2013年04月16日

都営地下鉄を24時間運行  三大都市中心に戦略特区〜タクシー業界にも暗雲が、バスならまだいいけど、安全性で大丈夫なのか?

 政府の「アベノミクス戦略特区」という会議で、日本を元気にするには、東京などの大都市をまず元気にして、その中の代表選手である東京を元気にするには深夜の動きも活発にしようということなのでしょうか。
 都営地下鉄とバスの24時間運航を掲げた模様です。

 都営地下鉄に限らず、鉄道が深夜から明け方まで定期的に運行になるとなれば、喜ぶ人は大変多いかと思います。
今の現状は24時間営業している鉄道は皆無です。そのため、現在の残業多しサラリーマンは当然「終電、終電」と言って、これを逃すと家に帰れない(というか帰る手段が非常に少なくなる)ということになります。したがって、仕事などを無理矢理でも蹴りをつけて終わらせるということになります。

 一方で終電を逃した人は、その時の状況(土日祝日金曜・平日)などもあるのでしょうけど、タクシ―で帰宅したり、都市部に居る人はサウナやカプセルホテルに宿泊するとう手段もあります。けれどもその手段は「男性」がメインなので、女性にとっては、タクシーかネット喫茶で過ごす、とうような方法に限られてしまうのも現状です。

 鉄道・バスの24時間営業は大変うれしいという人もいるかと思うのですが、まずその「方法」が実現できるのかどうか眉唾ものです。
 現在鉄道が24時間運航していない最大の理由は、利用者が云々という理由よりは、線路や車両の「点検」が必要のため、「終日運転ができない」という状況なのです。今の技術では電車が安全に運行できるようになるには、やはり「メンテナンス」が必要なので、どうしても運行しない時間を設けて実施しなければなりません。それが終電から始発の間に行われるということです。

 そして、今始発と終電があることで、いろいろな秩序も保たれているかと思います。多くの企業では「家路」を大切にしているため、終電よりかなり前にゆとりをもって終業をさせていますし、鉄道会社でも労働の面で深夜に人を出さなくてもよいように秩序が保たれているかと思います。エネルギー問題的にも「深夜」の少量輸送のために多くのエネルギーを使うこともないのですから、「省エネ」に関してもいいのではないかとおもいます。(でも今のエネルギー問題は「電気」が貯められない性質から使用ピークを避けるのがまず必要となっています。)

 鉄道はそういう理由から直ちに又は近いうちに始めるのは少し厳しいかもしれませんが、「バス」に関しては「安全性」の問題ではクリアできるかと思います。

 でも国内経済から考えると、路線バスの終日運転というのも「採算上」問題が生じるのではないかと考えられます。
スーパーもかつては「24時間体制」や深夜営業のブームもありましたが、「コスト」の問題で24時間営業が深夜2時までとなったり23時まで営業しているスーパーも22時に繰り上げて閉店という方向になったりと、経済を活発にするには「時短」という考え方も大切なのではないかということです。




都営地下鉄を24時間運行  三大都市中心に戦略特区〜タクシー業界にも暗雲が、バスならまだいいけど、安全性で大丈夫なのか?


都営地下鉄を24時間運行  三大都市中心に戦略特区

 政府の産業競争力会議の民間議員が三大都市圏などを対象にまとめた新たな特区制度の具体案が16日、分かった。東京都では、都営地下鉄・バスの24時間運行や医療の国際化を推進。大阪府・市や愛知県で法人税を大幅に引き下げることや、農業への企業参入を促す規制緩和を盛り込んだ。

 新たな特区は「アベノミクス戦略特区」(高度規制改革・税制改革特区)と名付ける。安倍晋三首相をトップとする「特区諮問会議」をつくって新設の特区担当相が関係省庁に規制の見直しを要求するなど、政治主導の体制を整備することも要請した。

2013/04/16 13:15   【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201304/CN2013041601001752.html
(2013/4/16/共同通信)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 16:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。