2013年08月13日

高知四万十市で41度、史上最高=6年ぶり更新、3日連続40度超〜かつての1位の熊谷市(埼玉県)・多治見市(岐阜県)の40.9度が破られそれらの観光経済に明暗も。

 先日の8月12日高知県西部にある四万十市で6年ぶりに国内史上最高気温が塗り替えられたということです。
その温度は41.0度ということです。

 たかが最高気温、されど最高気温と考え方は人それぞれですが、「史上最高気温」という地位を与えられることは、その地域の知名度を大きくアップさせることは間違えないようです。そして、その記録を達成した地域では「日本一暑いところ」などの文言を加えて、観光客を呼び寄せるのに格好の材料となります。

 最近「富士山」が「世界文化遺産」登録を達成したことで、富士山への登山客が大幅に増えていますが、「ナンバーワン」や「オンリーワン」というお墨付きがつくことは人間にとっての興味を大きく掻き立てることになり、その経済効果は決せして小さくありません。

 高知の四万十市は「水の綺麗な川」で有名な「四万十川(しまんとがわ)」からとった名前であり、最高気温達成する前から行ってみたいという声は度々あちこちで聞いています。この「お墨付き」を自治体や商工会が今後どう活用して地域活性や商売に結びつけるかとても楽しみです。特に高知を含めた四国では沖縄や北海道同様、雇用や経済効果が全国的に劣っているところであるため、日本のGDPをどう動かせるかも期待できそうです。


 ところで、6年前に史上最高気温を塗り替えた、熊谷市や多治見市では、「日本一暑い」という事を語れなくなり、それらの地域では、報道で見る限り「悔しさ」を隠しきれない様子が伺われました。「2位じゃだめですか」という言葉もはやった通り、2位はどうしても人々の印象から離れてしまいがちなので、今までの暑さ記録による「経済効果」が薄れて行くところをどうやって別の魅力でカバーするかがそれらの自治体の腕の見せどころかもしれません。

 









高知四万十市で41度、史上最高=6年ぶり更新、3日連続40度超〜かつての1位の熊谷市(埼玉県)・多治見市(岐阜県)の40.9度が破られそれらの観光経済に明暗も。



2013年 8月 12日 20:02 JST
高知で41度、史上最高=6年ぶり更新、3日連続40度超

 日本列島は12日も太平洋高気圧に覆われて関東以西で気温が大幅に上昇し、高知県四万十市では午後1時42分に41.0度を観測して、全国の史上最高を更新した。最高気温が40度を超えたのは3日連続。気象庁は「今後1週間も西日本を中心に気温の高い状態が続く。熱中症に十分注意してほしい」と呼び掛けている。

 これまでの最高は、2007年8月16日に埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市で観測した40.9度だった。前日15日には群馬県館林市で40.2度、翌17日には多治見市で40.8度を観測しており、当時も3日連続で40度を超えていた。

 今回、41.0度を観測した四万十市西土佐用井の「江川崎」では、10日に40.7度、11日に40.4度を観測した。同じ地点で3日連続で40度を超えたのは初めて。山間部で晴れが続いた上、海からの涼しい風が入らなかったのが上昇の主因という。

 甲府市も10日に40.7度、11日に40.6度を観測したが、12日は39.1度にとどまった。

 12日の最高気温の全国2位以下は、大阪府豊中市39.8度、浜松市天竜区(佐久間)39.6度、奈良県十津川村39.4度、多治見市39.3度。

 30度以上の真夏日となった所は706地点と今夏最多で、全国927地点の76%を占めた。35度以上の猛暑日は243地点に上った。 

[時事通信社]
http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324539604579008302004146692.html
(2013/8/12/ウオールストリートジャーナル)




高知・四万十市で41・0度、国内史上最高気温を更新
2013.8.12 14:24 [天気・気象]
国内観測史上最高の41・0度を観測した高知県四万十市は3日連続で40度を超えた=12日午後3時ごろ


 日本列島は12日も厳しい暑さが続き、高知県四万十市で気温41・0度を観測した。国内観測史上最高で、3日連続で40度を超えたのも全国の観測点で初めて。これまでの最高は、2007年8月に埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市で観測された40・9度だった。

 午後3時現在、全国の観測点927のうち235地点で35度以上の猛暑日。30度以上の真夏日は700地点を超えて今夏最多となった。

 気象庁は、関東甲信から九州までの広い範囲で猛暑日になる所があるとして「高温注意情報」を発表。小まめな水分補給や適切な冷房の使用で熱中症に注意するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、最高気温が高かったのは大阪府豊中市39・8度、浜松市39・6度、奈良県十津川村39・4度。最高気温を塗り替えられた多治見市は39・3度だった。

 四万十市のほか、十津川村、長野県飯田市など10地点以上でその地点の観測史上最高を更新した。

 一方、11日は東京都心(大手町)の気温が下がらず、同日深夜に観測した30・4度は都心で観測史上最も高い最低気温だった。

御堂筋“閑散”まるで「アビーロード」な光景…大阪市内すでに猛暑日

関連ニュース
関東と東北で初の真夏日 内陸各地で今年最高気温 熱中症に注意 
37地点で3月最高気温 宮崎・高鍋は28度超 週明けには気温下がりそう 
高知・四万十市で40・4度、史上初3日連続40度超え 各地で猛暑日
山梨・高知また40度超 2人死亡、連日の猛暑 
山梨、群馬で40度超 35度以上、今夏最多の295地点 
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130812/dst13081214260015-n1.htm
(2013/8/13/MSN産経ニュース)


posted by 管理人B at 19:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 気象(天気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。