2013年12月23日

酒気帯び運転で覆面パトカーに追突(埼玉県朝霞市) 現行犯逮捕〜「飲んだら乗らない」当たり前ですがとても大切です。

 はやくも2013年も終わりに近づいています。
今年の前半は「アベノミクス」の期待で、経済がやや持ち直そうとしており、企業も売上などの景気が徐々に回復傾向にあるようです。
 そして、このシーズンは忘年会真っ只中というところも多いかと思います。居酒屋さんをみると、去年よりは「にぎやかさ」は少しは取り戻しているような感じもします。
 
 当然忘年会になると、お酒の飲み過ぎが多く目立ち、電車の中でもちょっとしたマナー違反も多々見られます。一方自動車の方も例年なく見られるようです。

 今回の事件はお酒を飲んで、酔が冷めないうちに(つまり「酒気帯び」)スクーターに乗ったところ、信号待ちをしていた自動車に追突してしまったということです。
 そして、その自動車が急ぎで向かう「覆面パトカー」ということで、そのパトカーにとっても大変な目にあったということになったかと思います。

 結局その覆面パトカーでも事故処理は、その管轄の警察署の交通関係の部署が行わなければならないので、いくら同じ警察署と言ってもそこで現場検証と事故処理を行わなくてはなりません。

 だから、喧嘩の現場へは、別の人が警察署からあたためて出て行ったのかもしれません。

そうなると、警察の人件費が大幅に増えてしまうことがわかるかと思います。年末年始のこの時期特に警察は忙しいです。一年で最も人手を使う時期です。

 そこまで考えなくても、「飲酒運転」は大変危険で、特に夜間の運転は判断を大きく鈍らせますので、「乗ったら飲むな、飲むなら乗るな」はどんなに忙しくても守るのが当たり前のことです。



酒気帯び運転で覆面パトカーに追突(埼玉県朝霞市) 現行犯逮捕〜「飲んだら乗らない」当たり前ですがとても大切です。


2013年12月22日(日)
酒気帯び運転で覆面パトカーに追突 容疑の男逮捕/朝霞署

 朝霞署は22日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、志木市本町の会社員の男(21)を現行犯逮捕した。

  逮捕容疑は、同日午前2時50分ごろ、朝霞市栄5丁目で、スクーターを酒気帯び運転し、信号待ちしていた覆面パトに追突した疑い。

  同署によると、男は転倒し、顔などに軽傷を負った。覆面パトに乗っていた警察官2人にけがはなかった。男は21日午後9時ごろから約5時間、志木市内で飲酒し自宅へ帰る途中だった。覆面パトはけんかの通報で、現場へ向かう途中。
http://www.saitama-np.co.jp/news/2013/12/23/06.html
(2013/12/22/埼玉新聞)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 15:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察事件関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。