資料請求
 http://www.cmacs.jp/32201/uesugi/sta22016/index.html
(2013/3/14/現在の 上杉建設サービスのHPの会社概要)
ページ上部へ



【関連する記事】
posted by 管理人B at 12:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(その他不動産会社) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。