2014年01月22日

訃報>高橋昌也さん83歳=俳優、演出家

20140122_<訃報>高橋昌也さん83歳=俳優、演出家_1830.jpg俳優でもあり、演出家でもある高橋昌也さんがお亡くなりになりました。83歳です。
 俳優もやり演出家もやるというのは「昌に自然の流れ也(まさにしぜんのながれなり)」⇒当に自然のながれなりということで、俳優が高じれば、自らやはり個々の演技にもそれなりのアドバイスやシーンの設定の提案もあって普通なのかと思います。

 人間は寿命で死ぬというより病気で体の一部(部品)が損壊して全体が機能しなくなる(死亡)になります。高齢者で慢性的な病気をもつことは死の淵を渡り歩きはじめることになります。

 健康で長生きをするためにも、病気があればすぐに克服するようにしたいものです。

 ご冥福をお祈りいたします。




訃報>高橋昌也さん83歳=俳優、演出家
毎日新聞 1月22日(水)13時24分配信
 <訃報>高橋昌也さん83歳=俳優、演出家
俳優で演出家の高橋昌也さん

 俳優で演出家の高橋昌也(たかはし・まさや)さんが16日午後5時55分、呼吸不全のため死去した。83歳。葬儀は近親者で営んだ。喪主は妻ちあきさん。

【レクイエム】2013年に亡くなられた主な方々

 東京都出身。1953年、劇団俳優座の舞台「襤褸(ぼろ)と宝石」の主役で初舞台。翌年、劇団新人会設立に参加。その後、劇団四季、文学座、劇団雲を経て、75年に演劇集団円に参加した。

 「動物園物語」のジュリー役など舞台のほか、テレビや映画で活躍。70年代後半からは演出家としての活動に力を入れ、「うしろの正面だあれ」など別役実作品やシェークスピア作品など数多く手がけた。

 87年には銀座セゾン劇場芸術総監督に就任し、99年の閉館まで務めた。96年から黒柳徹子さん主演の「海外コメディーシリーズ」の多くを演出。「幸せの背くらべ」(96年読売演劇大賞演出家賞)、「33の変奏曲」などを手がけた。

 93年に末期食道がんを患い食道を全摘出したが、その後復帰。2000年ごろから再び俳優活動に力を入れ、映画「透光の樹」では05年日本映画批評家大賞助演男優賞。「ディア・ドクター」などにも出演した。

 13年5月には黒柳さんと舞台「ステラとジョーイ」で共演予定だったが、肺炎のため降板。今年3月には東京・六本木の劇場で、黒柳さんの再演舞台「想(おも)い出のカルテット〜もう一度唄(うた)わせて〜」の演出を予定していた。

 年末年始は自宅で元気に過ごしていたが、容体が急変したという。

 ◇芝居で多くのこと教わった

 女優の黒柳徹子さんの話 昌也さんとは60年近いお付き合いで、芝居のことで多くを教えていただいた。25年間に30近い海外コメディーシリーズに出演させていただいた。鋭い演出で、でも、ダメ出しは笑わせながらおっしゃる。私たちが失ったものは本当に大きい。

【関連記事】
佐久間正英さん死去 GLAYなどプロデュース
たかじんさん死去 トミーズ雅沈痛「大阪の宝なくした」 桂文枝「涙止まらない」
大滝詠一さん死去「山下達郎や佐野元春も彼いてこそ」
加藤精三さん死去 「巨人の星」星一徹の声
小野田寛郎さん死去 戦後も比の山中に29年
最終更新:1月22日(水)14時50分毎日新聞
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140122-00000043-mai-soci


【関連する記事】
posted by 管理人B at 18:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。