2013年06月20日

安愚楽牧場元社長ら軽罪の「特定商品預託法違反」で逮捕、本丸の「詐欺罪」の立件、「故意の立証」が焦点〜警視庁捜査2課が自白を引き出す「意外な方法」





 旧経営陣の3名が軽い罪である「特定商品預託法違反」で逮捕となるだけでも容易ではないことですが、やはり、全容解明・本当の筋からすれば、旧経営陣は「詐欺罪」でなければ、今後の民事訴訟における「証拠の援用」も説得力がなくなる恐れも考えられるところです。

 しかしながら、捜査機関の手が入ったことは、破産管財人や被害者の会である被害者弁護団でも入手できないような証拠を手にいれることができるので、今後の捜査の進展で、これから行われる可能性のある「民事裁判」の証拠収集が容易となり、今回逮捕された破産者以外の旧経営陣やその他視野に無かった「被告」の選定にも大いに役立つこととなると考えられます。

 報道では、逮捕しても被疑者らは「認めているのか」「認めていないのか」が分からなく、捜査に支障があるということで報道陣にも明かしていないようなのですが、通常は「認めていた」とか「否認している」という報道はよく耳にするものです。

 そのあたりについて明かしていないのは、今後の取調べを通じて、まだ立件されていない本丸の「詐欺罪」を認定するための「自白」を得ようとするためではないかと憶測しています。

 「自白」は「証拠の王様」とか「女王様」などとよく呼ばれており、裁判でも「自白調書」が重要な有罪の決めてとなることも少なくありません。
そのため、犯罪の立証が難しい場合には、様々な方法を用いて自白を得ようとします。最近は「人権意識の向上」や捜査機関が強要や偽計などによって「自白」を得たとしても、後になって「無実」だったことなどがしばしばあります。そう言ったところから批難も多々うけるようになっていることもあり、「自白」を得ることは難しくなってきています。そこで、取り調べの際、「警察」においては、なるべく畏怖(ビビらせる)ために取調官に「強面」の人に行わせている傾向が見られます。

 その結果、刑事裁判になったときに、その調書(司法警察員の面前で作成した供述調書)の信ぴょう性を証言するために、その作成者が証言台に立つことがありますが、暴力団風のような容姿や「強面」の人が少なくありません。よくテレビドラマでの裁判での証言のシーンでは、北大路欣也や高橋英樹とかそういったイケメン俳優が登場しますが、実際は、大相撲の小錦・曙や安田大サーカスの「ヒロ」「くろちゃん」やビッグダディの「林下清志さん」のような、「怖い」と感じるような人がそれを担当している状態です。

 さすがに「顔」が怖いから「自白の強要」ということには結びつきにくいかと思います。

 
 今回の安愚楽牧場も当初から「否認」や供述を積極的にしない状況も考えられます。そういう可能性などの場合は、「強面」の取調官をもちいて自白を得る方法もあるかと思います。

 ちなみに別の報道では、「大石勝也容疑者は、埼玉県深谷市(ふかや)が自宅となっていますが」ここでは「熊谷市」(くまがや)と記載されています。
 
 

  







(参考)
2011年12月04日
安愚楽牧場被害、刑事事件の可能性その4(警視庁及び各都道府県警での暗黙の被害者オーディションはもう始まっている)
http://re-plus.seesaa.net/article/238542971.html
(2011/12/04/リプラス情報収集組合)


 




安愚楽牧場元社長ら軽罪の「特定商品預託法違反」で逮捕、本丸の「詐欺罪」の立件、「故意の立証」が焦点〜警視庁捜査2課が自白を引き出す「意外な方法」


詐欺の立件、「故意の立証」が焦点
2013.6.18 21:45

安愚楽牧場元役員の大石勝也容疑者の関係先に入る警視庁の捜査員=18日午前、埼玉県熊谷市

 警視庁は、安愚楽牧場が顧客に虚偽の説明をして出資を勧誘したとする特定商品預託法違反罪を適用し、経営陣の立件に踏み切った。ただ、より量刑の重い詐欺罪での立件には、虚偽説明が顧客をだます意図で行われたかどうかの「故意性の立証」が焦点となる。

 安愚楽牧場事件は、通常であれば生活安全部が手掛ける典型的な投資被害事件だが、全国に多数の被害者がおり、被害額も過去最大級であるため、大型の経済事件を数多く手掛けた実績のある刑事部の捜査2課が捜査を担うこととなった。

 企業による詐欺事件で重要なのが、組織ぐるみで詐欺を行ったことの証拠となる取締役会の議事録だ。だが、「安愚楽はワンマン企業のせいか、議事録などの書類が一部散逸していた」(捜査2課幹部)といい、今後の3人の取り調べ内容を踏まえて立件の可否を慎重に判断するとみられる。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130618/crm13061821450013-n1.htm
(2013/6/18/MSN産経ニュース)
【関連する記事】
この記事へのコメント

広島、長崎への原爆投下を今も謝罪しないアメリカに、反アメリカ感情を今こそ噴出せよ。アメりカの洗脳広告代理店である電通を使った、テレビ、新聞、週刊誌、ラジオに洗脳報道され続ける日本人は、自分自身の脳、すなわち思考そのものを点検せよ!すべてを疑うべきなのだ!
Posted by 脱洗脳報道なら副島隆彦の学問道場 at 2014年04月19日 18:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場