2013年06月16日

ついに逮捕者!JYJ詐欺の黒幕は?〜創造学園大学(群馬県高崎市)運営の「堀越学園」との接点が見え隠れしているということだが。

  先日韓国のJYJのコンサートを手がける「ザック社」に投資するという投資詐欺事件が発覚したばかりですが、それがなぜか、破産した堀越学園(群馬県高崎市)の「学債詐欺事件」との接点があるようなこととのことです。

 これを報じているのは現在のところ「東スポ」だけなので、信ぴょう性もいまいちなのかともおもえるのですが、一応はあたまにいれておかなければならない内容です。

 報道関係で最も情報収集が早く得意としているのは、それ専門を業としている「通信社」であって、その代表選手は、共同通信社と時事通信社です。海外にはロイターなどもあって、新聞社やテレビなどのマスコミは独自の取材も多々ありますが、そこからソースをもらう事もあるので、それらの会社は特にネタには慎重さをもっています。

 その次は前述通りの新聞社、そしてテレビ報道とつづきますが、スポーツ新聞もその性質上「一般的なニュース」やその他得意の情報も報じることがあります。

 スポーツ新聞も読売新聞系の「報知新聞」、朝日新聞社系の「ニッカンスポーツ」などがあり、その一角に「東京スポーツ」があります。前述の2社は報道関連なので、スポーツ新聞もその方面の報道も多く織り込まれ、特に「ニッカンスポーツ」はそれ独自に報道に特化している部分も多く見受けられます。
 
 しかし、「東京スポーツ」は独立系なので、当然スポーツが専門なのですが、他のスポーツ新聞との差別化をはかるためなのか、よく「誇大見出し」を用いることがあり、それに嵌められて買ってしまう事がよくありました。
 例えば、巨人の桑田がなにかスキャンダルのようなことがトップ見出しにあったので、「何だろう」と思って買ってみても、新聞を広げて早速みてみると「・・・・・か?」と実際に起こっていない事だったりすることもしばしばあったので、「東スポ」の情報であっても「本当なの?」という事が頭をよぎってしまうのです。


 でも、こういった投資詐欺事件では、些細な情報が解決の初端になることが多くそこから「芋づる式」に発展し解決にいたることが少なくありません。
 したがって、「東スポ」の記事とはいえ、考察する必要はあるのかと考えています。


 
 ところで、今回の情報だと創造学園大学の学債が年15%の配当をうたっていたということなのですが、それが、その運営婦人である「堀越学園」がどこまで関わっていたのかという事も関心が高いかと思います。
 学校法人も企業のひとつですが、通常の「東証一部上場企業」同様に財務内容がしっかりしていなければならない部分もあり、そういった部分を見てみれば、「投資」としての適格性が浮上してもおかしくないとなります。

 従って、創造学園大学の「学債」となれば、いくら「知名度の低い」大学でも学校法人ということで文部科学省の監視のもとで厳しく運営されている状況をみてみれば、投資する人も当然いても不思議ではありません。

 どうもJYJ投資への被害の回復も、堀越学園の被害の回復も共通の首謀者であるようなことが浮上しているということですから、調査・捜査に無駄のないよう成果を挙げて欲しいものです。

 






ついに逮捕者!JYJ詐欺の黒幕は?〜創造学園大学(群馬県高崎市)運営の「堀越学園」との接点が見え隠れしているということだが。


ついに逮捕者!JYJ詐欺の黒幕は?
2013年06月16日 11時00分

 
 人気韓国グループ「JYJ」らのコンサートを手掛けるイベント会社への投資名目で現金をだまし取ったとして、愛知県警が会社役員・萩原勝巳容疑者(35)ら男女6人を詐欺容疑で逮捕したことが12日、わかった。本紙が再三報じてきたJYJをめぐる騒動が、ついに事件化した形だが「逮捕は単なる“トカゲの尻尾切り”」との見方も出ている。事件の裏には一大詐欺グループと闇社会の影が見え隠れし、さらには酒井法子(42)が在籍した「創造学園大学」(群馬県)を舞台にした学債詐欺事件との接点も浮上している。

 愛知県警によると、萩原容疑者ら6人は2011年8月以降、神奈川や長野など7府県の高齢者約30人に対し、JYJの写真が掲載されたパンフレットを送り付け、その後「届いた人だけに投資の権利がある」と電話。JYJや東儀秀樹(53)らのコンサートを手掛ける「ザックコーポレーション」(東京都)への投資名目で「ザック社は韓流スターなど有名な音楽家をプロデュースした。半年に15%を目標に配当する」と嘘の約束をし、岐阜市の女性(75)から250万円をだまし取った疑い。集めた金は1億円以上に上るという。

 ここまでならよくある投資詐欺事件。キナ臭さが漂うのはその後だ。昨年7月、肝心の投資先であるザック社が9億5500万円の負債を抱え、破産した。萩原容疑者らは県警の取り調べに「詐欺はしていない」と容疑を否認しているが、言わずもがな、その根拠は“投資するつもりだったザック社が潰れるとは思わなかった”というところだろう。

 この話、デキすぎてはいないか? 舞台裏を知る人物が断言する。

「11年10月に行われたJYJのコンサートでボロ儲けしたザック社が、その1年後に潰れるわけないでしょう。すべてはグル。ザック社の破産も計画倒産の可能性が極めて高い。投資先が潰れれば、出資金の返還に応じる必要もないですからね。捜査当局もその方向で調べています」

 これと全く同じ手法が、酒井も通った創造学園大学で起きた“学債詐欺”だ。

「のりピーも通っている」「年15%の配当を約束する」といううたい文句で高齢者に電話をかけ、学校債の購入を勧誘。1億円以上を集めたものの、出資者に配当が支払われることはなく、同大学は今年3月28日に経営悪化を理由に文部科学省から解散命令を受けた。

 捜査関係者は「手口が一緒なのは当たり前。実行グループが一緒ですから。集めた金の大半は詐欺メンバーの遊興費やグループの背後にいる闇組織に流れているとみられています。ただ、今回捕まった萩原容疑者ら6人は半グレみたいなもので、バレたときの“保険”にすぎない。最終的に犯行を認めても『個人で思いついた』となれば、2〜3年の懲役で済む。あくまで“本丸”を隠すためのトカゲの尻尾切りですよ」と話す。

 実際、巧妙な詐欺のスキームを作り出したXという男は、大金を持ってとっくに東南アジアに逃亡しているという。

 かわいそうなのは、またしても良からぬ事件で名前が出てしまったJYJだ。前出の人物は「JYJの3人は全く関与していないし、気の毒としか言いようがない」と話す。

“本丸”を叩かない限り、新たな詐欺がはびこり被害者は増え続けるだろう。
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/152327/
(2013/6/16/東京スポーツ)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 16:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。