2013年06月27日

平均63歳“超熟女”売春クラブ摘発 経営者ら逮捕(06/26 14:01)〜【売春防止法違反(周旋)】ビジネスモデルは非常によくても、合法的にやらないといけません。

 風俗産業の中でも「性風俗産業」は、生活必需産業ではないため、好不況により売上が大きく跳ね返るとも言われていますが、「無くならない産業、必要悪でもある産業」でもあるので、今後も大なり少なりの成長性は充分にあります。

 しかし、こういった産業は、「日が当らないジメジメした」「こそこそとやる」というのが今の日本のステータスとなっています。そのため、橋下徹大阪市長・日本維新の会共同代表のように、「風俗業を活用したらどうですか」と発言してしまうと、当然日本より開けているアメリカでさえ難色を示すのですから、「性風俗」は「恥ずかしさ」を併せ持つ代表的な産業のひとつかと思います。そのため、こういったところにおいては、「後ろめたい」という感覚や裏ビジネスとしても大いに成り立つため、暴力団やその他の危険団体が犯罪行為の隠れ蓑として利用することも多々あります。

 今回摘発されたのは、「超」熟女と言われる売春クラブです。一般的に「熟女」とは30代後半から50代前半までの事をこの業界では指しているため、平均年齢が63歳と言えば「超熟女」という新しい部類に入ることになります。
 本来こういった「性風俗」の従事者は18歳〜30代前半と言われる範囲が多かったので、それ以上の年齢になると客の重要も少なくなり、従事するのが難しいとされていました。前者の年齢層は「生殖可能年齢」とも合致します。
 そういった事から、必然的に出産適齢期の年齢の人によるサービスが「性風俗産業」の本来の姿ということになります。

 ところで、どうしてこういったクラブが今になって摘発をされたかというと、「国民生活」において不具合が発生したということです。苦情が多かったり、利益が非常に多いのに税金を払っていなかったり、または犯罪の温床や別の犯罪(覚せい剤や暴力団の資金源)になっていたりと、そう言った事があって、やむを得ず摘発されるというケースが多いです。

 したがって、家宅捜索をしてみると冷蔵庫の下から覚せい剤の使用に使われたと思われる「注射器」のようなものが多数出てきたり、特定の宗教の新聞が沢山あったりと、まさに別の犯罪の「隠れ蓑」みたいになっている形が少なくありません。

 今回の摘発は「売春の斡旋」ということなので、風俗業としての届出もなされていなかったのか、さらに、本番行為(疑似生殖行為)も営業行為としてなされていたのか、詳細部分はわからないのですが、社会にとって不具合が発生しているという部分があったので強制捜査(逮捕)に至ったとみています。


 


平均63歳“超熟女”売春クラブ摘発 経営者ら逮捕(06/26 14:01)〜【売春防止法違反(周旋)】ビジネスモデルは非常によくても、合法的にやらないといけません。


平均63歳“超熟女”売春クラブ摘発 経営者ら逮捕(06/26 14:01)


「熟女専門」を売りにした売春クラブが摘発され、経営者の女らが逮捕されました。在籍女性の平均年齢は63歳でした。

 東京・豊島区の「シルク」の経営者・諏訪和子容疑者(63)ら2人は24日、店で働く64歳の女性を82歳の客の男性に紹介し、都内のホテルで売春させた疑いが持たれています。警視庁によりますと、店には46歳から73歳までの女性16人が在籍していて、熟女専門を売りに夕刊紙などに広告を出して客を集めていました。最高齢の73歳の女性は生活保護費の受給者で、「アルバイト感覚だった」と話しているということです。2001年以降、3億2000万円を売り上げていて、取り調べに対して諏訪容疑者は「年配の男性客が多かった」などと容疑を認めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000007766.html
(2013/6/26/テレビ朝日)



平均63歳超熟女売春 13年で3億2000万円
記事を印刷する

 平均年齢63歳の超熟女クラブが売春で摘発された。警視庁保安課は26日、高齢者の客に売春をあっせんしたとして、東京都豊島区の風俗店経営の諏訪和子(63)と従業員の雨宮晴男(57)の両容疑者を売春防止法違反(周旋)容疑で逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は6月24日午後、都内の自営業男性(82)の依頼を受け、台東区内のホテルに売春相手として女性(64)を派遣した疑い。

 保安課によると、諏訪容疑者は熟女専門「シルク」などの店名で売春クラブを経営。インターネットや風俗情報誌で客を募っていた。売春していた女性は46〜73歳の計16人。諏訪容疑者は「年配からの需要が多く超熟女を売りに営業した」などと供述し、容疑を認めている。最高齢の73歳女性は生活保護を受けながら、アルバイト感覚で働いていたという。料金は1時間9000円から2時間2万円程度。他の店名も使い2001年以降、約3億2000万円を売り上げたとみられる。客の大半は年配だったという。

 熟女風俗店は、都内では巣鴨・大塚エリアや、鶯谷・日暮里エリアなどに増えている。長引く不況を背景に、癒やしや包容力を求める男性が増えたことなどが、背景にあるとみられる。

 男性客が待つホテルなどに女性が出張する「デリヘル」形式がほとんどだが、料金が一般的デリヘルより安い店も多い。風俗店関係者は「熟女風俗店が増えすぎて過当競争も起きており、差異化を図るため、60代以上が多い『超熟女店』、30代が中心の『半熟女店』などとジャンルも細かくなっている」と指摘した。

 [2013年6月27日8時42分 紙面から]


関連ニュース
【社会】高齢者に超熟女の売春あっせん(2013年6月26日)
【芸能】俳優の松原誠容疑者が中学生に下半身露出(2012年11月19日)
【社会】売春黙認のソープ経営者ら39人を逮捕(2012年10月29日)
【社会】「最高級」売春クラブ摘発 20時間65万も(2012年6月13日)
【社会】睡眠薬飲ませ下着強奪容疑 ニコン社員(2012年4月18日)
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20130627-1148442.html
(2013/6/26/ニッカンスポーツ)


最高73歳、平均63歳「超熟女」売春 経営者を逮捕「年配者の需要多い」
2013.6.26 15:20 [性犯罪]
 高齢者相手に売春を斡旋(あっせん)したとして、警視庁保安課は、売春防止法違反(周旋)容疑で、東京都豊島区高田、派遣型売春クラブ経営、諏訪和子容疑者(63)ら2人を逮捕した。同課によると、諏訪容疑者は「年配者の需要が多い『超熟女』を売りにしていた」と容疑を認めている。

 同店の女性従業員16人は73〜46歳で、平均年齢は63歳。年金受給者や生活保護受給者もいた。諏訪容疑者は平成13年3月から「シルク」「たんぽぽ」などの店名で売春クラブを経営し、計3億2千万円を売り上げていたという。

 逮捕容疑は、6月24日午後、自営業の男性(82)に指定された都内のホテルに女性従業員(64)を派遣し、売春を斡旋したとしている。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130626/crm13062615210010-n1.htm
(2013/6/26/MSN産経ニュース)









【関連する記事】
posted by 管理人B at 11:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他刑事事件等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。