2013年06月14日

ダンス無許可営業、六本木クラブ「バニティ レストラン トウキョウ」店長を略式起訴〜何かの本丸が、本丸がそこに見え隠れしているが。


 ダンスを無許可で深夜営業していた、「バニティ レストラン トウキョウ」の店長が略式起訴をされた模様です。
「略式起訴」は公判を開かないで行える裁判の方法で「刑事訴訟法」にも規定されています。むしろ「起訴」される裁判のうち8割がこの方法による起訴でありニュースでは話題になる「公判請求」よりは4倍程多いのが実情です。憲法では公開の裁判において刑事事件の審理をすることが出来る権利をもっていますが、この「略式命令」に関しては「罰金刑以下」を含んでいる「財産刑」においてのみ有効なので(懲役刑を科すことができないので)この方法は以下の方法もできることから、「憲法に違反していない」という見解で進んでいます。

 それから、事実内容が検察及び被疑者とも同意していなければならず、相違がある場合や、裁判官が「本当なの?」と思えるものには、正式の裁判に移行することができます。
 したがって、被疑者も起訴事実を認めているのが前提なので、東京簡裁では法人と被疑者にそれぞれ罰金50万円の命令を出したということです。その後2週間以内に正式な裁判を請求しなければ、公開の裁判と同様の判決と同じ効力が生じます。

 ところで、このバニティレストラントウキョウはJETが経営しているということですが、さくらホールディングスという会社が関わっています。JETの株式を「さくらホールディングス」という会社が持っているという事で考えていいのかわからない部分も多々ありますが、何らかのつながりがあるようです。

 さくらホールディングスのHPを見ると「田副暢宣」氏が社長なのですが、この人が破産手続き中の安愚楽牧場で同様に2012年5月2日に破産手続き開始決定した有限会社安愚楽の里というレストランの代表と同姓同名となっています。企業の倒産では、倒産した会社とかなり類似した名前の同業者があることもありますが、実際のところこの2つの人物が同一人物なのか、又は単なる一致なのか、ここでは断言できません。両者ともレストランという「共通項」をもっており、さくらホールディングスが様々な業種の持ち株会社である「経営支援のような」持ち株会社であることと、珍しい名前の組み合わせなので、関連はあっても不思議ではないのですが、気になる部分が多々あります。

  




ダンス無許可営業、六本木クラブ「バニティ レストラン トウキョウ」店長を略式起訴〜何かの本丸が、本丸がそこに見え隠れしているが。



ダンス無許可営業、六本木クラブ「バニティ レストラン トウキョウ」店長を略式起訴

 東京・六本木のクラブによるダンスの無許可営業事件で、東京地検は14日、クラブ「バニティ レストラン トウキョウ」を経営する「JET」(港区)と、社長で同店店長の小原健容疑者(31)を風営法違反で東京簡裁に略式起訴した。


 簡裁は同日、同社と小原容疑者にそれぞれ罰金50万円の略式命令を出した。

 発表によると、小原容疑者は5月26日未明、都公安委員会の許可を得ず、DJブースやお立ち台を設けた店内で、客にダンスをさせたとされる。地検は、現行犯逮捕された従業員2人は不起訴とした。

(2013年6月14日19時25分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130614-OYT1T01054.htm?from=ylist







公開日:2012.05.17
負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。
(有)安愚楽の里 [栃木] 温泉リゾートホテル運営
破産開始決定 / 負債総額 約20億円

 (有)安愚楽の里(TSR企業コード:262068109、那須郡那須町高久丙1796−8、設立昭和62年4月、資本金500万円、田副暢宣社長、従業員1名)は4月5日、東京地裁に破産を申請し5月2日、破産開始決定を受けた。破産管財人は神原千郷弁護士(光和総合法律事務所、東京都港区赤坂4−7−15陽栄光和ビル5階、電話03−5562−2529)。
 負債総額は約20億円。
  (株)安愚楽牧場(平成23年8月、民事再生法申請、同年12月、破産開始決定)の関連会社で、安愚楽共済牧場の一画で「レストラン安愚楽の里」、那須街道添いで「レストラン安愚楽」(その後グループ会社(株)安愚楽クリエイティブフード:TSR企業コード:260229750へ譲渡)を運営。さらに、平成10年2月に温泉リゾートホテル「ホテル・フロラシオン那須」をオープンした。飲食店、温泉リゾートホテルの運営に加えて、ホテルに併設して結婚式場「チャペル那須高原スィート・メリロット教会」も整備した。大手旅行サイトに於ける宿泊者アンケートで第1位となったことを契機に利用者数が増加し、平成19年2月期で売上高約5億1900万円の実績を残していた。
 しかし、那須温泉地区では後発組で、景気後退により同業者との競合が増すなど営業環境に厳しさを増し、業況は軟化傾向にあった。このような状況下、23年3月に発生した東日本大震災や福島原発事故の風評被害で、グループの中核であった(株)安愚楽牧場が経営破綻し、当社の事業継続も困難な状況となった。その後、当社が運営してきた事業は、平成23年12月に第三者へ事業譲渡し債務の圧縮に努めてきたが、全額弁済には至らず今回の措置となった。
 事業譲渡に伴い、現在の飲食店・ホテル・結婚式場は第三者の会社が運営している。
http://www.tsr-net.co.jp/news/flash/1219328_1588.html
(2012/5/17/東京商工リサーチ)

(参考 会社概要)
社名  株式会社さくらホールディングス
本社住所 東京都港区六本木5-5-1 ロアビル6F
電話番号 03-5410-9999
設立  平成22年 5月11日
資本金 1000万円 
代表者 田副 暢宣
事業内容 美容事業
飲食事業
IT事業
コンサルタント事業
芸能事業
機器事業
関連会社 株式会社プラウド
株式会社VANITY
株式会社f・bar
株式会社ルネス
スコラ株式会社
関東電子工業株式会社
さくら経営計算センター株式会社
社員数 10名(連結 200名)
平均年齢  28.5歳

コーポレートポリシーさくらホールディングスとは?
店舗情報
メールでお問合わせ
採用情報
アクセスマップ
http://www.sakura-holdings.com/company/
(2013/6/14現在のさくらホールディングスのHP)



【関連する記事】
posted by 管理人B at 21:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他刑事事件等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。