2013年10月31日

山本太郎参院議員、天皇陛下に文書手渡す 秋の園遊会で〜異例ではあるが禁止はされていない「未常識」ということで解決するのが妥当なのかも。

 山本太郎参議院議員が秋の園遊会に参加されたそうです。その時に天皇陛下に直接手紙を渡すという事をされたそうです。
 こういった「天皇直訴」のような事は歴史的にもあったようですが、それは、「天皇主権」という時代において行われることで大変効力あることではあるのですが、その時の行為は「打ち首」のような処遇だったともいわれています。

 今の世間亭からみて山本太郎議員の行為は「非常識」という見方も多いかと思われます。原発廃止を試みる人や福島第一原発などの被害者においては、とにかく天皇陛下にでも訴えるのも必要と言われる方も少なくないでしょう。
 ただ、天皇陛下自体にそう言った解決策を唱える権限も今はないし、むしろ国事行為を淡々とおこなうのが今の現状です。それに、山本氏同様の行為を行う人が増えてしまえば、極端な思想の回答を直接求めたりなどのエスカレートもしてくるかと思います。当然天皇ご自身や宮内庁も困惑してしまうことでしょう。

 

 山本氏も今回の行為は最初で最後の行為になるかとおもいますので、「未常識」ということで解決するのが一番なのではないかと思います。「未常識」というのは、公式に認められた日本語ではありません。かつて、詐欺でつかまったKKC(経済革命倶楽部)の山本一郎氏が出資金を集める時にしきりに連呼していたことばが印象的なのであまり使いたくはないのですが、今回の行為を当てはめるにはこの言葉が相応しいと思いましたので使用させていただきました。

 ちなみに山本氏が自民党などの党員であれば、袋叩きにあったり野党からもなんらかの問責決議に干される可能性もありますが、無所属の独立した議員であるし、国会内でも処分を行う可能性があるのなら、多くの支持者などから苦情も殺到し、処分を発議し賛成しようとする政党の立場も落ちる可能性もあるかと思います。

結局のところ、今回の事例で、規則的なことも制定されていくことで収束解決されるのではないかと思います。

 






山本太郎参院議員、天皇陛下に文書手渡す 秋の園遊会で〜異例ではあるが禁止はされていない「未常識」ということで解決するのが妥当なのかも。


山本太郎参院議員、天皇陛下に文書手渡す 秋の園遊会で
2013年10月31日19時08分

秋の園遊会で、山本太郎参院議員から文書を受け取る天皇陛下=31日午後、東京・元赤坂の赤坂御苑、河合博司撮影
 山本太郎参院議員(無所属)は31日、東京の赤坂御苑で同日に開かれた秋の園遊会で、天皇陛下に手紙を手渡したことを明らかにした。「原発事故での子どもたちの被曝(ひばく)や事故収束作業員の劣悪な労働環境の現状を知ってほしかった」と記者団に説明した。

 山本氏は30日に手紙を書き、陛下に園遊会で原発事故の現状を訴えて「手紙を読んで頂けますか」と直接手渡した。陛下からの言葉はなかったという。

 山本氏は今年7月の参院選東京選挙区に「脱原発」を掲げて立候補し、初当選した。記者団が、陛下を政治的に利用することになるのではないかと問うと、山本氏は「政治以前の問題だ。身分を横に置かせて頂いて、一人の人間として現状を伝えたかった。園遊会で手紙を渡すことが禁じられているとは聞いていない」と述べた。

     ◇

 菅義偉官房長官は31日午後の記者会見で、山本氏の行為について「陛下に園遊会のような場で手紙を渡すことがその場にふさわしいかどうか、参加した方が常識的に判断することだ」「常識的な線引きはあるだろう」と述べた。参院議院運営委員会は1日午前11時に理事会を開き、対応を協議する。
http://www.asahi.com/articles/TKY201310310216.html
(2013/10/31/朝日新聞)




【関連する記事】
posted by 管理人B at 19:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。