2014年03月25日

キヤノン系の「通販工房」が破産 前社長が独断で債務保証や手形処理~判断が誤った方向で大きな負債となったのか。

 キャノン系の孫会社で通信販売会社である「通販工房」が破産手続開始決定の運びとなりました。
負債総額は24億円ということですが、まだ債権者あちこちにいることをかんがえれば、今後の負債総額も増えるかと思います。


キヤノン系の「通販工房」が破産 前社長が独断で債務保証や手形処理~判断が誤った方向で大きな負債となったのか。

キヤノン系の「通販工房」が破産 前社長が独断で債務保証や手形処理


2014.3.24 13:01 [倒産・破産]
 キヤノンは24日、孫会社「通販工房」が先週、東京地裁に破産を申し立てて、手続き開始が決まったと発表した。現時点で同社が把握している負債総額は24億円だが、さらに膨らむ可能性もあるという。

 平成19年10月設立で資本金3000万円。キヤノン系列の「キヤノン電子」が54.1%の株式を保有する子会社。自然食品、健康食品などの通販商材の卸販売やコンサルティング業務を行なっていた。23年12月期の売上高は約8億円。

 キヤノンの発表によると、通販工房の前社長がキヤノン電子に対し、自らの違法行為を申告。これを受けて社内調査をしたところ、通販工房名義で独断での債務保証や手形の裏書きを行う等を行っていたことが判明した。

 キヤノンは資金の使途を含めて事実の全容を把握することができず、負債額が膨らむ可能性が高くなったことを受けて、「破産管財人による事実の確認、負債額の確定、残余財産の公平な分配を図るため、やむなく破産手続の申立てに至った」と説明している。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140324/biz14032413030009-n1.htm
(2014/3/24/MSN産経ニュース)



【関連する記事】
posted by 管理人B at 16:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。