2013年10月13日

元サッカー日本代表、前園真聖容疑者逮捕 酔ってタクシー運転手殴打「覚えてない」 警視庁〜【刑法208条暴行罪】「軽傷」とか「ケガ無」と報道が違うようだが。

 元サッカー日本代表の前園真聖 氏がお酒を飲んで酔った勢いなのか暴行を働いてしまって逮捕されたとことです。
  そういえば、タクシーでの暴行といえば、1991年(平成3年)6月、当時アナウンサーだった松平定知氏が泥酔して、タクシー運転手に暴行を加えたことが今でも時々語り継がれることが多いですが、それでも泥酔者をタクシーに載せる運転手の心情は大変な不安があるかと思います。

 前園氏はよくテレビのCM(au)に出演していたことをよく見ましたが「前園さんの言うとおり♪、前園さんのいうとおり〜♪♪」というフレーズが印象的でした。それだけサッカー界ではカリスマ的な部分も多々ありました。

 もう既にサッカー現役からは離れましたが、今回は残念ながらお酒絡みの暴行を働いてしまいました。

 最初の報道では、殴られた運転手は「軽傷」ということでしたが、後からの他の報道によると「右頬を殴り、太ももを蹴飛ばしたがケガはなかった」などとなっており、どれが本当なのかはわかりませんが、
「暴行」(ぼうこう)ということで逮捕されたのだから「ケガ」は無かったと推察するのがよいのかと思います。

 ところで、刑法では「暴行罪」と「傷害罪」というものがありますが、どちらも行為としては同じなのですが、結果として「ケガ」がなければ「暴行罪」、「ケガ」があれば「傷害罪」と定められています。
  ケガをさせてやろうと思って行動に移したが結果的には「ケガ」はしなかったとなると「傷害未遂」という考え方になるのかと思いますが、この罪には「未遂」というものがないので罪は成立しないということになります。
 しかし、その過程で怪我をさせようということが「棒キレ」をもって暴れたのであれば、それについても「おとがめ無し」では困ってしまいます。そこで設けられているのが「暴行罪」ということになります。

 逆にケガをさせてやろうという意思がなくても「棒キレ」をもって暴れたら暴行罪になりますが、それによりケガをさせてしまったら「暴行致傷罪」という罪にしていいかと思いますが、法律では規定されていません。別の例を引き出すと生徒を叱ろうということで「ゲンコツ」を加えるとは「愛情表現」であったとしても、現在の法律では「暴行罪」にあたります。さらにその時「頭から血を流してしまった」としたら「暴行致傷罪」とか「暴行」及び「過失傷害罪」の併合罪とかそういった見方もあるのですが、刑法の上ではケガをさせる意思がなくても結果的に怪我に至ったときは「傷害罪」ということになっています。

 刑法を適用させるには特別に規定されている「過失の罪」以外は「故意」が原則になります。ただ「暴行」や「傷害」に関する部分においては、その2つの関係に「致傷」や「未遂」を他の罪と同様に規定してしまうと、非常に不都合で混乱する部分があるので、「暴行」によるケガを「傷害」と規定しています。その逆に故意に「傷害」を与えようとしたが目的を達しなかった時には「暴行」と規定しています。









元サッカー日本代表、前園真聖容疑者逮捕 酔ってタクシー運転手殴打「覚えてない」 警視庁〜【刑法208条暴行罪】「軽傷」とか「ケガ無」と報道が違うようだが。



元サッカー日本代表、前園真聖容疑者逮捕 酔って運転手殴打 警視庁
2013.10.13 19:04 [スポーツの不祥事]
2005年05月19日、日本サッカー協会で川淵三郎キャプテンに引退を報告した前園


 タクシーの運転手を殴るなどしたとして、警視庁玉川署が暴行容疑で、東京都世田谷区等々力、サッカー元日本代表、前園真聖(まさきよ)容疑者(39)を現行犯逮捕していたことが13日、同署への取材で分かった。運転手は軽傷。同署によると、前園容疑者は「酒に酔って覚えていない」と供述している。

 逮捕容疑は13日午前9時15分ごろ、東京都世田谷区等々力の自宅付近の路上で、男性運転手(45)の右頬を手で殴ったり、右太ももを蹴ったりしたとしている。前園容疑者は1人で乗車しており、タクシー料金を支払わずに下車。運転手が「料金をまだ支払ってません」と声をかけると突然殴ってきたため、運転手が110番通報した。前園容疑者の財布にはタクシー料金を支払えるだけの現金が入っていたという。

 前園容疑者は12日深夜にテレビ東京系のスポーツ番組「ネオスポーツ」にサッカー解説者として生出演していた。

 前園容疑者は平成4年にJ1横浜フリューゲルス(当時)に入団。1996年のアトランタ五輪ではブラジル代表を破る「マイアミの奇跡」で中心的役割を果たした。日本代表として19試合に出場。引退後は解説者などをしている。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131013/crm13101319070008-n1.htm
(2013/10/13/MSN産経ニュース)




サッカー元代表・前園容疑者を逮捕 運転手に暴行の疑い2013年10月13日21時8分


 タクシー運転手を殴ったとして、警視庁は13日、サッカー元日本代表の前園真聖(まえぞのまさきよ)容疑者(39)=東京都世田谷区等々力8丁目=を暴行の疑いで現行犯逮捕した。「酒に酔っていて覚えていない」と話しているという。

 玉川署によると、前園容疑者は同日午前9時15分ごろ、自宅近くの歩道上で、タクシー運転手の男性(45)の右ほおを1回殴り、右太ももを1回蹴った疑いがある。運賃を支払わずに降りたため、男性が車外に出て呼び止めたところ、いきなり殴ったという。男性にけがはなかった。

 前園容疑者は都内でタクシーに乗り、行き先を告げてそのまま眠り込んでいた。かなり酒に酔っていたといい、通行人が110番通報した。

 前園容疑者は1992年、鹿児島実業高から当時の横浜フリューゲルスに入った。96年のアトランタ五輪代表で主将を務め、2005年に引退。スポーツジャーナリストとしても活躍している。
http://www.asahi.com/national/update/1013/TKY201310130143.html
(2013/10/13/朝日新聞)


サッカー元代表の前園容疑者逮捕、運転手に暴行
携帯に送るヘルプ
 タクシー運転手を殴ったとして、警視庁玉川署は13日、サッカー元日本代表の前園真聖まさきよ容疑者(39)(東京都世田谷区等々力)を暴行容疑で現行犯逮捕した。


 「酔っていて覚えていない」と供述している。

 同署幹部によると、前園容疑者は13日午前9時15分頃、自宅近くの路上で、タクシーの男性運転手(45)の顔を殴ったり、太ももを蹴ったりした疑い。通行人からの110番で駆けつけた同署員が取り押さえた。

 前園容疑者がタクシーの料金数千円を支払わずに下車したため、男性運転手が「まだですよ」と声をかけると突然、殴りかかった。前園容疑者は酒を飲んでおり、移動中のタクシーの車内では寝ていたという。所属事務所によると、前園容疑者は12日夜にテレビのスポーツ番組に出演していた。

(2013年10月13日21時10分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131013-OYT1T00596.htm?from=ylist




2013.10.13 19:25
元日本代表の前園逮捕、酔って運転手暴行「覚えてない」

前園真聖【拡大】

 タクシーの運転手を殴ったとして、警視庁玉川署が暴行容疑で、東京都世田谷区等々力、サッカー元日本代表選手、前園真聖容疑者(39)を現行犯逮捕していたことが13日、同署への取材で分かった。運転手は軽傷。同署によると、前園容疑者は「酒に酔って覚えていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は13日午前9時15分ごろ、東京都世田谷区等々力の自宅付近の路上で、男性運転手(45)の右ほほを手で殴ったとしている。前園容疑者は一人で乗車しており、タクシー料金を支払わずに下車。運転手が「料金をまだ支払ってません」と声をかけると突然殴ってきたため、運転手が110番通報した。前園容疑者の財布にはタクシー料金を支払えるだけの現金が入っていたという。

 前園容疑者は13日未明に、テレビ東京系のスポーツ番組「ネオスポーツ」にサッカー解説者として生出演していた。

 前園容疑者は平成4年にJ1横浜フリューゲルス(当時)に入団。1996年のアトランタ五輪に日本代表選手として出場し、ブラジル代表を破る「マイアミの奇跡」で中心的役割を果たした。平成17年に引退後は解説者などを務めてきた。(産経新聞)

   
関連
佐伯日菜子が被害届取り下げ、奥大介氏と離婚へ
元日本代表・奥大介容疑者、脅迫の疑いで逮捕
中学生暴行の元Jリーガーに執行猶予判決
甲子園準優勝投手、窃盗罪で実刑判決
山学大付高サッカー部、別の部員3人にも暴行
http://www.sanspo.com/soccer/news/20131013/dom13101319320001-n1.html
(2013/10/13/サンケイスポーツ)



アトランタ五輪で主将/前園容疑者略歴

アトランタ五輪ブラジル戦でドリブル突破する前園真聖(写真は1996年7月21日)

 タクシー運転手に暴行を加えたとして、警視庁玉川署は13日、東京都世田谷区、元サッカー日本代表前園真聖容疑者(39)を、暴行の疑いで現行犯逮捕した。

 前園容疑者の略歴は、以下の通り。

 ◆前園真聖(まえぞの・まさきよ)1973年(昭和48)10月29日、鹿児島県生まれ。鹿児島実高から92年に横浜Fに入団。96年のアトランタ五輪で主将を務め、強豪ブラジルを破り「マイアミの奇跡」と呼ばれる。97年にV川崎(現東京V)に移籍し、ブラジルのサントスとゴイアス、湘南を経て01年に東京Vに復帰。02年にKリーグの安養に移籍後、04年に仁川入り。05年に引退。J1通算191試合出場34得点。J2通算38試合出場11得点。日本代表として国際Aマッチ19試合出場4得点。170センチ。

 [2013年10月13日21時44分]
http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20131013-1203785.html
(2013/10/13/日刊スポーツ)








【関連する記事】
posted by 管理人B at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。