2014年02月12日

有料老人ホーム・訪問介護運営会社「エルダーホームケア」(神奈川県鎌倉市)が東京地裁に破産申請- 負債総額は約6億5000万円〜敗因は不動産関係からなのか。

 神奈川県鎌倉市を拠点に有料老人ホームやその他訪問介護を運営する「エルダーホームケア」(神奈川県鎌倉市笛田4-1-36)がこの度、東京地裁に破産を申請(自己破産)したとのことです。負債総額は約6億5000万円です。
 破産ということなのでその運営者(運営会社)自体は閉鎖して破産管財人の下で清算となります。一方現行の老人ホームは福岡県福岡市の同業者である創生事業団がスポンサーとして事業の譲り受けの意思表示をしているもようなので、事業譲渡が決まればそのまま運営を継続される可能性は充分にありえます。


 ところで今回の倒産(破産)は「有料老人ホーム」の運営ということなのですが、よく言われている「特別養護老人ホーム」とは運営の形態や目的が異なります。

 「特別養護老人ホーム」となれば、介護保険法に基づくもので、入居者においては、単に「高齢者」だけでは入居できず、介護保険法に基づく要介護認定(要介護1〜要介護5;数字が高くなるほど介護の必要度・困難度が高くなる)をされた人を対象にしたものとなっています。その財源は介護保険法に基づき実際にかかった費用の9割は介護保険より給付で残りの1割は自己負担ということになっています。

 一方の「有料老人ホーム」というのは、高齢者向けの生活サポートなどの機能を併せ持った住宅で、それぞれ老人ホームの運営事業者の決まりなどにもよりますが、お金さえ出せる「高齢者」であれば誰でも入居できるような仕組みであり、民間の業者運営が大勢を占めています。ですから「介護」とは直接は関係ないということになります。しかし、「特別養護老人ホーム」の入居費用が低価格で常時入居となる場合もショートステイ(1日や2日だけの利用)の単なる倍数分の費用を支払うだけなので、応募者が非常に高く「待ち」の状態が長くづづいている状況です。そういった「待機者」も溢れているため、「有料老人ホーム」においても介護サービスを付与している事業者も多いのが現状です。「介護」の需要が多いから、「有料老人ホーム」においてはオプションをいろいろ付けてサービスを提供しているため入居者の負担額は非常に大きくなっています。

 今回破産した会社は有料老人ホームをも運営する「介護事業者」です。
よく「介護」業界は、きつい割には給与などの賃金が安いということが定説になっています。現在の求人状況も「介護」の人気がとても少ないのが現状です。
 それは、「介護」運営の財源の基本が「介護保険」によるものが多く、報酬等も介護段階や貸与用具などで細かく決まっており、運営としては決して楽なものではありません。したがって、ちょっとサービス(ご奉仕)を多くしたり、しようとなれば、人件費の支出に直ちに響き、結局のところ「節約、節約」の運営を強いられる状況が、今の介護業界の現状です。

 けれども、「有料老人ホーム」ということであれば、介護とは関係のないオプションをつけても需要はある程度あるため、企業としての運営はそこに利潤を発生させる仕組みをつくることが可能となります。
 
 今回破産した要因は定かではありませんが、「老人ホーム」はその名の通り不動産の取得や建築・運営管理という「不動産会社」同様のスキルが求められるため、投資的(ギャンブル的)な要素が経営の中に必然的に生じてしまった可能性も考えられます。いうなれば住宅取得のためにかかったローンなどが売上減少のためその後において首を絞める形になったことも大きな要因なのかと推察されます。

 事業所が早く正常な運営に戻る事をお祈りいたします。





有料老人ホーム・訪問介護運営会社「エルダーホームケア」(神奈川県鎌倉市)が東京地裁に破産申請- 負債総額は約6億5000万円〜敗因は不動産関係からなのか。



鎌倉の有料老人ホーム運営会社が破産申請- 負債総額は約6億5000万円
 
 有料老人ホームや訪問介護事業所などの運営などを手掛ける「エルダーホームケア」(神奈川県鎌倉市)が、東京地裁に破産を申請した。事業は同業者が継続する見込みで、各事業所の営業は継続している。【ただ正芳】 

 東京商工リサーチによると、負債総額は約6億5000万円。「エルダーホームケア」は、介護付有料老人ホーム2棟と住宅型有料老人ホーム4棟、通所介護事業所5か所、訪問介護事業所3か所を運営している。2011年3月期には売り上げ5億2800万円を計上したが、その後、業績が悪化し、回復の見通しが立たなくなったことから、今回の申請に至った。
 
 今後の同社の事業については、有料老人ホームや通所介護事業所を運営する創生事業団(福岡市)が譲り受ける意向を示している。

他院と「差がつく」経営情報を。
【医療経営CBnewsマネジメント】創刊1周年キャンペーンはこちら
【関連記事】
不良未収金、ゼロからの対策(4) - 対策には院内の意思統一が不可欠
医療“裏”経済学入門(3) - 闇勢力は今も・象徴的な2つのケース
介護事業者の倒産、昨年は過去最多の54件 - 前年比6割増、商工リサーチ
羽田共生病院運営の赤仁会に破産開始決定 - 東京・大田区
GHなど運営会社に破産開始決定 - 新潟・負債総額は約1億5000万円
( 2014年02月10日 17:28 )
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/42029.html
(2014/2/10/医療介護キャリアブレイン)


(参考)
鎌倉の有料老人ホーム・住宅型老人ホーム|エルダーホームケア

会社概要
称 号 株式会社 エルダーホームケア
所在地 〒248-0027 神奈川県鎌倉市笛田4-1-36
電 話 0467-38-1251
設 立 平成14年4月5日
資本金 3,000万円
代表取締役 寒河江 清
従業員数 180人
事業所
・介護付有料老人ホーム エルダーホームケア町田
・住宅型有料老人ホーム エルダーホームケア西鎌倉
・介護付有料老人ホーム エルダーホームケア上大岡
・住宅型有料老人ホーム エルダーホームケア鎌倉
・住宅型有料老人ホーム エルダーホームケア藤沢
・住宅型有料老人ホーム エルダーホームケア三ツ池
・デイサービス デイ鎌倉(西鎌倉施設内)
・デイサービス デイ鶴見
・デイサービス デイ柄沢
・デイサービス デイ古都里
・デイサービス デイ古都里・大船
・訪問介護事業所 エルダーホームケア横浜
・訪問介護事業所 エルダーホームケア鎌倉
・訪問介護事業所 エルダーホームケア藤沢
寒河江 清(さがえ きよし)


昭和41年 東京生まれ
専門学校を卒業後、建築会社勤務。
数々の介護施設の設計・プロデュースに参加。
平成14年に独立し(梶jエルダーホームケアを設立。
施設や設備を豪華にする事よりも、
「利用者様とケアスタッフが本当の家族のような
関係を築く事」を目指している。
 お問い合わせ【総合事務所】電話:0467-38-1251
FAX:0467-38-0257
info@elder-homecare.co.jp
有料老人ホーム(施設のご案内)
デイサービス
えるだーの介護日記
会社概要
資料請求
ホーム|スタッフ募集|事業用地募集|個人情報保護方針|リンク|お問い合わせ
http://www.elder-homecare.co.jp/company/index.html
(2014/2/12/現在の 株式会社エルダーケアの会社概要HP)




【関連する記事】
posted by 管理人B at 17:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。