2012年02月12日

ホイットニー・ヒューストンさん(48)死去、米警察「刑事事件の可能性なし」 発見はボディーガード〜死因は自殺なのか、先日借金で自己破産か否かが報じられたが。

アメリカの有名な人気歌手 ホイットニー・ヒューストンさんが亡くなりました48歳とのことです。
 最近当方でも借金を多く抱えており自己破産をするとかしないとかの報道もありました。
今回の死因の件では「刑事事件」(つまり他殺)の可能性はないとのことですが、麻薬のスキャンダルや借金を多く抱えているという話題も多かったことから、自殺という線も考えられるのかもしれません。
 でも「自己破産」というのは何度もここで述べていますが、債務(借金)をチャラ(なくす)にして、再スタートを図るものなので、自己破産して楽になればいいのかと思うのですが、自己破産するまでに至る経緯も非常に苦しいものです。
 
 本当の原因はまだ分かっていませんが、ご冥福をお祈り致します。






ニュース元・資料


2012年02月11日

映画『沈黙の戦艦』『ハートブルー』で知られるゲイリー・ビューシイ、自己破産を申請

外国人の外国での個人破産と日本での日本人の個人破産とは法律上の規定が違うので当然破産で守られる部分と制限される部分は違いが当然はります。
 しかし、破産というのは債務が多くなりどうしようもなくなったので、それを無くし、再スタートを図ろうという目的であるものです。またその中には自分から債務を認めて破産を申し立てて法律の保護を求める「自己破産」と、債権者が債権を取り戻すことができず、さらに返済されるの見込みがたたないということで、に法律の力を借りて債権者の保護を求める「債権者破産」というものがありますが、どちらも「破産手続き開始」となれば、行われることはどちらも同じになります。要は破産する(させる)のにその資金をどこが(自己破産の場合は債務者が、債権者破産の場合は債権者が)負担するかの違いによるというものです。
 
 今回ゲイリー氏の破産は自己破産ということなので、自分から申立をしたという事になります。約3800万円の借金から資産が380万円という1割の資産しかないということです。

 実際の本当の理由は分かりませんが、金銭的にだらしがないというのが報じられている理由だそうです。



ニュース元・資料

2012年01月25日

歌姫H・ヒューストンが78億円使い果たし自己破産か?

アメリカで有名な歌手であるホイットニー・ヒューストンが「自己破産寸前」とのことです。
最近の芸能人は多くの人が「事務所(会社)」に所属してそこの会社員として活動している人もいます。とにかく芸能人は
売れてナンボの世界ですので、「水商売」ともいえるでしょう。
 かつて、日本テレビでの「進め!電波少年」という番組で、世界を一周する企画があり、その時の猿岩石(さるがんせき)というコンビのひとりである、有吉弘行さんが、よくテレビで「世界一周を終えた時の月収が2000万円だった」そして、色々と芸能人なので支出が多く、その後は仕事が全く入らなくなり、毎日スーパーのお惣菜半額セールに飛びついていたというエピソードをよく耳にします。

 そういう事ですから、芸能人は収入が多くてもまた出ていくものも半端な金額ではないので、それをどうするかが難しいところです。








ニュース元・資料
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。