2013年07月02日

二酸化炭素の排出権取引で出資金詐欺、3人逮捕〜詐欺と特定商取引法違反の容疑と再逮捕の可能性

最近「なんちゃらの権利」を売るとかそれにまつわる投資話の詐欺が横行しています。
騙す方もやみくもに構わず勧めている訳ではなく、「その話」に乗りそうな人たちに声をかけるのが定石というか「効率のよい営業」と言われています。
 これはつまり「カモリスト」などというものを活用している可能性があります。

 この二酸化炭素の排出権取引が「カモリスト」での営業なのかどうかはわかりませんが、普通無作為に一般市民に声をかけても投資する資金がなかったり、そういった事に興味等がないという方がほとんどなので、結局は、こういった「カモリスト」をもとにして営業をかけるのが最も効率がよいといわれています。
 
 したがって、こういった「詐欺」にかかってしまう人は、過去に何らかの投資話に乗っかっているという人が少なくありません。なぜ、「カモリスト」がどこから出回るかというのは、ケースバイケースですが、その企業に勤務する従業員が持ち出して、どこかに売るという事が多いです。

 ところで今回の二酸化炭素の排出権取引の詐欺ということですが、実際そのようなものが「証券化」されているということはないのですが、そういったことが本当なのか嘘なのかということは一般の人にはわかりずらく、その部分を営業マンが巧みに説明することで納得してしまうというケースが多いです。

 この事件は被疑事実は2名となっていますが、出資者がもっと多いです。それは、再逮捕などを含んだ公判(刑事裁判)用としての先陣をきった被疑事実であり今後同様の被疑事実(違う被害者)での逮捕があるのかと推察されます。

 

二酸化炭素の排出権取引で出資金詐欺、3人逮捕〜詐欺と特定商取引法違反の容疑と再逮捕の可能性


二酸化炭素の排出権取引で出資金詐欺、3人逮捕

 架空の二酸化炭素(CO2)排出権取引への投資を持ち掛け、高齢者2人から出資金計70万円をだまし取ったとして、京都府警は30日、大阪市中央区の先物取引会社「富士エナジー」社長・笹渕守容疑者(52)(大阪市北区)と同社元社員2人を詐欺と特定商取引法違反の疑いで逮捕した。


 笹渕容疑者と元社員の1人は容疑を否認。別の元社員は「社長の指示に従った」と認めているという。

 発表では、3人は共謀。昨年6月、大阪府高槻市の無職女性(83)に「東京電力の原発事故や地球温暖化で、CO2排出権取引が注目されている。元本は保証し、配当金も出る」とうそを言い、20万円を詐取した疑い。大阪市東住吉区の無職男性(69)からも、同様の手口で50万円を出資させた疑い。

(2013年7月1日19時11分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130701-OYT1T00254.htm?from=ylist
(2013/7/1/読売新聞)

【関連する記事】
posted by 管理人B at 22:09| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 投資詐欺事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みなさん 
湯島のMGSには気をつけてください。
詐欺です。最初にお金を渡した時点で負け確定です。賭博罪で逮捕されますよ。みなさん早く回収してください。警察に訴えるぞって脅せば楽勝です。
http://c.2ch.net/test/-.YYl00/deal/1341053132/i
Posted by 誰か捕まえて at 2014年05月12日 18:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368137062

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。