2014年03月07日

日本振興銀行関連のレオアセットマネジメント株式会社など2社(旧商号:中小企業不動産機構) 東京地裁より特別清算開始決定受ける負債総額約103億5700万円

日本振興銀行関連の会社でレオアセットマネジメント株式会社とミナトホテルマネジメント株式会社の2社が2月25日に東京地裁より特別清算手続き開始決定を受けました。負債総額は約103億5700万円になります。この先債権届けなどで変動する可能性があります。

 レオアセットマネジメントは「不動産アセットマネジメント」つまり、他人からお金を集めて不動産を取得してその運用益を分配するという事業となります。
 銀行からの融資は日本振興銀行ということになります。

 そしてミナトホテルマネジメントはホテルをレオアセットの事業の他にホテル事業を運営していたということです。これも銀行からの融資は日本振興銀行となります。

 これらの会社は日本振興銀行に債務(つまり借金)があるとのことです。しかし、本家本元の日本振興銀行は民事再生法となっているので、日本振興銀行の債権はこれらの2社にも取立てをするということになります。

 しかし、これらの2社も運営がうまくいかないので事業閉鎖に伴う私的整理をしようとしましたが、「債務超過」ともなってしまっているので、債権者の合意を得た後、裁判所を挟む倒産処理「特別清算」ということになったようです。








日本振興銀行関連のレオアセットマネジメント株式会社など2社(旧商号:中小企業不動産機構)
東京地裁より特別清算開始決定受ける負債総額約103億5700万円




倒産・動向記事

2014/03/06(木) 不動産アセットマネジメント、不動産担保融資保証
日本振興銀行関連
レオアセットマネジメント株式会社など2社(旧商号:中小企業不動産機構)
特別清算開始決定受ける
TDB企業コード:960071564
「東京」 レオアセットマネジメント(株)(旧商号:中小企業不動産機構(株)、資本金5000万円、登記面=港区赤坂4-2-8、代表清算人清水克敏氏)と、ミナトホテルマネジメント(株)(旧商号:SME不動産販売(株)、資本金2000万円、登記面=同所、同代表清算人)の2社は、2月25日に東京地裁より特別清算開始決定を受けた。

 レオアセットマネジメント(株)は、2008年(平成20年)12月に中小企業不動産機構(株)の商号で設立。不動産ファンドなどのアセットマネジメント事業のほか、日本振興銀行(株)の融資案件で不動産担保融資の保証業務を手がけていた。 

 しかし、2010年9月に当社の資金調達先である日本振興銀行(株)が民事再生法の適用を申請。これに伴い当社が同行に対して有していた債務は別会社に移管されていた。その後、2010年8月に現商号に変更、大口債権者による清算スキームのなかで、2014年1月23日開催の株主総会の決議により解散していた。 

 ミナトホテルマネジメント(株)は、2009年(平成21年)3月にSME不動産販売(株)の商号で設立。不動産アセットマネジメント事業やホテルのマネジメント業務を手がけていたが、同様の理由で、2012年9月に現商号に変更の後、2014年1月23日開催の株主総会の決議により解散していた。 

 負債は、レオアセットマネジメント(株)が2012年10月末時点で約65億4800万円、ミナトホテルマネジメント(株)が2012年10月末時点で約38億900万円、2社合計で約103億5700万円。ただし、その後に変動している可能性がある。
http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/3891.html
(2014/3/6/帝国データバンク)







[東京] 不動産コンサルティング
レオアセットマネジメント(株)ほか1社
特別清算開始決定負債総額約103億5600万円

公開日付:2014.03.06
〜旧:日本振興銀行関連〜
 レオアセットマネジメント(株)(旧:中小企業不動産機構(株)、TSR企業コード:297771256、港区赤坂4−2−8、設立平成20年12月、資本金5000万円、代表清算人:清水克敏氏)とミナトホテルマネジメント(株)(旧:SME不動産販売(株)、TSR企業コード:297880624、同所、設立平成21年3月26日、資本金2000万円、代表清算人:同氏)は2月25日、東京地裁から特別清算開始決定を受けた。
 負債はレオアセットマネジメントが約65億4800万円、ミナトホテルマネジメントが約38億800万円(いずれも平成24年10月期決算時点)だが、以降の負債額は変動している可能性がある。
 レオアセットマネジメントは日本振興銀行(株)(TSR企業コード:299000370、千代田区、現:日本振興清算(株))が主導していた「中小企業振興ネットワーク」の1社。日本振興銀行をはじめ中小企業振興ネットワーク加盟企業を中心に各種不動産コンサルティングを行い、平成21年10月期に年商約15億円を計上していた。
 しかし、日本振興銀行が平成22年9月、東京地裁に民事再生法の適用を申請。また、NISグループ(株)(TSR企業コード:820039535、東京都港区)が24年5月に民事再生法の適用を申請したことで約15億9900万円の焦付きが発生し、資金繰りはさらに悪化した。
 24年8月に中小企業不動産機構(株)から現商号に変更したが、事業運営は順調とはいかず26年1月23日、株主総会の決議により解散し、清算の処理を進めていた。
 ミナトホテルマネジメントは21年3月、SME不動産販売(株)として設立。ホテルのマネジメント業務などを行っていたが、24年9月に現商号に変更後、同社も26年1月23日、株主総会の決議により解散し、清算の処理を進めていた。
http://www.tsr-net.co.jp/news/tsr/20140306_01.html
(2014/3/6/東京商工リサーチ)



レオアセットマ旧:中小企業不動産機構(株)のレオアセットマネジメント、(株)ミナトホテルマネジメント(株)/特別清算ネジメント(株)ミ ナトホテルマネジメント(株)/特別清算開始決定
   
 
破綻した日本振興銀行系のレオアセットマネジメント(株)(東京都港区赤坂4−2−8、代表清算人:清水克敏)と旧:SME不動産販売(株)のミナトホテルマネジメント(株)(同、同)は2月25日、東京地方裁判所において、特別清算の開始決定を受けた。

負債額は約レオアセットマネジメントが約65億円、ミナトホテルマネジメントが約38億万円の計103億円。

日本振興銀行機構の名を使い、国の機関であるかのような誤魔化し営業をしながら、最後は最強最悪の高利貸しSFCGとくっ付き、ともに粉飾でつぶれ、日本振興銀行傘下の機構と名のついた企業群もほとんど破綻していった。

日本振興銀行の創業者木村と竹中平蔵はお友達で、異例の速さで「銀行」進出の承認が下りた。今でも竹中平蔵がTVに出たりするが虫唾が走る。

事件番号は平成26年(ヒ)第2011号、平成26年(ヒ)第1001号。
http://n-seikei.jp/2014/03/post-20707.html
(2014/3/6/JC-NET)



 



【関連する記事】
posted by 管理人B at 05:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(その他不動産会社) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。