2014年03月13日

中国専門の中堅旅行社「日中文化事業社」が破産 、反日運動で取扱い減少、負債総額8000万円

 中国(中華人民共和国)の旅行を専門に扱う旅行代理店「日中文化事業社」が3月5日に東京地裁から破産手続き開始決定を受けていたことがわかりました。負債総額は8000万円とのことです。

 売上が大幅に減った要因としては、最近の日中関係の悪化で、必然的にも中国への旅行者が減った事のようです。また中国も以前は右肩上がりの経済成長を遂げていたので、その勢いで旅行者も増えていたのですが、先の2008年のリーマンショックや最近のシャドウバンキングなどの経済破綻の恐れも懸念されていることもあり、中国への足が遠のいている感も否定できません。

 


中国専門の中堅旅行社「日中文化事業社」が破産 、反日運動で取扱い減少、負債総額8000万円


中国専門の中堅旅行社が破産 日中文化事業社、反日運動で取扱い減少
2014.3.13 10:09
 中国専門の中堅旅行代理店である「日中文化事業社」が東京地裁から破産決定を受けたことが13日までにわかった。沖縄県・尖閣問題などによる日中関係の悪化を受けて、取扱額が急速に減ったことが原因。信用調査会社の東京商工リサーチによると、負債総額は8000万円。

 昨年秋に東京・西新宿から千葉県佐倉市に本社を移してコスト削減を進めていたが、業績回復ができず、2月までに事業を停止した。ホームページは本社移転前のものがそのまま更新されずに残っている。

 設立は昭和63年1月。中国で歌謡コンサートやバレーボールなどの文化・スポーツイベントも行い、団体旅行を手広く扱ってきた。平成19年には年商約2億5千万円まで拡大した。

 しかし平成24年秋の中国での反日運動の激化以降は中国でのイベント開催もままならず、団体旅行の取扱いが減少。折からの中国旅行の取扱い競争の激化もあって、業績回復を断念した。東京地裁は今月5日に破産開始を決定した。

関連ニュース
中国ツアーに強い「二十一世紀旅行」が破産 反日運動で利用客減る
中国撤退の明治粉ミルク「日本ブランド」に厚い壁 物流網構築に根強い反日
建機2社、日中好調で増収増益 4〜12月期
【主要122社アンケート】日中関係悪化「影響なし」が半数 新興国景気、3割が… 
中国工業情報省に公正な対応要請 過剰生産問題で日本企業に 日中経協訪中団
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140313/biz14031310160010-n1.htm
(2013/3/13/MSN産経ニュース)






【関連する記事】
posted by 管理人B at 16:21| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。