2013年06月04日

山中プリンスホテル(紀州鉄道完全子会社)、破産手続き開始〜金策ができない時は投資商品に走らず、白旗(破産)を堂々と振るのがとても大切。

  石川県加賀市にある温泉旅館である「山中プリンスホテル」が破産手続き開始決定となりました。負債総額は約3億円ともいわれています。
 敗因は近年多く発生している震災の影響が尾を引いているということです。
しかし、気になるのは、そのホテルをバックアップしている会社が、会社の福利厚生事業で有名な「紀州鉄道」という会社で出資も100%ということですから、実質的に「紀州鉄道」の一事業所と言っても過言ではありません。

 「紀州鉄道」とは、その名の通り「鉄道会社」ではあるのですが、和歌山県御坊市で紀州鉄道線を運営しているのみでその営業距離数も2.7kmと非常に短い距離です。むしろ、「鉄道」というネームバリュームや信頼性を元手に、不動産事業やリゾート、それに付随する会社の福利厚生などをメインとしたことで有名な企業です。よく就職活動などで気になる「福利厚生」についての質問などに、「当社は『紀州鉄道のエメラルドグリーンクラブ』にも入っているので、福利厚生が充実しています」という触込みもあり、それだけ多くの企業には利用されていたという実績もあるくらいの企業です。

 しかしこういった「リゾート」は、どうしても「不景気」の影響をモロに受けやすく、会社が経費削減をするならばまっ先に「福利厚生のリゾート関係」は削除されるのは当然のところかと思います。
 本来、当の「山中プリンスホテル」関係者は、ホテルが火の車なのに、親会社の「紀州鉄道」は、痛みを負わないのか。そんな罵声が出てきてもおかしくはないかと思います。
 しかし、紀州鉄道の完全子会社とはいえ、山中プリンスホテルも1つの法人(会社)でありますから、見殺しにすることも可能です。でも親子のこうした関係で、あえて、子会社を破産させてしまうわけですから、「紀州鉄道」も会社経営にはくるしいのではないかということが「表面上」察せられます。
 ところが、この「紀州鉄道」という会社も実は「鶴屋産業」という会社の子会社であって、高いところからこの状況を眺めると、「鶴屋産業>紀州鉄道>山中プリンスホテル」 というような形となっていて、

 本来なら鶴屋産業株式会社紀州鉄道事業部山中プリンスホテル部 なんていう会社の事業形態になるのかもしれませんが、この企業グループではあえて、それらを独立した会社(法人)にして、ダメだったら「切り捨てろ」(倒産隔離という考え方)というスタンスなのかもしれません。

 こういった会社は、他を見渡すと、よく「投資」のターゲットや金融商品の温床となっている所も少なくないです。
例えば、紀州鉄道が山中プリンスホテルリゾート債なんていう金融商品を出して大きく利益を狙おうなんていうこともできそうなのですが、そういった話もないわけですし、危ないと言われる会社(ここでは「山中プリンスホテル」)に「匿名組合」という金融商品をくっつけて、延命を図ろうとしているわけではないから、元々不動産業の会社なのだけど、「正直な会社」なのかもしれません。

 今MRIインターナショナルとか安愚楽牧場など、一般市民から資金をあつめ、身の丈以上の企業経営をして大きな問題となっていますが、やはり企業は「身の丈」にあった企業活動をするのが当然です。経営危機で銀行から金を借りられない、だから高利回りの魅力をつけて一般市民から金を吸い上げようという行為は許されません。
 倒産はもちろん債務を踏み倒す行為で、許された行為ではないけど、できない時は「倒産(破産)という白旗を堂々と揚げる」「経営者が両手を高く上に挙げて公の前にやってくる」そういった倫理観はとても大切なことです。

 



山中プリンスホテル(紀州鉄道完全子会社)、破産手続き開始〜金策ができない時は投資商品に走らず、白旗(破産)を堂々と振るのがとても大切。


山中プリンスホテル、破産手続き開始
 帝国データバンク、東京商工リサーチの両金沢支店によると、温泉旅館運営の山中プリンスホテル(加賀市山中温泉菅谷町、佐納雄彦代表)は3日までに金沢地裁小松支部から 破産手続き開始決定を受けた。負債額は帝国データバンクは約2億9千万円、東京商工リ サーチは約3億円とみている。
 両支店によると、1959年創業。1988年に紀州鉄道(東京)が取得し、紀州鉄道 100%出資の運営会社として1992年に設立された。客室数は86室。能登半島地震 や東日本大震災の風評などで業績不振となり、資金繰りが悪化していたらしい。紀州鉄道 本社によると、従業員を解雇し、4月から休業していた。

 土地や建物については「引き合いはあるが、現時点では未定」(紀州鉄道本社)として いる。紀州鉄道が所有する同市山代温泉の「ホテル西鶴苑」も休業状態が続いている。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20130604302.htm
(2013/6/4/北國新聞)


山中プリンスホテルが破産手続き開始 (03日)
加賀市山中温泉の「山中プリンスホテル」が、3日までに破産手続き開始の決定を受けたことが分かりました。信用調査会社、帝国データバンクなどによりますと、山中プリンスホテルは、1959年に設立しましたが、86年に35億円の負債を抱え自己破産を申請。その後、ホテルや不動産を手がける東京の会社が、92年に営業を引き継ぎました。2007年3月期には、およそ6億円を売り上げましたが、低価格旅館の進出やリーマンショック後の景気の後退を受け、今年3月に営業を停止、従業員を解雇しました。負債総額は2億9000万円にのぼると見られています。 (20:53)
http://www.hab.co.jp/headline/news0000011735.html
(2013/6/4/北陸朝日放送)




山中プリンスホテル 破産手続き開始決定
(石川県)

■ 動画をみる
加賀市山中温泉の「山中プリンスホテル」が3日までに破産手続き開始の決定を受けていたことがわかった。
信用調査会社「帝国データバンク」によると、山中プリンスホテルは5月24日に金沢地裁小松支部から破産手続き開始の決定を受けた。負債額は約2億9千万円とみられている。リーマンショック後の景気後退の影響で資金繰りが悪化したと見られ、今年3月末には営業を停止し、従業員をすべて解雇していた。
[ 6/3 12:23 テレビ金沢]
http://news24.jp/nnn/news8716941.html
(2013/6/4/日テレニュース24)



(参考〜山中プリンスホテルのHPの一部)
・新プラン お日にち限定♪    ★蟹会席&蟹釜飯「会食場」平日格安プラン★ 販売開始しました。[2012.1.24更新]
・お車でお越しの際は、高速道路のチェーン規制にご注意ください。
 周辺の一般道路は、万が一の降雪の場合でも除雪されておりますので大きな支障はございません。 
E-mail : info@yamanaka-prince.com
Copyright(c)2011 Yamanaka Prince co. AllrightReserved.
http://www.yamanaka-prince.com/index_2.html
(2013/6/4/山中プリンスホテルのHP)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 11:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(その他不動産会社) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。