2014年03月01日

ビットコインのマウントゴックス 倒産(民事再生法の適用を申請)〜再生法は債務者が続投するため、経営内容を隠すための隠れ蓑に使われることが多い。

 


 20140228ビットコインのマウントゴックス 再生法申請NHK枠.jpg推察されていた結果ですが、マウントゴックスが倒産(民事再生法の適用申請)
という運びになりました。


  利用者がこの会社に預けたとされる現金も最大28億円不足というのは、サイバー攻撃とは関係ないような部分もある気がしますが、これがとても気になります。
20140228マウントゴックス 現金最大28億不足テロップNHK枠.jpg


ビットコインのマウントゴックス 倒産(民事再生法の適用を申請)〜再生法は債務者が続投するため、経営内容を隠すための隠れ蓑に使われることが多い。

ビットコインのマウントゴックス 再生法申請
2月28日 20時39分

ビットコインのマウントゴックス 再生法申請
インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の東京にある取引仲介会社「マウントゴックス」が経営破綻し、28日、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請し、受理されました。
システムの不具合を悪用した不正なアクセスによって、利用者が預けていたビットコインなどがなくなったとしています。

民事再生法の適用を申請したのは、インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の大手取引仲介会社で東京・渋谷区にある「マウントゴックス」です。
発表によりますと、マウントゴックスは、今月初めごろ、システムの不具合を悪用した不正なアクセスがあり、正確な状況はまだ把握できないとしながらも、その後の調査で、利用者が会社に預けているおよそ75万のビットコインや、会社自身が保有するおよそ10万のビットコインのほぼすべてがなくなっていることが分かったということです。
失ったとされる85万ビットコインは、主要な取引仲介会社の価格で換算した場合、およそ470億円に相当しますが、会社側の説明によると、マウントゴックスでは、取り引き停止の前に価格が下落したため、およそ114億円に相当するとしています。
さらに、利用者が会社に預けている現金についても、最大でおよそ28億円が不足しているとしています。
マウントゴックスのマルク・カルプレスCEOは記者会見で、「システムの弱いところがあり、そのせいでご迷惑をおかけして本当に申し訳ございません」と述べ、謝罪しました。
マウントゴックスの債権者は現時点でおよそ12万7000人おり、このうちの大半が海外の利用者で、日本人の利用者は全体の1%に満たないということです。
会社側では、今後、原因の解明などを急ぐとともに、スポンサーを募ったり、経営陣を刷新したりして取り引きの再開を目指すとしています。
マウントゴックスは、利用者の口座が国の内外で110万を超えるとしていた取引仲介会社の大手ですが、2月、システムの不具合を理由に一部の取り引きを停止し、26日からは「利用者とサイトを守るため」などとして、すべての取り引きを停止していました。
ビットコインは、世界的に利用が拡大する一方、国の信用の裏付けがないうえ、一般の預金などと違って利用者を保護する仕組みがなく、大手の仲介会社の破綻はビットコインのもろさを浮き彫りにした形です。

「マウントゴックス」とは
「マウントゴックス」は、東京・渋谷にあるビットコインの取引仲介会社です。
「マウントゴックス」の利用者の口座数は国内外で110万を超え、世界有数の取引仲介会社だとしていました。
しかし今月7日にシステムの不具合を理由に一部の取引を停止したあと、おとといには「サイトと利用者の保護のため、当面、すべての取引を停止する」と発表し、すべての取り引きができなくなっていました。
このため利用者が会社に預けているビットコインを使うことや、現金を引き出すことができない事態となっていました。

日本人の利用者は1%未満
会社側によりますと、現時点で、マウントゴックスの債権者は、利用者を中心におよそ12万7000人いるということで、このうち大半が海外の利用者で、日本人は全体の1%に満たないということです。
利用者のうち、会社側が連絡先を把握できる人に対しては民事再生手続きの中で、今後、裁判所から通知が送られる見通しで、それに従って債権者としての届け出を出してほしいとしています。
また、通知が来ない利用者は会社側に連絡してほしいとしています。
会社側では、コールセンターを設けて問い合わせに対応するとしており、受付時間は月曜日から金曜日までの午前10時から午後5時まで、電話番号は、03−4588−3921となっています。

[関連ニュース]
  自動検索
・ “ビットコイン” 海外でも波紋広がる (3月1日 7時11分)

・ “ビットコイン” 相談あれば捜査検討 (3月1日 5時55分)

・ マウントゴックス破綻 原因究明焦点に (3月1日 4時09分)

・ ビットコインの相場が急落 (2月28日 22時06分)

・ ビットコイン実態把握へ 関係省庁で協議 (2月28日 11時10分)

[関連リンク]
◇  仮想通貨 VS 国家 ビットコインの衝撃 クローズアップ現代 (1月21日)
◇  クローズアップ現代 仮想通貨 VS 国家 ビットコインの衝撃 NHKオンデマンド (1月21日)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140228/t10015620821000.html
(2014/2/28/NHK)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 23:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。