2013年05月17日

橋下徹 氏「風俗女性への差別だ」 石原真太郎氏「間違ってない」〜言う言うと思ってたけどそこまで言うとは。

橋下徹 氏(日本維新の会共同代表・大阪市長)が「過激な発言」をしたことで政局に様々な波紋を呼んでいます。
 この焦点は「従軍慰安婦」の問題と「風俗業」に関する発言をしたということです。

 「従軍慰安婦」の問題としては、海外(韓国等)との歴史的な認識の違いであり、「風俗業」に関しては、日本の「恥ずかしい」という部分の思想とアメリカの状況を批判したところで、そう行ったところからの反発を受けたところです。

 現実問題として、日本が他の海外諸国からの外圧に弱い部分が多々あり、理不尽な部分をやむを得ず受け入れてしまっている部分も少なくありません。
 そのため、海外諸国はツケアガッテ、日本は海外の無理な要求も受け入れてしまっている実情があります。
その代表的なものが、中国における「尖閣諸島問題」や、過去のアメリカにおける「日米半導体交渉」などがあります。
 かつての民主党政権では、東日本大震災の対応の悪さが国民の指示をとおのけることになり、さらに「尖閣諸島問題」で沖縄地検が処分保留で被疑者を釈放させるということで民主党の批判を追い打ちをかけました。そして、ついに国民の指示は多数が自民党へ向かい、現在の自民党政権と返り咲いています。

 その一方で、橋下徹氏の大阪(大阪府知事)での実績は迫る財政破綻状況を打開し、政局の方でも自身が率いる政党を大勝させ、国政でもその勢いを大きく伸ばしています。
 それだけに橋本氏の発言は大きな影響を及ぼすのが当然の帰結になります。

 ですから、橋下氏を批判する人にとっては、この発言は橋下下ろし(はしもとおろし)の格好の材料になります。

橋本氏が今後どのような動きになるのか不明な部分も多々あるのですが、この発言問題を引き換えに「海外の理不尽な要求」があっても受け入れず、毅然とした態度を維持することが日本の今後のあるべき道であり、「アベノミクス」での経済効果を「ミニバブル」にしないためにも、橋下氏の発言を全面否定するべきではないと考えています。
  ただ、TPO(時と場所と目的)を考えた発言をすべきだったのではないかと思います。いくら日本より風俗業に関して突っ込めるアメリカでも国家で風俗業とリンクさせてしまうことは、今の現状でもそぐわないのが実情です。

 



橋下徹 氏「風俗女性への差別だ」 石原真太郎氏「間違ってない」〜やるやると思ってたけどそこまでやるとは。


橋下氏「風俗女性への差別だ」 石原氏「間違ってない」
 
 日本維新の会の橋下徹共同代表は14日、自らのツイッター投稿で、沖縄県の米軍普天間飛行場を訪れた際、司令官に風俗業の活用を進言したことについて「米軍が、法律で認められた日本の風俗業を利用することは何ら問題はない」と改めて主張した。

 米国防総省報道担当者は「ばかげている」などと批判。橋下氏は「アメリカはずるい。アメリカは一貫して、公娼(こうしょう)制度を否定する。しかし米軍基地の周囲で風俗業が盛んだったことも歴史の事実」「日本国において法律で認められた風俗業を否定することは自由意思でその業を選んだ女性に対する差別だ」などと反論した。

 戦時中の旧日本軍の慰安婦についても「意に反して慰安婦になった方は気の毒だ。それが戦争の悲劇であれば、だから戦争なんかするものではない」とする一方、「人間に、特に男に、性的な欲求を解消する策が必要なことは厳然たる事実」「世界各国を見れば、軍人の性的欲求の解消策が存在したのは事実」と重ねて主張した。「反省とお詫(わ)びをしなければならないところはしっかりやる。ただ、不当に侮辱を受けるようなことに関してはしっかりと反論する。これが、本来の政治家の態度振る舞いだと思う」などともつぶやいた。

 橋下氏は14日午前6時過ぎから「慰安婦と歴史認識について」と題し2時間半で25ツイートを投稿した。

■石原氏「軍と売春はつきもの」「間違ったこと言ってない」

 日本維新の会の石原慎太郎共同代表は14日、橋下徹共同代表が戦時中の旧日本軍慰安婦を「必要だ」と発言したことに対し、「軍と売春はつきもので、歴史の原理みたいなもの。決して好ましいものではないが、彼は基本的にそんなに間違ったことは言っていない」と述べ、橋下氏を擁護する考えを示した。国会内で記者団に語った。

 橋下氏は13日、旧日本軍の慰安婦について「慰安婦制度は必要なのは誰だってわかる」などと発言した。石原氏は「(戦時中は)売春婦を取り持つみたいな施設をつくる商売があった。そういうものは歴史の中の一つの公理みたいなものだ」と指摘。そのうえで「ものの言い回しやタイミングの問題もあるが、あなた方(報道機関)の捉え方も問題がある。あまり被虐的に考えない方がいい」と語った。

関連記事

米国防総省「ばかげている」 橋下氏の「風俗業」発言に(5/14)
慰安婦問題、風俗業をめぐる橋下氏の発言要旨(5/14)
橋下氏、米軍司令官に「風俗業活用を」 沖縄・普天間(5/13)
橋下市長の慰安婦発言「歴史認識の欠如」 韓国外交省(5/13)
「慰安婦は必要だった」「侵略、反省とおわびを」橋下氏(5/13)
http://www.asahi.com/politics/update/0514/OSK201305140009.html
(2013/5/16/朝日新聞)



【関連する記事】
posted by 管理人B at 02:17| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
‘泰平の眠りをさます上喜撰 (蒸気船) たった四杯で夜も寝られず’
無哲学・能天気の輩には、大変な世の中になっている。

>日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は14日、在日米軍海兵隊幹部に風俗業者を活用するよう促し拒否されたことについて「だいたい、米国はずるい。一貫して公娼制度を否定するが、日本の法律で認められた風俗業を利用することに何ら問題はない」とツイッターに書き込んだ。

橋下徹大阪市長は理想 (非現実) に向かうのか、それとも現実の中に埋没するのか。
‘我々は、どこから来たか’、’我々は、何者であるか’、’我々は、どこに向かうか’ を考えるのが、英米人の教養である。
年中行事を繰り返して、何も変わらないのが、日本人の求める天下泰平の世の中である。
今の地球は英米の世の中。国際社会で日本人の態度が場違いであることが明らかになる。

>同時に「人間の性的な欲求解消策について、真正面から認めるのか、そこに目をつむるのかだ」と提示。「風俗業を活用したからといって、沖縄での米兵の性的事件が収まるかは分からない。建前論はやめてくれ」と投げかけた。

現実を直視することも必要、理想 (非現実) を求めることも必要。理想を基準にとって現実に善悪の判断を下して、日常の舵を取る。これは、思慮ある人の行いである。
建前 (規則) と本音 (恣意) の世の中は、未来 (理想) の世界につながっていない。

>第二次大戦中の慰安婦制度に関しては「人間、特に男に、性的な欲求を解消する策が必要なことは厳然たる事実」とし、あらためて慰安婦は必要だったとの考えを表明した。

事実・現実をのみを述べて、それでこれからどうする。

>さらに「今の視点で良いか悪いかと言われれば、良いことだとは言えない。ただ、世界各国を見れば、軍人の性的欲求の解消策が存在したのは事実」と強調した。

良いことを推進し、良くないことを抑制するのが人の一生の務めである。政治家とて、これは同じこと。
現実しか知らない子供にとどまるか。哲学を持つ大人に育つか。それが、日本人の問題である。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/


Posted by noga at 2013年05月17日 04:13
noga 様

 詳細なコメントありがとうございました。
橋下氏の発言にはいろいろな議論や考え方もあるかと思うのですが、結局のところ、悪口を「ポロっ」と言ってしまったような気がします。
 そのあとの発言もいろいろと報道されていますが詭弁のようなものばかりが目立ちます。
 これをどう判断するはか、国民の選挙の判断でしかなりませんので、それを見据えて橋本氏が発言したかどうかのことになるのかなと私見ですが思います。
 HPの方も拝見させていただきました。とてもためになります。ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by 管理人C at 2013年05月19日 13:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。