2013年07月17日

安愚楽牧場債権者への返還、出資額の5% 破産管財人が説明〜「あぐら被害者の会」という「被害者団」もやっと立ち上がる

2013年7月16日の火曜日に日比谷公園内にある日比谷公会堂において第3回目の財産状況報告集会(債権者集会)が開催されたということです。参加人数は約1000人ということなのですが、大規模な消費者被害の割には関心が薄れているという事を否めない感がしてなりません。

 この第3回というのも最期配当の報告もあったという話なので、管財業務もこの報告集会で終結の方向に向かっているということになります。電卓で弾いてみると5.7%なので一人あたり平均して、約32万8000円の配当ということで(当然出資金額により異なりますが)各自の届出口座に振込まれるという形になります。

 
 この大規模な倒産事件の破産管財業務であれば、普通は3年はかかってもおかしくないのですが、「早期」に終了が見えたのは、安愚楽牧場本体に残存している資産がほとんど無かったということと、その散逸した財産の行方があまり見当たらなかったこと、そして、こういった破産事件に名乗りを上げる最優先債権者の国税当局とのシビアな戦いが無かったということ(逆に「消費税の還付金」が多かったこと)が、この「早期」の要因といえるのかもしれません。

 配当率が5.7%というのは、他の破産事件と比しても決して少なすぎる金額ではありません。けれどもその原資が、東電の賠償と消費税の還付という外部のものがメインであり、破産した旧経営人からの少ない配当ということを考えると、旧経営人の「隠し財産」や安愚楽牧場本体の資産がクリーニングされながら流失していったという事も当然否めないのかと思われます。

 また破産管財人が依頼した公認会計士による「真の財務内容」の完成は刑事事件の大きな鍵を握ります。本来逮捕容疑を目指していたのが、実際の牛の頭数と契約した牛の数が違う事を示した「特定商品預託法違反」ということになってしまいました。本丸の「詐欺罪」のチャリンカー(自転車操業)が果たして「真の財務内容」からは読み取れなかったのか又はそれ以上の金銭の流れがつかめなかったのか甚だ疑問譜もついている状態です。


 また破産事件では典型的に起こりうるといわれる債務者の「チョイス」(倒産直前に意味のわからないような理由を付けて会社の資産を自分の所に移動させる行為)も美術品などを介して行われているようなので、今後は破産管財人が「できなかった」と思われる部分も解明して、少しでも多くの回収を試みることも課題となってきます。

 

 





安愚楽牧場債権者への返還、出資額の5% 破産管財人が説明〜「あぐら被害者の会」という「被害者団」もやっと立ち上がる



安愚楽債権者への返還、出資額の5% 破産管財人が説明

 
 和牛オーナー制度が破綻(はたん)した安愚楽(あぐら)牧場(本社・栃木県)の債権者集会が16日、東京都内であり、債権者に戻るのは、最終的に出資額の5%と示された。元社長らは特定商品預託法違反(不実の告知)容疑で警視庁に逮捕されている。

 被害対策弁護団によると破産管財人が、同社の資産は約243億円と述べたという。負債総額4千数百億円の約5%にあたる。債権者として届けているのは約7万3千人で、集会には約1千人が出席した。

 被害者らは記者会見で、5%の数字に「納得いかない」「破綻の原因を追及してほしい」などと語った。

関連リンク
安愚楽牧場元社長ら再逮捕 86人に虚偽説明容疑(7/10)
http://www.asahi.com/national/update/0716/TKY201307160513.html
(2013/7/16/朝日新聞)


2013年 7月 16日 21:30 JST 更新
安愚楽牧場、配当資産243億円=被害額の5%、年内にも支払いへ
記事

 特定商品預託法違反の疑いで、元社長三ケ尻久美子容疑者(69)ら旧経営陣が逮捕された安愚楽牧場(栃木県、破産手続き中)の債権者集会が16日、東京都内で開かれた。破産管財人は、配当できる資産が被害総額の約5%に当たる約243億円になると報告。年内にも被害者へ支払われる見通しを示した。

 全国安愚楽牧場被害対策弁護団によると、集会には約900人が参加。被害者の一部が今週中にも三ケ尻容疑者ら旧経営陣について、詐欺容疑で警視庁に告訴状を提出するという。 

[時事通信社]
http://jp.wsj.com/article/JJ12746585770154034549319115163343111932046.html
(2013/7/16/ウオールストリートジャーナル)


安愚楽牧場:債権者への返還額は出資金の5% 債権者集会
毎日新聞 2013年07月16日 21時02分

 安愚楽牧場(栃木県那須塩原市、2011年8月に経営破綻)の第3回債権者集会が16日、東京都内で開かれ、債権者への返還額は、それぞれの出資金の5%にとどまることが分かった。全国安愚楽牧場被害対策弁護団(団長・紀藤正樹弁護士)によると、返還は年内にも実施される予定。負債額4265億円に対し、回収された額は243億円(約6%)のみだったという。

 また、債権者らは同日、「あぐら被害者の会」を設立。日本人顧客の巨額資産消失疑惑がある米国の資産運用会社「MRIインターナショナル」の被害者らと共に、詐欺事件の罰則強化などを求め、各政党に公開質問状を送ることを表明した。【福島祥】
http://mainichi.jp/select/news/20130717k0000m040054000c.html
(2013/7/16/毎日新聞)



出資額の5%しか戻らず…「安愚楽牧場」債権者

 2011年に経営破綻し、元社長らが特定商品預託法違反で起訴された「安愚楽あぐら牧場」の債権者集会が16日、東京都内であり、破産管財人から、和牛オーナーとなった顧客約7万3000人に対して出資額の約5%が配当される見通しだとの報告があった。


 被害対策弁護団が明らかにした。

 弁護団の説明によると、出資者が届け出た債権額約4200億円に対し、回収できたのは消費税の還付金約173億円、原発事故に伴う風評被害への東京電力からの賠償金約23億円などを合わせた約243億円。管財人による回収はほぼ完了し、債権者には10月に各配当額が通知され、年末から順次支払われるという。

 約9000万円の債権を届け出たという40歳代の男性は、債権者集会後の記者会見で「とても納得できる数字ではない」と話した。

(2013年7月16日21時44分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130716-OYT1T01090.htm




安愚楽牧場 債権者返金は5%
7月16日 21時42分


4200億円の負債を抱えて経営破綻した「安愚楽牧場」を巡る事件で、会社から回収した資産で出資者に返済できる金額が、負債総額の5%に当たる243億円にとどまることが分かりました。

栃木県に本社がある「安愚楽牧場」はおととし、4200億円を超える負債を抱えて経営破綻し、元社長の三ケ尻久美子容疑者(69)ら元幹部が、破綻の前に投資できる牛の数を過大に説明して出資を募っていたとして、特定商品預託法違反の疑いで警視庁に逮捕されました。
「安愚楽牧場」は現在、破産の手続きが進められていますが、被害者側の弁護士によりますと、16日に開かれた債権者向けの説明会で、会社から回収した資産で出資者に返済できる金額が負債総額の5%の243億円にとどまることが、破産管財人から報告されたということです。
一方、債権者説明会のあと、東京・千代田区の日比谷公会堂では、安愚楽牧場の出資者のうちおよそ150人が集会を開き、「被害者の会」が結成されました。
今月28日に1回目の集会を開いて、国や警察に対し詐欺容疑での立件や被害の救済を訴えるということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130716/k10013080391000.html
(2013/7/17/NHKニュース)






出資金5%、一律配当に「納得できない」


 経営破綻した「安愚楽(あぐら)牧場」(栃木県那須塩原市)から回収できた資産で債権者に返還できる配当金が、それぞれの出資金の約5%にとどまることが16日、分かった。

 東京都内で同日開かれた第3回債権者集会終了後、被害対策弁護団が記者会見して明らかにした。

 配当は年内にも実施され、原則として最終配当となる。集会では、今後新たに資産が見つかればあらためて配当する方針も説明されたが、出席者からは「納得できない」との声が相次いだという。

 破産管財人が示した資料によると、今年1月の第2回集会以降、東京電力福島第1原発事故の損害賠償として約23億7000万円を回収した。さらに特定商品預託法違反(不実の告知)の疑いで警視庁などに逮捕された元社長三ケ尻久美子容疑者(69)ら元役員の配当金約5400万円などを新たに回収。配当の原資になる資産額は約243億2700万円となった。債権総額は約4265億円。

 家族4人で計4千万円近く出資したという男性(49)は会見で「われわれは95%の負債を抱えて生活しなければならない。配当には納得していない」と不満を述べた。

 債権者の有志は16日「あぐら被害者の会」を結成。三ケ尻容疑者らに、より刑罰の重い詐欺罪を適用するよう、捜査当局に求めていく方針を表明した。弁護団は近く、三ケ尻容疑者らを詐欺容疑で刑事告訴する。(共同)

 [2013年7月16日20時58分]

PR情報
【新健康法】46歳酒好き男性、健康の為のちょっといい話/無料モニター
英語が早口で聞こえない人達に「バカ売れ」の英語教材/英語部門第1位獲得
関連ニュース
【社会】安愚楽元社長の三ケ尻容疑者宅など捜索(2013年6月28日)
【社会】安愚楽元社長ら逮捕へ 和牛商法で警視庁(2013年6月18日)
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20130716-1158440.html

【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369463405

この記事へのトラックバック

経営破綻した安愚楽牧場、債権者7万人へ出資額の5%配当の見通し
Excerpt: ▼読売新聞 出資額の5%しか戻らず…「安愚楽牧場」債権者(2013年7月16日21時44分)  2011年に経営破綻し、元社長らが特定商品預託法違反で起訴された「安愚楽(あぐら)牧場」の債権者集会が1..
Weblog: むぎの手記
Tracked: 2013-12-27 19:54
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。