2014年02月18日

自動車用シート製造の東洋物産、破産へ 代表権乗っ取られて混乱〜なぜ社内クーデターが起きたのか要因が気になるところ。

  「自動車用シート」とは、自動車の座席のことを指しています。今回倒産となった会社は、東洋物産という自動車シートを製造している会社です。破産申請(自己破産)を今週中にも行う見込みです。負債総額は約15億円を予定しています。

 直接の倒産(破産)の原因は売上悪化により利益が薄くなり、借金が返済できないのかもしくは、社内クーデターにより会社の正確な情報が改ざんされ、取引金融機関や取引先の信用を失った(つまり、融資を継続されなかたり、取引を断られたり)ということで資金がショートしたという結果なのかもしれません。

 


自動車用シート製造の東洋物産、破産へ 代表権乗っ取られて混乱〜なぜ社内クーデターが起きたのか要因が気になるところ。




自動車用シート製造の東洋物産、破産へ 代表権乗っ取られて混乱
2014.2.17 21:02
 東京商工リサーチ横浜支店は17日、自動車用シート製造の「東洋物産」(横浜市南区)が1月31日に事業を停止し、今週中にも破産申請をする見込みだと発表した。負債総額は約15億円。昨年、代表権をめぐるトラブルが発生したことが原因となったという。

 同支店によると、同社は昨年5月、自称公認会計士を中心としたメンバーが、実際は株主総会を開いていないにもかかわらず、株主総会の議事録を虚偽記載したり、代表辞任届を偽造したりして、当時社長の山田雄彦氏らを辞任に追い込んで同社を乗っ取った。

 山田氏らは代表権を取り戻すために横浜地裁に仮処分の申請を行い、同地裁は7月に同社を乗っ取った社長や役員の職務執行の停止を決定。9月には山田氏が副社長に就任するなどして混乱前の経営体制に戻したが、取引金融機関や取引先の信用を失い、経営再建が難しくなった。

 同社は昭和44年設立。トヨタ自動車や日産自動車など大手自動車メーカー向けに自動車用シートを納めてきた。約10年前には年商67億円を上げていたが、リーマン・ショックや自動車各社の海外生産シフトが響き、平成24年4月期には年商19億円まで落ち込んでいた。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/140217/kng14021721040002-n1.htm
(2014/2/17/MSN産経ニュース)



【関連する記事】
posted by 管理人B at 06:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。