2013年05月21日

就活女子学生に不適切行為 共同通信が前人事部長を懲戒解雇〜会社の信用を私目的で失墜する行為。

 共同通信は新聞社やテレビ会社に「ニュース」を配信しているの会社です。そのため、何か事件が勃発したとき真っ先にニュースをとって来られるというのもこういった会社(通信社)です。特に「共同通信社」は他の報道会社が出資して設立している部分もあり、「みんなの報道会社」という、特別な位置づけである報道機関でもあります。
  そういった会社での不祥事になります。

 現在でも自社の不祥事は「堂々と」報道しない部分が多く、他社の報道で報道機関の不祥事を知ることが殆どかと思います。
今回の不祥事の件は、人事部長という立場を利用して、他の就職活動の学生と差別化して、「えこひいき」をしたという点、さらに、それが飲食やホテルで一泊という行為が会社の信用を著しく棄損したということです。

 こういうことが行われて「よし」とされれば誰もが「共同通信」はこういう事をする会社なんだとということで、白い目でみることは間違いないでしょう。そうなると信用はがた落ちです。そのため、会社(経営者側)は、当の人事部長を「懲戒解雇」(ちょうかいかいこ)させたという事です。
 「懲戒解雇」とは、会社での最高罰則であって、会社に損害や信用失墜を与えたということで、辞めさせるということです。
 通常「解雇」(かいこ)といわれているのは、「普通解雇」(ふつうかいこ)と言われるもので、「成績が著しく悪い」「仕事ができない」などの理由によるものになります。また「解雇」の中でも「整理解雇」(せいりかいこ)というものもあり、こちらは、会社の経営が思わしくなく、倒産寸前または倒産状態の理由から、従業員を辞めさせるというものです。

 では「懲戒解雇」は普通の「解雇」と何が違うのかというと次の項目になります。
 @解雇をする時は「解雇予告」というものをおこない最低でも30日前に行うか、予告前の3カ月分の平均賃金を支払って辞めてもらうことが「労働基準法」の要求であるが、「懲戒解雇」はその必要性は無い。ただしそれを実施するには「労働基準監督署」の許可が必要。

 A退職金が存在する場合は、支給しないことができる。
 B失職後の「失業給付」においては、自分で勝手に辞めた人(「自己都合退職」)と同じ扱いになり、失業給付を受けるのに3か月待機をする。

 ということが大きな違いになるかと思います。
具体的な行為でいうと次のような行為が該当します。
 @会社のお金を盗んだり、横領したりする。
 A会社の物を勝手に持ち出し私物化する。
 B遅刻が「非常に」多く、それが会社の営業に「著しく」不利益を被っている。
 C会社の秘密情報をSNSや「2ちゃんねる」などに「頻繁に」投稿して、「著しく」信用を失墜し、会社の利益を「大きく」損ねた。
 D仕入先・取引先などに対して許可を得ないで金銭の収受や飲食の接待をしたり、情交などを行う。

 というように、「著しく」悪いことで、会社に「損害」を「大きく」与えた、という行為が該当します。

 さらに「懲戒解雇」はそれを実施する前に、本人から「いいわけ」を聞く必要性や就業規則に「懲戒解雇」の項目が掲載されていることや、懲戒解雇にそれが抵触しているということ(今回の件では、「著しく信用失墜」という文言が入っていなければならない)でなければなりません。

今回の件に関しては、当然この処分に該当することとなります。





就活女子学生に不適切行為 共同通信が前人事部長を懲戒解雇〜会社の信用を私目的で失墜する行為。


就活女子学生に不適切行為 共同通信が前人事部長を懲戒解雇
2013.5.20 22:33 [不祥事]
 就職活動中の女子学生に不適切な行為を行っていたとして、共同通信社は20日、今藤悟・前人事部長を懲戒解雇するなど役職員の処分を行った。

 同社によると、今藤前人事部長は昨年12月、平成25年の採用試験を受けようとしていた女子学生と個別に接触。作文の添削指導をしたほか、不適切な行為をしていた。

 同社には外部から情報が寄せられ、今年1月に事実関係を把握。不適切な行為については「詳細は明らかにできない」としているが、女子学生と飲食し、一緒にホテルに宿泊したとみられる。前人事部長をめぐっては、週刊文春が5月23日号で「就活女子学生をホテルに連れ込んだ」などとした記事を掲載していた。

 同社はほかに、石川聡社長と伊藤修一専務理事を報酬減額、豊田正彦総務局長を減給、三土正司総務局総務を戒告、岡部央総務局次長兼人事労務部長を厳重注意とした。

 伊藤専務理事の話「共同通信社は今回の事案を極めて重く受け止めており、二度とこのようなことを起こさないよう職員の規律維持に全力を挙げ信頼回復に努めます。これまで公表してこなかったのは当該学生の就職活動に影響がないよう配慮したためです」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130520/crm13052022330018-n1.htm
(2013/5/20/MSN産経ニュース)



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。