2013年06月13日

布川敏和さんら3人乗車のタクシーが踏切(東急多摩川線下丸子駅付近)に突っ込む〜AT車のフットブレーキの踏みが甘かったのか。

タレントの布川敏和さんとその知人女性2人が乗ったタクシーが東急多摩川線の下丸子の近くにある踏切に「遮断機」が下りているにも関わらず突っ込んでしまったということです。
 この記事だけでは詳細状況はわからないのですが、「キンコン」となった時に遮断機が片方降りた時点で突っ込んだのか、完全に遮断機がおりた時点で突っ込んでいるのかという状況かと思います。

 前者の場合はとりあえずなっても少し時間があるから「突っ込め」っていうのはたまにニュースで見掛け社会問題になっているところですが、踏切が完全に閉まっているのにそこに突っ込むというのは、よほど注意が散漫だったとしか言いようがないことになります。

 また最近の車は多くが「AT車(オートマチック車)」であるから、サイドブレーキを引かず、レバーも「ドライブ」のままでフットブレーキを踏んだままの状態であれば、フットブレーキの踏みが緩ければそれだけで、動いてしまう現象(クリープ現象)があります。車を運転するものであればその原理は理解しているかと思います。

 しかし、そういった事は多々あります。しそれが原因なのではないかと推察しています。




布川敏和さんら3人乗車のタクシーが踏切(東急多摩川線下丸子駅付近)に突っ込む〜AT車のフットブレーキの踏みが甘かったのか。


布川敏和さんら3人けが タクシー踏切に突っ込む(06/13 11:49)


 東京・大田区の踏切で、タクシーが電車に衝突し、タクシーに乗っていた元シブがき隊の「ふっくん」こと布川敏和さんら3人がけがをしました。タクシーは踏切の遮断機が下りていることに気づかずに線路内に侵入し、電車の1両目の側面にぶつかりました。

 12日午後11時前、東急多摩川線の下丸子駅近くの踏切で、タクシーが遮断機が下りた踏切内に侵入し、電車の側面に衝突しました。タクシーには布川さんと知人女性2人が乗っていて、3人とも首などに軽いけがをしました。電車の乗客にけがはありませんでした。
 タクシーに乗っていた布川敏和さん:「衝撃はかなりやばかったですね。あと1秒でも早く突っ込んでいたら、真横から電車がドーンときてかなりやばい状況だった」
 警視庁によりますと、タクシーを運転していたのは50代の男性で、「遮断機が下りているのに気づかなかった」と話しているということです。この事故で、東急多摩川線は1時間半にわたって運転を見合わせ、約5000人の乗客に影響が出ました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000007080.html
(2013/6/13/テレビ朝日)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 13:10| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。