2013年10月03日

投資助言会社アブラハム・プライベートバンク(東京都港区) 中立装い勧誘疑惑で行政処分勧告へ〜毎月5万円の積み立てで1億円その利回りは年10%





 「投資助言」を行っている会社がこの度、証券取引等監視委員会からの行政処分の勧告を行うという運びとなるということです。

 この会社の名前は「アブラハム・プライベートバンク」という会社でそこで取り扱っている商品は「いつかはゆかし」という名称です。

 関連の業務や会社には、報道の役割を果たしている「ゆかしメディア」や「海外投資新聞」などもおこなっています。

 このところインターネット広告や雑誌などに大々的に露見していましたが、なぜか、そういった所の多くは、その後の日があまり経たない頃において「行政処分」とかそういったところの結末を踏むことが多く、2011年8月の倒産の「安愚楽牧場」や私募ファンドの「みんなで大家さん」というところもその時期がありました。

 「毎月5万円の積み立てで1億円の資産を目指す」というスタンスで資産形成をとりくむには年10%の利回りのある投資信託に投資することが必要であり、その商品に投資するよう公平な目で助言しているということです。そしてそれに伴う投資額のほぼ1%を「助言手数料」としてこの会社に支払うということになっているとのことです。

 ところが、利用顧客からは、助言というよりは投資商品を勧められたなどという話も見たことがあります。

 今回問題になっているのは、その関連会社が助言をしている投資信託を扱っている、一部の業者から「手数料」をもらっていたということです。
 これは何を示すのかというと、全体からみると「助言業務」ではなく「紹介業務」となります。

 恐らく、会社の方針としては、海外にある様々なファンドの成績状況をみて、年10%の利回りを狙えそうなファンドをセレクトして紹介しているものと思います。けれどもその一部の業者から「手数料」という「キックバック」を関連会社へ渡していたとすると、当然ながら、「お勧めの商品」というのも「眉唾もの」となってしまいます。それに、関連会社からとはいえ資金提供を受けているのであれば、どうしても中立性は失いその資金提供を受けている会社の商品をプッシュするのが当然の帰結となりがちです。

 投資家に想定利回り分「年10%」の利益が出ている分にはさほど問題にはなりませんが、これが「損失」は勿論「低利回り」に向かってしまうと、本来責任を負わなくてよいはずなのに、こういった行為をしているために、投資家から訴訟を起こされるリスクが大きくのしかかってきます。ただでさえ、投資商品に損失が出れば「いちゃもん」をつけられる時代なのに、こうした「契約違反」のような配信行為が露見してしまえば、なおさらのことになります。


 どうすればよいのか、会社側は、事実であればそれを認めて、今まで蜜月の関係にあるような「手数料」をもらうのをやめる、もしくは、今「手数料」をもらっている会社を公表し、それらについては紹介を行っているということを明らかにしてその分野については第二種などの金融商品取引業の登録をするなどをするとか、そういった是正を速やかに行うべきと考えています。

 投資商品は現在実際上手く運用されているようでも何かの要因で損失を出すこともあります。あくまでも過去の実績であって未来への保証はどこにもありません。いかなる会社の経営者は「倒産」するつもりでやっている訳ではないので、自分自身の行為を信用しがちです。かといって、はたから見れば「自傷行為」に見えることもあります。ですから、どの会社も「倒産」という可能性は多かれ少なかれあるのです。

 この「金融商品取引法」というのは過去の苦い経験が積み重なって今の法律が制定施行されています。まだまだ完全なものではありませんが、様々な規制をかけることによって、投資家を保護するようになっています。今回の「証券取引委員会」の行為もこうした過去の経験から踏み込んでいるものとみていますし、仮にそれを見逃して大きな問題に発展した時、こういった行政機関は逆に投資家から賠償請求をさせられるリスクもあります。そのため大きな損失の出ていない今、火の子を消そうというものと見ています。
 どんなに自信のある経営者でも未来の保証は当然ありません。だからこそ「遵法精神」はとても大切な事です。






ニュース元・資料


posted by 管理人B at 11:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

秋田書店、プレゼント応募の実態は「安愚楽牧場」や「MRIインターナショナル」と同じ「詐欺」の可能性〜応募した人は「被害者」なので最寄りの警察署へ早めの刑事告訴を。

「秋田書店」は「書店」とな名前がついていますが、有名漫画などを多く輩出しているの大手出版社です。
 この出版社が雑誌の読者プレゼントのコーナーにおいて「不正」を働いていたということです。
  これは読者をバカにしていることに他なりません。それだけでなく、この行為は「詐欺」と言っても過言ではありません。
 読者は、多くの応募者の中から当選をしたいということで、10名当たるという確率の景品にアンケートという交換条件を提供して、応募しています。それで実際にはずれてしまえば、仕方の無いことですが、実際には1名しか当たらないのに10名も当たるということを提示して、さらには架空の当選者名を残りの9名で記載しているのは、どうみても「詐欺」と言わざるをえません。

 しかし、「詐欺罪」の適用の現状として、捜査機関が強制捜査に踏み込んでいる現状は、「全く当選者がいない」とかそのような基準で見ているらしく、今回の場合「詐欺罪」が適用できるのかむずかしいところかもしれません。
 ただ、それより軽い「景品表示法違反」(有利誤認)は適用できるということなので、消費者庁は刑事告発に踏み切るべきです。
 さらに許せないことは、この不正を働いた企業体質にもかかわらず、その不正を是正しようとした社員を「懲戒解雇」している点です。秋田書店が解雇をした理由が「プレゼント品を盗品」したという事なのですが、話の筋からして「報復人事」をォkなっている可能性もぬぐえません。
 
 今会社が不景気だからなのか、経費節減を掲げてスーパーやその他商売でやむを得ず、プレゼントサービスを取りやめているところをしばしば見受けられます。
 秋田書店を支えてきた読者や従業員をバカにする会社そのものに未来はありません。





ニュース元・資料
posted by 管理人B at 23:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

「開運グッズで霊感商法被害」 雑誌広告掲載の出版社「実業之日本社・芸文社」及び広告代理店を提訴 東京地裁〜宗教に「他力本願」はありません。

 日本国憲法に下記の条文が存在します

 日本国憲法
第二十条 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

 政府が「靖国神社」への参拝をしたり、宗教団体が政党をつくって国会に大きな勢力をしめるなど、国が宗教にどこまでかかわっていいのかというのもいささか不毛の議論になるところもあるのですが、
 とにかく「宗教及び信仰の自由」というのは憲法で保証されたものになります。

 そのため、それに関連した活動の結果の効能や真偽について疑問に思うものは多々ありますが、憲法の要請もあり著しく「おかしい」という以外のものに関しては取り締まることは難しいとされています。

 さて、今回の件は、霊感商法の被害にあったということで、その被害者がその商品の掲載会社に損害賠償請求の訴訟を起こしたということです。

 ここで注目すべき点は、投資や金融商品などをはじめ、被害を出した広告掲載責任について過去の事例では、「請求を認めない」つまり原告敗訴という例が殆どなのですが、今回の場合、その依頼元(開運グッズの販売者)が経済産業省からの行政処分を受けているという点です。
 そのあたりまで出版社が調べる義務があるかどうかまたは依頼元へ掲載依頼前にトラブルの告知(つまり過去に商品について行政処分をされたことがあるかなど)するように周知したかどうかという部分が最大の争点になるのかと考えられます。

 申し訳ない言い方となりますが、この件について、出版社における「過失責任」は認められない可能性が高いかと思います。
仮に原告の言い分がみとめられるとしても、出版社の「過失の割合」があまり高くなく、「不可抗力」や「予見の可能性が低い」などの理由から、被害額を全額認められることは少なく、1割とか0.5割とかそんな割合だけしかみとめられないのかと思います。

 信じることは自由で、とやかく言いたくありませんが、宗教というのは、本来なにか得をしようとか金持ちになりたいとか、そんな願望(他力本願)をかなえるものではなく、「自身への戒め」にあるものと考えています。
 私見で申し訳ございませんが、仏教とかキリスト教やイスラム教などのメジャーな宗教に「他力本願」の教えはありません。
「他力本願」をうたっているのは、「新興宗教」ばかりです。



ニュース元・資料
posted by 管理人B at 03:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。