2014年01月23日

関西の奥座敷「女湯」30分間丸見え…30代・独身女性ら老舗旅館を神戸地裁へ提訴 兵庫・武田尾温泉

 
20140121「女湯」30分間丸見え30代独身女性ら提訴 兵庫・武田尾温泉.jpg

兵庫県西宮市にある武田尾(たけだお)温泉は「関西の奥座敷」ともいわれ、
そのルーツは豊臣時代の武田尾直蔵が薪(まき)を拾いに行った時に発見したともいわれ、そこから現代に引き継がれています。そして水上勉の小説『櫻守』や 山崎豊子の小説『晴着』の舞台ともなっており、創作家を目指す人にとっては一度は行ってみた方がいいともいわれる温泉でもあります。

 その旅館においての浴場において、トラブルが発生していた模様で、その紛争の決着がつかないということで、舞台は裁判に持ち込まれたということです。

 もともと悪いのは、旅館側が本来女湯が見えないような隠しをしておかなければならないのですが、その「隠し」となる簾を下げなかったために、外部から「丸見え」状態となり、それが30分間続いてしまっていたということです。
 
 独身女性でなくても、既婚女性はもちろん、男性でも結局誰でも、本来身につけているはずではないと思い込んで裸になっている状態をどこの誰かわからない人に見られた事を想像してみると、個人差もありますが、とても恐怖を抱きます。

 露天風呂や混浴風呂などのように予め「わかっている」という状態であれば、それなりの覚悟や防御・心理的構えで入浴するわけですから、例え外から見えているというような状態であっても精神的な損失はありませんが、今回の事件においては、単に不特定の人に見られるだけではなく、それがデジカメやデジタルムービーで撮影され、さらにはyoutube(ユーチューブ)のような動画サイトやtwitterなどに投稿されてしまう可能性をかんがえてみれば、非常に苦痛を味わうことになります。


 結局この件をはじめ大抵の事が「覆水盆に返らず」という諺のとおり、もとに戻らないわけですから、「金銭的」な解決をどこかでつけなければならないことになります。



 旅館側は「1万円引きで勘弁してや!」

 という提案でしたが、それを客はうけいれず、
客の方は いや「200万円慰謝料払え」ということで双方とも「被害具合」や「過失」においての解決点が見いだせず裁判となったというところです。
 当方の考えからからすれば、30分丸見えで気がつかないことも多いかと思いますし特に夜間であれば、外からは状況がよく見えても中からは暗くて見えないという状況がつくれます。

  従って1万円では済まない状況かとおもいます。

 しかし200万円の請求が妥当かといえば、かなりの請求額のような気がします。裁判は被害者の被害の原状回復とその苦痛や損失とその(裁判以外の)労力を勘案して、それに事故発生日から利率5%を加えたものが賠償額となりますので、「病気の状況」にもよりますが、最低50万円の判決が妥当なのかと思います。

 よくこういった賠償の査定において「30代独身女性だから金額がやや高くなる」とか「50代の母親は当然金額の価値が低い」、「綺麗だから判決の金額が高い」「美人じゃないから低い」と言われるようなことがありますが、この民事裁判においては「本人の被害度合い」によるものなので、そういったことは「損害額の判断には直ちにあたりません」
 尚、その30代独身女性がananなどの読モ(読者モデル)をやっていたりすれば、もしその時の画像等が流失してしまっていた場合はその方面での金銭的損失もありますが、その時の容姿度ではなく、実際のそこからの収益度(収益予測)が加味されます。





関西の奥座敷「女湯」30分間丸見え…30代・独身女性ら老舗旅館を神戸地裁へ提訴 兵庫・武田尾温泉

関西の奥座敷「女湯」30分間丸見え…30代・独身女性ら老舗旅館提訴 兵庫・武田尾温泉
2014.1.21 02:05 [westナビ]
江戸初期に豊臣方の落ち武者が、まき拾い中に見つけたという武田尾温泉。シンボルともいえる吊り橋「武田尾橋」=兵庫県西宮市

 旅館の女湯が廊下から丸見えになっていたため精神的苦痛を受けたとして、大阪府内の30代の独身女性と50代の母親が、「関西の奥座敷」として知られる武田尾(たけだお)温泉の老舗温泉旅館(兵庫県西宮市)に対し、慰謝料など約200万円の損害賠償を求め、神戸地裁尼崎支部に提訴していたことが20日、分かった。女性らは「盗撮され、インターネットに掲載される恐れもあった。宿泊者に対する義務違反が著しい」と主張している。

30代女性「盗撮、」

 訴状などによると、女性らは昨年8月、家族3人で旅館に1泊予定で訪問。女性と母親が内湯の女湯に午後3時ごろから約30分間、入った。入浴後、女湯の向かいの廊下に歩いて渡ったところ、女湯のガラス窓の外に掛けてあったすだれが外されており、女湯の中が廊下から丸見えになっていたことに気付いたという。

「胃痛、不眠、不安抑鬱状態…」、旅館は「気付かぬまま30分も入浴?」

 女性らの指摘に対し、旅館側は謝罪として宿泊費から1万円値引きすることを申し出たが、女性らは宿泊を取りやめた。女性はその後、胃痛や不眠を訴え、病院で不安抑鬱状態と診断された。女性らの代理人弁護士は「30分もの間、独身女性が入浴姿をさらされていたことは多大な精神的苦痛につながる」としている。

 一方、旅館側は「謝罪など、できる限りの対応はした。女湯が外から見える状況になっていれば、すぐに入浴をやめるはず。約30分間も気づかないまま入浴していたというのは考えられない」とし、争う方針を示している。





【用語解説】武田尾温泉 

 兵庫県西宮市と、隣接の宝塚市にまたがる武庫川渓谷の温泉郷。江戸初期に豊臣方の落ち武者、武田尾直蔵が、まき拾い中に発見したと伝えられ、名前の由来になっている。春の桜や秋の紅葉の美しさでも知られており、水上勉の小説「櫻守」の舞台にもなった。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140121/waf14012102100000-n1.htm
(2014/1/21/MSN産経ニュース)



【関連する記事】
posted by 管理人B at 00:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。