2014年02月09日

都心で積雪27センチ 記録的大雪〜報道により、20年ぶりの大雪とも言われ。

20140208大雪_首都圏で記録的…都心積雪27センチ、戦後3番目.jpg



 昨年(2013年1月14日(日))も都心などの関東地方で大雪となり、都心の積雪は8センチともなりました。今年の2月8日はそれに匹敵する積雪ともいわれていました。しかしそれを大幅に上回る積雪となり、時間での報道が違いますが13年ぶり(1998年以来)とか20年ぶり、45年ぶり以来などと報じるところもあり、とにかく近年にない記録的大雪となりました。

 東京都内(都区内)では駐車場の料金が20000円以上と高額なところも多いため、自動車を所有しない人もおおいです。さらに所有している人も滅多に雪に出くわすことがないため使用頻度の低い人はスタッドレスタイヤを所有していない事も多いです。

 大きい道路では凍結しないような対策をとっていたり車の通りも激しいため、道路の復旧も早いです。その一方路地などにおいては、雪が何日も残ることになりその雪が固まってしまうこともしばしばです。
 車の運転には充分に気をつけなければなりません。

 雪の降り方や量を年々見てみると、夏冬の寒暖の差が激しくなっていることに気がつきます。今年はもう何回か大雪の可能性があるかと思いますが来年はもっと大きな雪に見舞われるのではと懸念しています。





都心で積雪27センチ 記録的大雪〜報道により、20年ぶりの大雪とも言われ。
2月9日 0時02分

都心で積雪27センチ 記録的大雪
発達中の低気圧の影響で、関東甲信地方で記録的な大雪となり、東京の都心では積雪が27センチに達しました。
関東甲信の雪は次第に弱まっていますが東北の太平洋側では9日も雪が降り続き風の強い状態が続く見込みで、気象庁は路面の凍結や交通への影響に十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、発達中の低気圧の影響で、8日から太平洋側を中心に雪が降り続き関東甲信地方では記録的な大雪となっています。
8日午後11時の積雪は、▽千葉市で31センチと昭和41年に観測を始めてから最も多くなったほか、▽東京の都心で27センチと20年ぶりに20センチを超えました。
このほか▽長野県松本市で48センチ、▽甲府市と埼玉県熊谷市で43センチ、▽前橋市で31センチ、▽福島市で28センチ、▽仙台市で23センチなどとなっています。
また風が強まっていて、8日午後11時前に▽千葉県銚子市で35.5メートルの最大瞬間風速を観測したほか▽午後10時すぎに水戸市で21.5メートル、▽東京の都心で19.6メートルの最大瞬間風速を観測しました。
低気圧は発達しながら三陸沖に進んでいるため、関東甲信では雪は次第に弱まっていますが、東北の太平洋側では9日夜にかけて雪が降り続く見込みです。
9日夕方までに降る雪の量はいずれも多いところで東北の太平洋側の山沿いで50センチ、東北の太平洋側北部の平地で40センチ太平洋側南部の平地で30センチと予想されています。
また、風の強い状態は関東では朝にかけて東北では9日夜にかけて続く見通しで、▽最大風速は関東の陸上で25メートル、東北の陸上で15メートル、▽最大瞬間風速は30メートルから35メートルに達すると予想されています。
東海と関東、それに東北の太平洋沿岸は大しけになる見込みです。
東日本や北日本では朝は冷え込むため、気象庁は路面の凍結や吹雪による交通への影響に十分注意するよう呼びかけています。
また、記録的な大雪となった関東地方では日中は晴れて気温が10度前後まで上がる見込みで、屋根からの落雪にも十分注意するよう呼びかけています。

[関連ニュース]
  自動検索
・ 都心の積雪22センチに (2月8日 19時52分)

・ 都心の積雪 10センチに (2月8日 15時55分)

・ 平野部まとまった積雪のおそれ (2月7日 23時47分)

・ 気象庁 東京は去年1月上回る大雪のおそれ (2月7日 17時54分)

・ 東京都心 去年1月に匹敵する大雪のおそれ (2月7日 14時53分)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140209/k10015126421000.html
(2014/2/9/NHK)



大雪:首都圏で記録的…都心積雪27センチ、戦後3番目
毎日新聞 2014年02月08日 20時50分(最終更新 02月08日 23時18分)

雪が積もった歩道=東京都新宿区で2014年2月8日午後7時半、小関勉撮影
雪が積もった歩道=東京都新宿区で2014年2月8日午後7時半、小関勉撮影
拡大写真
 本州の南海上で低気圧が急速に発達しながら北東に進んだ8日、日本列島各地は激しい雪と風で大荒れの一日となった。2001年1月以来の大雪警報が出された東京都心は午後11時に積雪が27センチに達し、1994年2月以来20年ぶりに20センチを超えた。雪道での転倒や車のスリップ事故で多くのけが人も出た。首都圏のJR新幹線・在来線や私鉄各線は運休や大幅な遅れが終日続き、羽田、成田空港発着の空の便も午後は大半が欠航となった。

 気象庁によると、西日本では7日から8日朝に激しい雪となり、鳥取県大山町で195センチの積雪を観測。関東甲信では低気圧の接近に伴って8日午後から雪が激しさを増し、午後9時現在の24時間降雪量は▽山梨県富士河口湖町60センチ▽長野県松本市49センチ▽甲府市41センチ−−など各地で大雪となった。太平洋沿岸部を中心に風も強く、千葉県銚子市で最大風速25.7メートルを記録した。

 東京都知事選の選挙戦最終日となった都内では、都心の最低気温が今季最低の氷点下0.9度を記録。日中もほとんど気温が上がらず、夜にかけて横殴りの激しい吹雪となった。

 都心の積雪27センチは、51年2月の33センチ、54年1月と69年3月の30センチに次ぐ戦後3番目の記録。午後9時現在、首都圏では他に埼玉県熊谷市で36センチ、千葉市で30センチ(観測史上1位)、横浜市で16センチの積雪を観測した。

 気象庁は島しょ部を除く東京都や埼玉、神奈川両県の全域、千葉県の一部などに大雪警報を出し、外出を控えるよう呼びかけた。大雪と強風のため、東京スカイツリー(東京都墨田区)が展望台の営業を中止するなど、観光施設の休業やイベントの中止も相次いだ。

 低気圧は9日には三陸沖まで北上し、関東甲信の天気は次第に回復する見込みだが、東北では引き続き大雪への警戒が必要だ。東北太平洋側で9日午後6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で山沿いが50センチ、平地が30〜40センチ。

 毎日新聞の午後9時現在のまとめでは、関東地方1都6県で312人が負傷、うち少なくとも14人が骨折など重傷を負った。このうち雪に慣れていない都内では路上で転倒するなどして50人が負傷した。
この他、山梨県でも21人がけが。長野県安曇野市のJR大糸線では、踏切で立ち往生していたトラックに列車が衝突し、男性運転手が死亡。県警は雪が原因の可能性があるとみて調べている。共同通信によると、全国の負傷者は400人以上。【夫彰子】
http://mainichi.jp/select/news/20140209k0000m040056000c2.html
(2014/2/8/毎日新聞)


東京は20年ぶりの大雪、このあと大雪の中心は北へ (中谷雪乃)
投稿日: 2014年02月08日 22時42分
もっと見る
20年ぶり 大雪, 大雪, 大雪警報, 天気, 天気予報, 東京 大雪, 東京 大雪警報, 東京 雪, 東北 大雪, 横浜 大雪, 横浜 雪, 気象情報, 積雪, 関東, 関東 大雪, 関東 雪, 雪, ニュース

34
18

0
0
メルマガ登録:
メルマガ登録
8日午後8時現在の東京都心の積雪は25センチで、20年ぶりの20センチ台になりました。関東甲信地方の広い範囲で大雪になっており、交通機関にも大きな影響が出ています。このあと大雪の中心は東北の太平洋側へと移るでしょう。9日の日中には関東甲信の雪はやみますが、路面凍結に注意が必要です。

tenki
雪に埋もれる自転車(8日夕方、甲府市街地)


■ 大雪の中心は次第に東北へ

関東甲信は大雪になっています。

8日午後8時現在の積雪は東京都心で25センチ。20センチ台は1994年の23センチ以来、20年ぶりです。甲府で39センチ、千葉で26センチ(観測開始以来1位タイ)、横浜は16センチでした。関東甲信の雪はピークを越えつつありますが、9日の明け方まで雪が降り、積雪はさらに増えるでしょう。

このあとは大雪の中心は東北へと移り、東北の太平洋側は9日夜遅くにかけて、大雪や暴風雪に警戒が必要です。

<9日18時までの24時間に予想される降雪量(多い所)>
東北 山沿い50センチ、平地40センチ
関東 山沿い30センチ、平地20センチ(東京20センチ、神奈川県東部15センチ)
甲信 15センチ

また、関東では9日昼前にかけて、東北の太平洋側では9日夜のはじめ頃にかけて、海上を中心に非常に強い風が吹くでしょう。特に関東地方の海上では、8日夜遅くから9日明け方にかけて猛烈な風が吹き、海上は猛烈にしける見込みです。

<9日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)>
関東甲信 陸上25メートル(35メートル)
東海 陸上18メートル(30メートル)
東北 陸上15メートル(30メートル)
雪がやんでも路面凍結に注意

関東では、9日の日中は大体晴れる見込み。気温は10度くらいまで上がりますが、大雪になっているため解けにくく、日陰では雪が残りそうです。引き続き足元にご注意ください。

(2014年2月8日 20時30分)

【関連リンク】
・関東は16年ぶりの大雪、今夜は暴風も
・都心は20年ぶりに正午の気温が氷点下 積雪は8センチに

2013-12-29-small.jpg 
中谷雪乃 気象予報士 防災士 高知で育ちました。 休みの日はゆっくりしていることが多いですが、テニスやバスケ、フットサルなどスポーツもします。あと、よさこい踊り。 予報士としてたくさん勉強して、皆さんがどんなことが知りたいか想像力を働かせて、気象情報を伝えていきたいと思います。
http://www.huffingtonpost.jp/tenkijp/weather-heavy-snow-tokyo_b_4750873.html#slide=3404258



posted by 管理人B at 02:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 気象(天気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。