2014年02月04日

復興NPO大雪りばぁねっと元代表岡田栄悟容疑者を逮捕 岩手・山田町補助金を流用容疑

 倒産そして、横領疑惑とされていた、NPO法人(大雪りばぁねっと)の岡田栄悟元代表がついに逮捕されました。震災復興のための大切な資金が私的流用も著しかったので、当然ですが、関係者は怒りに達しているのは無理もありません。

 唯一この主宰を追及できるのは警察の強制捜査なのですが、本人からの賠償の糧になるかわかりません。
いち早く容疑者本人から資金を取り戻すことができればと見ています。



復興NPO大雪りばぁねっと元代表岡田栄悟容疑者を逮捕 岩手・山田町補助金を流用容疑

復興NPO元代表を逮捕 岩手・山田町補助金を流用容疑
2014年2月4日12時14分

 東日本大震災の被災者を緊急雇用する町の補助金を私的に流用したとして、岩手県警は4日、NPO法人「大雪(だいせつ)りばぁねっと。」(北海道旭川市、破産手続き中)の元代表理事、岡田栄悟容疑者を業務上横領の疑いで逮捕した。捜査関係者が明らかにした。

 県警は同日、旭川市内の岡田容疑者宅を捜索。岩手県山田町から受給した補助金12億円余の使途を調べる。

 捜査関係者によると、岡田容疑者は代表理事を務めていた2012年度に山田町からNPOに交付された補助金約7億9千万円のうち、少なくとも3千万円を親族が経営するリース会社に振り込んで、着服した疑いがある。

 町や県の調査では、このNPOが11、12年度に受給した補助金約12億2千万円のうち、約6億7千万円は不適切に支出していたとされる。町は3日に宮古署に告訴状を提出。岡田容疑者は取材に対して、「町にはめられたと思っている」と話し、着服の疑惑を否定していた。
http://www.asahi.com/articles/ASG2434BQG24UJUB002.html
(2014/2/4/朝日新聞)



北海道・旭川のNPO大雪元代表を逮捕 岩手県警、復興補助金横領の疑い(02/04 11:50、02/04 16:04 更新)岩手県警に逮捕され、自宅前から車両に乗せられる岡田栄悟容疑者=4日午前10時30分ごろ、旭川市近文町
岩手県警に逮捕され、自宅前から車両に乗せられる岡田栄悟容疑者=4日午前10時30分ごろ、旭川市近文町
 【旭川】東日本大震災で被災した岩手県山田町から受託した雇用創出事業の巨額な補助金のうち約3千万円を私的に流用したとして、岩手県警は4日、業務上横領の疑いで、旭川市近文町、NPO法人「大雪(だいせつ)りばぁねっと。」(旭川市)=破産手続き中=元代表理事岡田栄悟容疑者(35)を逮捕した。

 県警は同日朝、旭川市内で家宅捜索に着手。岡田容疑者の同市近文町の自宅には午前7時ごろ、県警の捜査員8人が入り、逮捕状を執行の上、容疑者を連れ出して車に乗せた。午後の新千歳発の航空機で岩手県に押送するとみられる。県警は旭川市内の他の関係先も捜索し、複数の関係者から事情を聴いている模様だ。

 逮捕容疑は、大雪が山田町と雇用創出事業の委託契約を結んでいた2012年度、受け取った補助金のうち約3千万円を、岡田容疑者の縁戚が代表を務める旭川市内のリース会社に横流しした疑い。

 関係者によると、この会社は12年9月に設立され、3千万円はその直後に大雪から「密漁監視機材のリース費」名目で支払われた。しかし、岩手県の調査では契約書や明細書などは一切残されておらず、県はこの支出を不適切と認定している。

 法人登記簿によると、会社の本店は旭川市旭岡のアパートの大雪が賃借する一室に置かれ、資本金は10万円。役員には岡田容疑者の縁戚1人が「代表取締役」として記載されている。商号を示す表札や看板は掲げられておらず、ほぼ運営実績はないとみられる。<北海道新聞2月4日夕刊掲載>



【関連する記事】
posted by 管理人B at 18:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。