2013年06月17日

米ホームセンターのオーチャード 、連邦破産法11条の適用申請〜気になるのは親会社シアーズが分離独立させていること。

 アメリカのホームセンターを展開している「オーチャード」が連邦破産法第11条の適用を申請したということです。
「連邦破産法第11条」は日本の民事再生法に相当するものなので、目的としては、「借金が返済出来ないので、棒引きして下さい」という事です。どのような会社でもいきなりこのような事を切りだすのではなく、可能であれば「裁判所」を経ないで大口借金の銀行などにまずは債務支払いの延期や軽減を求めるというものです。
 しかし借金を棒引きしてくれるような人はそう簡単にいないので、やむを得ず「裁判所」へ入ってもらい、強制的に救済を求めるということです。

 ここで気になるのは、このホームセンターが最初はアメリカのシアーズの傘下であって、2年前に独立したということは、何らかの不採算企業の切捨てという事も見受けられます。倒産の気配というのはその法的申請の直前にわかるものではなく、6か月前とかそういった時期に経営者は「もう駄目だ」というのが分かった上で早めに準備を進めるのが実情です。

 分離独立だと、元親会社のシアーズが持っている株式と子会社に相当するホームセンターのオーチャードの現金と交換ということも可能となります。そうなるとオーチャードの経営は当然手許のキャッシュが無くなるわけですから苦しくなっていくのが当然となります。

 



ニュース元・資料


posted by 管理人B at 20:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

(英語版)There are many places which fall into why, or financial difficulties and bankruptcy among the U.S. electric vehicle maker's coda, and the makers of the application application ? electric vehicle of a bankruptcy law, or the Sora ? panel.

米電気自動車メーカーのコーダ、破産法の適用申請〜電気自動車やソーラ―パネルのメーカーはなぜか経営難・倒産に陥るところが多い。


There are many places which fall into why, or financial difficulties and bankruptcy among the U.S. electric vehicle maker's coda, and the makers of the application application ? electric vehicle of a bankruptcy law, or the Sora ? panel. 


Although it becomes fundamental contents, two kinds exist, electric (electric power) a flow, i.e., "current." 
One calls it a "direct current", it flows into the pole of minus from the pole of plus, and has the character of the simple mechanism of switching on the light if an electric bulb is put in in between between them. 
This typical thing is a "dry cell" and being mostly used to a flashlight or the thing to carry is the feature. 
"Exchange" to it is a thing of the character in which electricity flows, while plus and minus interchange periodically, and it is current which this is built in plant, flows through a power line, and comes to the electric socket of a house. 
A direct current and exchange have a respectively favorite point and weak point, and two kinds, a direct current and exchange, will be properly used in everyday life according to a use. 
Although a direct current can be stored, when transmitting it, it is the feature that the loss of energy becomes remarkably large. 
Moreover, the thing with little [ although it is reverse and cannot store ] energy loss to power transmission of exchange is the feature. 
As long as it is passing by the present life, the benefit of the difference between a direct current and exchange is known, and it is ずらい, but I am a direct current and regard what is being used by the present exchange as whether the thing [ that a weak point is greatly conspicuous when it is reverse and electric use is considered ] is quite obvious. 
For example, considering the use from a "battery", the size of a dry cell required for one day of ザックリ 言えば thinks that three refrigerators of the abbreviation 400L are required one in the current from the electric socket used at home. 
Conversely, since it must take in by a "line" from a domestic electric socket supposing a flashlight will be taken in from AC power supply, when bringing to a distance, you have to carry out, with a line connected. 
If こ which has such a thing in mind, and this "electric vehicle" do not carry a lot of [ how ] "batteries", it understands whether they are realized as a car. 
Although the car of the use of a "hybrid car" exists even in Japan, in not much not seeing too and being mostly used abundantly now now, as for the actual condition, there are many gasoline-powered cars. 
If it becomes so and an electric vehicle will be used, the battery whose price it is very high, and is user-unfriendly, and is huge too is carried, Furthermore, if fuel consumption will also become very bad and does not have "governmental" support very much when it becomes what "must charge" briskly by somewhere, the electric vehicle in private enterprises will be made impossible [ doing ]. 
although the news in which it appears and the maker of a solar panel (photovoltaics) goes bankrupt one after another across overseas before was able to be seen, since it is far far from utilization, profit also thinks that the present condition will be unsatisfactory. 
Although the Japanese maker sharp deals with the Sora ? panel greatly to it, I also think whether holding falling [ the sharp / into the state with difficult management ] mist beam solar power generation relation can be denied. 
As a conclusion of bankruptcy in this case, in order to make it to development and utilization of an electric vehicle, after the battery (electric power capacity) which is the fundamental problem too is secured firmly, an enterprise measure is important. 
If the present condition of the present electric vehicle runs 20 km, who wants whether to buy the expensive car which a battery is already lost and carries out 2 million of エンコ and such a state to 3 million, and it will be わない. 
Development of a small battery with very big capacity is the first priority first. 
If utilization [ like the present gasoline-powered car ] whose electric vehicle is can be performed, it will be thought whether to become to the extent that it says that the telephone call for 3 hours can be performed without charge for one year in the form where the battery of the present mobile phone is as it is every day. 
So, an electric vehicle is technically difficult, unless the affair of a battery is solved. 
"development of a micro mass battery" -- since the person who got this will contribute to development of the world economy or future technology remarkably, probably the award of the Nobel Prize for physics (or chemistry prize) will become positive. 

ニュース元・資料
posted by 管理人B at 15:57| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 倒産(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米電気自動車メーカーのコーダ、破産法の適用申請〜電気自動車やソーラ―パネルのメーカーはなぜか経営難・倒産に陥るところが多い。

 基礎的な内容となりますが、電気(電力)の流れつまり「電流」には2種類が存在します。ひとつは「直流」といい、プラスの極からマイナスの極へ流れて、その間に電球を間に入れると点灯するという単純な仕組みの性質を持つものです。この代表的なものは「乾電池」であり懐中電灯や携帯するものに多く使われているのが特徴です。
 それに対して「交流」というものは、プラスとマイナスが定期的に入れ替わりながら電気が流れていくという性質のもので、これが発電所でつくられて、送電線を流れて家のコンセントまで来る電流です。
 直流にも、交流にもそれぞれ得意な点と弱点があり、用途に応じて直流と交流の2種類を日常生活の中で使い分けることになるのです。
直流は貯めることができますが、それを送電するときは、エネルギーの損失が著しく大きくなるのが特徴です。また交流はその逆で、貯めることができませんが、送電にはエネルギー損失が少ないことが特徴です。

 今の生活で過ごしている限り、直流と交流の違いの恩恵はわかりずらいですが、今のその交流で使用しているものを直流で、またその逆で電気の使用を考えてみると
弱点が大きく目立つことが一目瞭然かと思います。
 たとえば、家庭で使うコンセントからの電流を「電池」からの使用を考えると、ザックリ言えば1日に必要な乾電池の大きさは約400Lの冷蔵庫3個位は必要なのではないかと思います。逆に懐中電灯を交流電源から取り入れることになるとすると、家庭のコンセントから「線」でとりいれなければならないので、遠くへ持っていくときは線をつないだままで行わなければなりません。

 そういう事を頭にいれるこ、今回の「電気自動車」はいかに大量の「電池」を搭載しなければ、自動車として成り立たないかがわかります。日本でも「ハイブリッドカー」という用途の自動車が存在していますが、やはり見かけることはあまりなく、今現在多く多用されているのがガソリン車が多いのが実情です。そうなると電気自動車を利用するとなると、やはり値段が非常に高く使い勝手も悪く巨大な電池を搭載し、さらにどこかで「充電」をこまめにしなければならないものとなると燃費も非常にわるいものとなり、よほど「政府」などの支援がなければ、民間企業での電気自動車はやっていくことが不可能とされます。
 以前海外の至る所で、でソーラーパネル(太陽光発電)のメーカーが続々と倒産するニュースを見受けられましたが、実用化には遥かに遠いので採算も今一つということが現状なのではないかと思います。それに日本のメーカーシャープがソーラ―パネルを大きく取り扱っていますが、シャープが経営困難な状態に陥っているのもやはりソーラー発電関連を抱えているということも否定できないかと思います。

 本件の倒産の結論としては、電気自動車の開発及び実用化にこぎつけるためには、やはりその根本問題である電池(電気容量)がしっかりと確保されたうえでの事業の取り組みが肝心です。今の電気自動車の現状は20km走ったらもう電池がなくなりエンコ、そんな状態の200万から300万もする高価な車を誰も買いたいとおもいわないでしょう。非常に容量の大きな小型電池の開発がまず最優先課題です。電気自動車が今のガソリン車のような実用化ができるのであれば、今の携帯電話の電池がそのままの形で1年間充電なしで毎日3時間の通話ができるというくらいになるかと考えられます。それだけ電気自動車は電池の件が解決しない限り技術的にむずかしいのです。
 「超小型大容量の電池の開発」これが出来た人は、世界経済や今後の科学技術の発展に著しく貢献することになるので、恐らくノーベル物理学賞(もしくは化学賞)の受賞は確実のものになるでしょう。




ニュース元・資料
posted by 管理人B at 14:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。