2013年12月16日

黒子のバスケ脅迫:大阪の男を逮捕〜【刑法第234条;威力業務妨害罪】

 黒子のバスケを扱っている商品を狙った「妨害行為」の犯人がわかり逮捕されたとのことです。
過去に「グリコ森永事件」を当に思い起こさせるような感じの事件ですが、犯人が捕まって安心というとことです。

 本当にこの容疑者(被疑者)の単独犯行であれば、それで一応の御の字です。
しかし、この容疑者自身、「ある組織に頼まれてやった」という可能性もあり、、本当にそれで「御の字」なのかというのも慎重に考える必要はあるかと思います。

 この手の犯罪は、毒物混入とか「不特定多数」を狙った無差別攻撃にも相当するので、大変恐ろしい犯罪です。こういった事件がきっかけで、身近なものについては、駅のゴミ箱撤去とか警備や監視機器を強化しなくてはならなくなるなど、市民生活に大きな「脅威」をもたらせます。そして「不便さ」を強いられます。
 

/15/(改定前)毎日新聞
黒子のバスケ脅迫:大阪の男を逮捕〜【刑法第234条;威力業務妨害罪】

(最新版)
黒子のバスケ脅迫:大阪の男を逮捕 威力業務妨害容疑
毎日新聞 2013年12月15日 21時31分(最終更新 12月16日 00時45分)


人気漫画「黒子のバスケ」
拡大写真
 人気漫画「黒子(くろこ)のバスケ」の単行本や関連商品を扱う店舗などに販売中止を求める脅迫文が相次いで届いた事件で、警視庁捜査1課は15日、大阪市東成区大今里西3、職業不詳、渡辺博史(ひろふみ)容疑者(36)を威力業務妨害容疑で逮捕した。同課によると、「ごめんなさい。負けました」などと容疑を認め、報道機関や大手コンビニチェーンなどに脅迫文が送られた一連の事件についても、「全部自分がやった」と供述しているという。

 逮捕容疑は2012年10月12日午後7時ごろ、作者の藤巻忠俊(ふじまき・ただとし)さんの出身校の上智大(東京都千代田区)の体育館2階に、「喪服の死神」を名乗った犯行声明文とともに硫化水素を発生させたプラスチック容器を置き、大学の業務を妨害したとしている。

 捜査1課の調べに、渡辺容疑者は「すべて一人でやった。藤巻さんとは面識も関係もない。成功者へのやっかみがあった」と供述。千葉県浦安市のコンビニで先月発覚した、毒物のニコチン入りウエハース菓子が置かれていた件についても関与を認めているという。

 捜査関係者によると、渡辺容疑者は防犯カメラ画像の解析などから最近になって捜査線上に浮上。「指紋が残らないよう細心の注意をしていた」と話しているといい、同課で裏付け捜査を進める。

 一連の事件は、上智大に「俺は藤巻が憎い」とする脅迫文などが置かれたことから発覚。その後も、関連イベント会場などに次々と脅迫文が届き、イベントが中止に追い込まれるなどの騒ぎになった。

 今年10月にはコンビニ最大手「セブン−イレブン・ジャパン」(千代田区)に毒入り菓子を置いたとする脅迫文が届き、約1500店で関連商品が撤去された。毎日新聞社を含む複数の報道機関にも同様の文書が届き、一部の社には「毒を入れた」とする菓子も同封されていた。

 毎日新聞社には10月15日と24日の2回、封書が届き、1回目の文書では「怪人801面相」を名乗り、「グリコ森永事件の約30年ぶりのリバイバルや」と記載。「犯人はおっさん二人」「今は東京多摩地域の賃貸で過ごしとる」などと書かれていた。

 一連の脅迫文の消印は東京や埼玉、大阪などバラバラだが、捜査1課は文面の特徴などから同一人物が関与しているとみて捜査していた。【松本惇、山崎征克、神保圭作】

 ◇黒子のバスケ

2008年12月から週刊少年ジャンプ(集英社)で連載中のバスケットボールを題材にした漫画。主人公「黒子テツヤ」が仲間とともに高校バスケで全国制覇を目指すストーリー。単行本は25巻まで発行。24巻までの累計発行部数は2300万部を超え、毎日放送などでテレビアニメも放送されている。
http://mainichi.jp/select/news/20131216k0000m040069000c2.html
(2013/12/16/毎日新聞)






(改定前)
黒子のバスケ脅迫:大阪の男を逮捕 威力業務妨害容疑
毎日新聞 2013年12月15日 21時31分(最終更新 12月15日 22時03分)

人気漫画「黒子のバスケ」
人気漫画「黒子のバスケ」
拡大写真
 人気漫画「黒子(くろこ)のバスケ」の単行本や関連商品を扱う店舗などに販売中止を求める脅迫文が届いている事件で、警視庁捜査1課は15日、大阪市東成区、職業不詳、渡辺博史容疑者(36)を威力業務妨害容疑で逮捕した。同課によると、「ごめんなさい。負けました」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は2012年10月12日、東京都千代田区の上智大の体育館2階に、喪服の死神を名乗った犯行声明文とともに硫化水素が発生中のプラスチック容器を放置し、同校の業務を妨害したとしている。

 一連の事件は12年10月、作者の藤巻忠俊さんの出身校の上智大キャンパスに、「俺は藤巻が憎い」などとする脅迫文と硫化水素を発生させる液体入りの容器が置かれたことから発覚。その後も、千葉市などで予定されていた関連イベント会場に脅迫文が届き、イベントが中止に追い込まれるなどの騒ぎになった。

 今年5月以降はいったん途絶えたが、10月にコンビニ最大手「セブン−イレブン・ジャパン」(千代田区)に毒入り菓子を置いたとする脅迫文が届き、約1500店で関連商品が撤去された。捜査1課が回収したウエハース菓子を鑑定したところ、一部から毒物のニコチンが検出された。

 毎日新聞社を含む複数の報道機関にも同様の文書が届き、一部の社には「毒を入れた」とする菓子も同封されていた。毎日新聞社には10月15日と24日の2回、封書が届き、1回目の文書では「怪人801面相」を名乗り、「グリコ森永事件の約30年ぶりのリバイバルや」と記載。「犯人はおっさん二人」「今は東京多摩地域の賃貸で過ごしとる」などと書かれていた。

 一連の脅迫文の消印は東京や埼玉、大阪などバラバラだが、捜査1課は文面の特徴などから同一人物が関与したとみて捜査していた。

 黒子のバスケは08年から週刊少年ジャンプ(集英社)で連載中のバスケットボールを題材にした人気漫画。単行本の累計発行部数は2300万部を超え、毎日放送などでアニメも放送されている。【松本惇、山崎征克、神保圭作】

 ◇黒子のバスケ

 2008年12月から週刊少年ジャンプ(集英社)で連載中のバスケットボールを題材にした漫画。主人公「黒子テツヤ」が仲間とともに高校バスケで全国制覇を目指すストーリー。単行本は25巻まで発行。24巻までの累計発行部数は2300万部を超え、毎日放送などでテレビアニメも放送されている。

関連記事

【専門家の「犯人像予想」は当たっていた?】中年の単独犯か 「黒子のバスケ」脅迫:作者へ強い恨み
【毎日新聞にも届いた】「黒子のバスケ」脅迫状の実物写真
【「黒子のバスケ」脅迫状事件】書店の対応が分かれた理由は
【容疑者の男】逮捕時に「ごめんなさい。負けました」
【事件の主な経緯一覧】発端は12年10月、上智大で不審な液体が見つかり…
<脅迫やトラブルはなく>黒子のバスケ:1年ぶりコミケに復活、初日は無事に
<土塀に「殺すぞボケ」>法隆寺に落書き2カ所 修復困難
<電話を取ると自分の殺害計画が…>殺害計画が標的の米男性に筒抜け、携帯の誤作動で
<封筒には「天誅」>山本太郎議員宛て 散弾銃の弾入り封筒発見
<悪質ないたずら?>封筒には「猪瀬知事」 都庁にカッターの刃届く
PR情報
資産運用をお考えの方は今!三菱東京UFJ銀行のキャンペーンのお知らせ
血圧管理の裏ワザ公開!/「おぉ!血圧が…」ダンカンさん、秘訣を語る
【急募】年収800万円〜2000万円の求人増加中!年収UPを狙う30代の方は必見
英語嫌いにバカバカ売れる4年連続「日本一」の教材が今タブレット端末付き
http://mainichi.jp/select/news/20131216k0000m040069000c.html
(2013/12


【関連する記事】
posted by 管理人B at 02:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。