2013年06月17日

新宿区大久保での嫌韓デモ“ヘイトスピーチ”で衝突 暴行容疑で主催反対派双方8人逮捕〜【刑法208条 暴行罪】根本的な解決法は優遇処理をなくすこと。

  
 「大久保」という場所は、東京都新宿区にあり、JR山手線新大久保駅がある「大久保」とJR中央線各駅停車の大久保駅がある「百人町」というところで形成されているところです。それぞれ南下する隣の駅がJR新宿駅で新大久保は新宿駅の東側に位置し、大久保駅は新宿駅西口に位置する方向にあります。
 
 「大久保」という名前は、あまり明るくないイメージが植え付けられており、「怪しい」「胡散臭い」などそういったことを連想される人も少なくないかと思います。「大久保」という街は、隣の「歌舞伎町」や「北新宿」とあわせて中国人や韓国朝鮮人などの外国人が多く滞在する場所でもあります。一部の心ない外国居住者やその企業経営者などが問題を起こしているため、なんらかの関係でこの地に滞在しなくてはならなくなった外国人はとばっちりを受けているというのも実情です。

 それは、日本にいる外国人(特に韓国朝鮮人〜つまり在日韓国人・朝鮮人と言われる人)に対する「優遇処置」というものが、過去から根強くありその件で日本人から嫌悪感をいだかれることがしばしばあります。
  
  その活動が今回の大久保での「デモ」であり、その中での「ヘイトスピーチ」と呼ばれるものです。
「デモ」やそこで行われる「スピーチ」というものは、憲法の要請でもある「集会結社の自由」「表現の自由」という事を受けてのことなので、それ自体は「違法」でもありません。但し、それを行うにはその地管轄の警察署に届け出て許可をうけなければなりません。
 
 また警察署としては、その行為において、必要性があれば、何らかの警備を配置しなければなりません。
「ヘイトスピーチ」も「事実無根でかつ中傷であることでない」限り表現は自由なのですが、そこで店舗等を運営している人にとっては、耐えかねる部分もあるため、「デモ」の反対派の人たちがやめるように仕向けています。

 しかし、そうはいっても、その場で話し合いとかお互いに納得の行くような結論は到底出ないしそれも出来ないため、どちらかが先に手を出したのかはわかりませんが、暴力行為に及んでしまったということで、その当事者が逮捕されたという事です。


 「暴行」という行為で報道されているので「怪我」をした人はいないと見ています。

 結局誰が悪いのかというと、今回の件については、「デモの反対派」になる可能性があります。

  というのは、「デモ」や「スピーチ」が法律に則って行なった活動であるのに対し、それを阻止しようとするならば、話合いに持っていくだけしかならず、それができない場合はそれ以上の事はできません。


  そして、その問題を解決するにはどうすればよいのか、今の「特権」と言われる優遇処理をなくして行かなければ、この問題は解決しないかと思います。

 

新宿区大久保での嫌韓デモ“ヘイトスピーチ”で衝突 暴行容疑で主催反対派双方8人逮捕〜【刑法208条 暴行罪】根本的な解決法は優遇処理をなくすこと。
 


【社会】

嫌韓デモで8人逮捕 反対する団体と乱闘
    
2013年6月17日 朝刊

 
 東京・新宿で十六日、在日コリアンの排除を掲げるデモの参加者と、反対する団体の乱闘騒ぎがあり、警視庁新宿署は同日、暴行の疑いで、デモに参加する右派系グループ「在日特権を許さない市民の会(在特会)」会長、桜井誠(本名・高田誠)容疑者(41)=東京都江戸川区=ら、双方のグループの男女計八人を現行犯逮捕した。
 デモは在特会などが参加し、月数回、JR新大久保駅周辺のコリアンタウンで行われていた。「朝鮮人は殺せ」といった差別的表現は「ヘイトスピーチ(憎悪発言)」と呼ばれ、反対する市民グループ「レイシスト(人種差別主義者)をしばき隊」との衝突が深刻化。先月下旬にも一人、逮捕者が出ていた。
 逮捕されたのは、桜井容疑者ら在特会四人と、反対するグループ側の写真家久保憲司容疑者(48)=東京都世田谷区=ら四人。逮捕容疑では、八人は新宿区の路上で、別のグループの胸ぐらをつかんだり、メガネを払いのけたとされる。
 署によると、同日は午後二時ごろから四時半ごろにかけ、デモ隊約二百人と、反対するグループの約三百五十人が断続的に衝突。警戒のため署員ら約四百五十人が出動していた。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013061702000133.html
(2013/6/17/東京新聞)


“ヘイトスピーチ”で衝突 暴行容疑で8人逮捕(06/17 08:00)

 16日、東京・新宿区で、在日韓国・朝鮮人の排斥を掲げるデモ隊とそれに抗議するグループが衝突し、合わせて8人が現行犯逮捕されました。

 逮捕されたのは、デモに参加していた「在日特権を許さない市民の会」会長の桜井誠こと高田誠容疑者(41)ら4人と、デモに抗議するグループの久保憲司容疑者(48)ら4人です。警視庁によりますと、デモが始まる前の午後2時から午後4時すぎまでの間、デモ隊とそれに抗議するグループのメンバーがそれぞれ複数の場所で衝突し、頭をビニール傘で殴ったり、胸倉をつかむなどした疑いが持たれています。新宿や新大久保のコリアンタウンでは、月に数回程度、在日韓国・朝鮮人の排斥を掲げるデモが行われていて、16日は200人が参加しましたが、抗議する約350人が取り囲む形で対立していました。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000007275.html
(2013/6/17/テレビ朝日)



東京・新宿の嫌韓デモで8人逮捕 対立団体と乱闘騒ぎ

 東京・新宿で16日、在日コリアン排斥を掲げるデモの参加グループと対立グループの間で乱闘騒ぎがあり、警視庁新宿署は、暴行の疑いで双方のグループの男女計8人を現行犯逮捕した。

 デモは「在日特権を許さない市民の会(在特会)」などが新宿・新大久保のコリアンタウンなどで月に数回行っている。差別的な表現で憎悪をあおる「ヘイトスピーチ」を展開。これに対し「レイシスト(人種差別主義者)をしばき隊」と称する対立グループがデモ中止を求め激しく罵倒するなどし、対立が深まっていた。

 逮捕されたのは在特会会長、桜井誠容疑者(41)ら4人と、対立グループ側の写真家久保憲司容疑者(48)ら4人。

(2013/06/17 08:12 更新)
http://www.sakigake.jp/p/news/main.jsp?nid=2013061601001883
(2013/6/17/秋田魁新聞)

<blockquote><script type="text/javascript" src="__AFPBB_EMBED_JS__" charset="Shift_JIS"></script></blockquote>



【関連する記事】
posted by 管理人B at 13:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。