2014年04月05日

オザマ製作所(システムキッチン製造):債権者破産による破産手続き開始−−山形地裁


 昨月の3月26日にオザマ製作所(システムキッチン製造業)が破産手続き開始決定となりました。
負債総額は約9億8000万円です。

 この破産においては「きらやかターンアラウンド・パートナーズ」というファンドキャピタル(事業再生を目的とした投資ファンド)が金銭を貸付もしていたということなのですが、貸したお金が回収できず今後も回収の見込みがないということで、破産をして少しでも回収を確保しようということなのだと思います。

 通常、こういった投資会社は、オザマ製作所のような会社の株を引き受けて子会社とし、再生を試みる形をとっています。そしてその会社がうまくいかず債務超過となった場合は、「特別清算」というような方法をとって持株会社が責任をとるような形をとりつつ清算へ向かうのですが、今回の場合は、それが破断して破産になったようにはみえず、会社を他の投資会社に売り飛ばすことができず、全て「ご破産」して、終結させようとしたものと見受けられます。



オザマ製作所(システムキッチン製造):債権者破産による破産手続き開始−−山形地裁
オザマ製作所:破産手続き開始−−地裁 /山形
 貸出金が回収できないとして第三者破産を申し立てられた尾花沢市芦沢のシステムキッチン製造業「オザマ製作所」について、山形地裁は破産手続きの開始を決定した。決定は先月26日付。
 帝国データバンク山形支店によると、負債総額は約9億8900万円。事業再生会社「きらやかターンアラウンド・パートナーズ」が先月10日付で第三者破産を申し立てていた。【安藤龍朗】 続きを読む
(2014/4/5/毎日新聞)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 15:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。