2013年04月15日

上杉建設サービス(三重県鈴鹿市):自己破産申請へ 負債総額2億5700万円〜不動産業にしっかりと進出するか、住宅建設迄にとどめるかどちらかにしたほうがリスクがすくなかったのでは。

 上杉建設サービス(三重県鈴鹿市)が自己破産の手続きに入ったということです。負債は2億5700万円になります。
この会社は業務内容を見てみると、「住宅リフォーム」というよりは、建売住宅の方も力に入れており、実質的には「不動産業」のような業務も行っています。
 けれどもこの会社はHPなどを見てみると「建設業」の登録だけとなっており「不動産業」の登録はされておりません。では「不動産業」もやっていれば、宅地宅建法などにより三重県知事の登録や宅地建物取引主任者が必要になることや、不動産の取引の範囲が「自社物件」(つまり自分の土地家屋を賃貸もしくは売買すること)に限っているため、「建設業」だけでの登録運営なのだと考えられます。

  ご存じの方も多いかと思いますが、「不動産業」の営業規則は、まず都道府県知事や国土交通大臣からの登録が必要で、店舗5人の従業員につき最低1人は「宅地建物取引主任者」を配置していることで、他人の不動産物件を売買・賃貸という「仲介」(ちゅうかい)ができることになっているのです。
  ですから、自分(自社)所有の不動産の売買及び賃貸は「宅地建物取引法」の範疇外となるため、自分でだれでも登録無しでできるということになります。つまり、別の例えでいうと、自分の会社が何かで訴えられたら、取締役が弁護士を使わないで自ら訴訟に乗り出すとうようなことと似ています。

 そうなると、ここで気になるのが、「建売住宅」という件になるのですが、不動産業ではない者が「建売住宅」を売買するということは、その売主が自分でなければならず、当然「他人のもの」であってはならないはずです。
 この会社が、自社で不動産をバンバンもっているのであれば、「資産」が豊富にあるのですから、破産なんていうことはありえないと言っても過言ではありません。
 そうでない場合、旦どこからか不動産を仕入れて、自社の物件に登記し直してなどということになるのかもしれませんが、そうなるとかなり資金繰りが大きく必要になりますし、その登記なども面倒なことになります。
 
 リフォームや住宅建設がメインなところが「売買」をメインにしようとするとやはり面倒なことになり、そういったところで脱輪してしまうと、すぐに「破産」へと追い込まれてしまうのではないかと考えれます。

 



ニュース元・資料


posted by 管理人B at 12:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(その他不動産会社) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

真山リアルエステート(宮城県仙台市):破産手続き開始 負債25億円〜多額の負債を解消できず債権者破産へ。

宮城県仙台市に経営拠点をもつ、「真山リアルエステート」という不動産賃貸会社が仙台地裁から破産手続き開始決定となりました。負債総額は約25億円ということです。もともとは、「パチンコ店」(パーラー)の経営を行っていたのですが、そこから店舗の取得などから、土地建物を所有する事により、不動産賃貸業を経営することになったのかと思われます。
 さらにその勢いから「ホテルの運営」にも乗り出し「仙台シティホテル晩翠通」を「本社ビル」で行っていたということです。
いわゆる典型的な「第二分野への進出」というものであり、企業が運営されている中で、不動産などの資産を抱えてきた時に、不動産業など、本業と異なる事業での収益を目指すということになったのかと思われます。
 その中で、ホテルの所有においてトラブル(所有権の問題)があって、その影響もあり継続が困難となって、破産という事になったということです。そのホテルは現在も営業を継続しているということなので、事業譲渡されて全く別の会社が運営しているのか、それともスポンサーを求めて、破産管財人が運営しているのかというところなのかと思いたいところなのですが、これが債権者による申立「債権者破産」なので、借金を一部もしくは全部返済しなく、それがいつまでたっても解決されないので、債権者が業を煮やして破産申し立てに至ったものと考えられます。

 これらの記事だけでは本当の破産に至った原因は分からないのですが、本業であったパチンコ店の運営において大きな負債があり、それが未だに完済とならず継続に至ったなど、推測すれば様々なのですが、とにかく「大きな負債を解消することはできなかった」ということが結論なのだと言えます。


※「第二分野」という表現は本業とは異なる収益事業をいう意味を示すのですが、やはり、「第二分野」で進出しやすい企業と言えば、資産運用での収益が大きいといえる「不動産業」が多いです。



ニュース元・資料
posted by 管理人B at 12:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(その他不動産会社) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

伊藤鉄商店(卸売及び不動産賃貸;石川県金沢市)、破産申請へ 負債総額21億円〜敗因は過去の栄光に頼り過ぎていて、新規開発などをやっていなかったからではないか?

石川県金沢市にある「伊藤鉄商店」という雑穀や豆類の卸として営業している会社がこの度破産という方向に決意したとのことです。また「第二ステージ」「副業」ともなっている「不動産賃貸」をやっているということですので、創業から不動産の資産を徐々に築いていったのか、それとも先祖代々の土地が踏んだんにあったのかという想像がつくかと思います。

 文章だけでのキーワードからは詳細はわかりませんが、恐らく過去の想像時の勢いに頼り過ぎてしまい、現在の業務を新たなステージへ向上させたりということがなかったのではないかと考えています。



伊藤鉄商店(卸売及び不動産賃貸;石川県金沢市)、破産申請へ 負債総額21億円〜敗因は過去の栄光に頼り過ぎていて、新規開発などをやっていなかったからではないか?


ニュース元・資料
posted by 管理人B at 02:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(その他不動産会社) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。