2014年02月16日

天気:関東各地で記録的積雪 東京都心で25センチ、山梨県甲府市ではなんと101センチ

先週の土日に引き続き関東甲信越地方では、記録的な大雪に見舞われました。
今週は金土と大雪となりましたが、多くのところで車がエンコしたり、東急東横線で雪による元住吉駅における追突脱線事故なども多かったです。今週の大雪は夏でいう「台風」もしくは「爆弾低気圧」に近いもので、雪の降雪量が多く強風や暴風もあるものです。


天気:関東各地で記録的積雪 東京都心で25センチ、山梨県甲府市ではなんと101センチ


天気:関東各地で記録的積雪 東京都心で25センチも
毎日新聞 2014年02月15日 05時28分(最終更新 02月15日 06時16分)

深夜になって積雪が増した東京都心=東京都千代田区で2014年2月15日1時49分、小座野容斉撮影

拡大写真
 東海道沖を前線を伴った低気圧が発達しながら北東に進んでおり、15日は関東甲信地方を通過し、16日には三陸沖を北上する見込み。東日本では依然、雪が降っており、関東甲信地方は15日、東北地方は16日にかけて大雪の予報が出ている。東日本や北日本では非常に強い風が吹き、海は大しけになりそうで、気象庁は大雪や暴風雪、高波に警戒を呼びかけている。

 甲府、山梨県河口湖、埼玉県熊谷、秩父、前橋で積雪の深さが観測史上1位の値を更新するなど、記録的な大雪となっており、15日午前4時の主な地点の積雪の深さは、河口湖126センチ、甲府101センチ、群馬県草津98センチ、秩父82センチ、前橋54センチ、東京都千代田区・横浜市25センチ、千葉市12センチ−−などとなっている。関東地方の平野部の雪は次第に雨に変わってきているが、甲信地方や関東地方の山沿いでは引き続き大雪となる見込みで、16日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で、甲信地方と関東地方北部の山沿い60センチ、関東地方北部の平野部10センチ、関東地方南部20センチ−−。

 また、関東地方や伊豆諸島では、15日昼前にかけて、雷を伴って1時間に30ミリ以上の激しい雨が降り、大雨となる所がある。16日午前6時までの24時間に予想される降水量は、いずれも多い所で、関東地方の沿岸部100ミリ、伊豆諸島70ミリとなっている。

 また、16日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、東北地方陸上20メートル(35メートル)、海上26メートル(40メートル)▽関東地方陸上18メートル(30メートル)、海上23メートル(35メートル)▽北陸地方陸上20メートル(35メートル)、海上23メートル(35メートル)▽東海地方陸上15メートル(30メートル)、海上23メートル(35メートル)。予想される波の高さは東北太平洋側、関東地方7メートル、北陸地方、東海地方6メートルになっている。

関連記事

【関東の大雪、深夜に激しく…】写真でみる各地の積雪
【雪でダイヤが乱れ…】東横線:電車が追突し脱線、約20人軽傷 川崎・元住吉駅
<積雪の重み?>アーケード屋根崩れる 東京・八王子
<大雪の影響で>甲府で雪崩 車4台巻き込まれる
<きょう、あすの全国の天気>
<お出かけの際はご注意を>最新の鉄道運行情報
http://mainichi.jp/select/news/20140215k0000e040220000c.html
(2014/2/15/毎日新聞)








今週も列島大雪、混乱再び…2人死亡、けが570人





列島大雪、混乱再び…2人死亡、けが570人
列島大雪、混乱再び 雪降り続く横浜市
雪が降り続く中、足元に注意しながら歩く人たち 
Photo By 共同 
 日本列島は14日、発達中の低気圧の影響で、西日本から東日本の各地で先週末に続き大雪となった。午後は首都圏を含む関東南部の平野部で雪が強まり、横浜市で22センチ、東京都心(大手町)で13センチの積雪を観測した。先週の雪が残る甲府市では1894年からの観測史上最多の76センチに達し、1998年1月の49センチを大幅に上回った。

 交通は混乱し、雪の影響とみられる事故も相次いだ。共同通信の集計では滋賀、大分両県で2人が死亡、転倒やスリップ事故などによる重軽傷者は全国で570人に上った。気象庁は東京23区を含む関東甲信の各地に大雪警報を発表、警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、日中には奈良市で観測史上4番目の15センチ、名古屋市7センチ、大阪市4センチを記録。徳島市や高松市でも積もった。西日本は午後にはピークを越え、徐々に弱まり気温も上昇した。関東南部では15日朝にかけて雨に変わる見通し。

 空の便は羽田発着を中心に欠航、新幹線や在来線も遅延や運休が相次いだ。高速道路の通行止めは九州から関東甲信へと広がった。都内など一部の大学では入学試験の開始時刻を繰り下げた。

 先週末と同様、「南岸低気圧」が15日にかけて急速に発達しながら日本の南海上を進む。東北の太平洋側では15日から16日にかけて平野部でも大雪になる恐れがある。

 15日夕までの24時間予想降雪量は、山地を中心に多い所で東北、関東甲信60センチ、東海50センチ。東日本で15日にかけて、東北で15日から16日まで太平洋側の沿岸部を中心に非常に強い風が吹き、海は大しけとなる見込みだ。
[ 2014年2月14日 23:01 ]


posted by 管理人B at 04:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気象(天気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。