2014年02月16日

北原佐和子 介護福祉士の筆記試験に合格 実技も「頑張る」

20140216北原佐和子 介護福祉士の筆記試験に合格 実技も「頑張る」.jpg
女優の北原佐和子さんが、介護福祉士国家試験の「筆記試験」に合格したとのことです。
 2007年にホームヘルパー2級の資格を取って介護業界で就労しいくつかの現場を重ねて、国家資格である介護福祉士の受験にたどり着きました。「介護福祉士」という資格は、今では有名な資格ではありますが、1987年に同類の「社会福祉士」とともに誕生した歴史のまだ浅い国家資格です。当初は養成所や大学で履修したり、実務経験のみで認定されるようなものでしたが、近年の改正で「筆記試験」を課すことがメインとなり、年々取得が難しくなってきています。



 北原佐和子さんは、元々は芸能事務所「オスカープロモーション」の美少女モデルであり、その頃「俺たち花のバブル組」というか「花の82年組」というアイドル全盛期のところにいた人です。1900年代にはテレビの露出が多く、2000年代になり大幅に見かけるのが少なくなりましたが、それでも度々ドラマなどでの出演を見かけます。

 当然「芸能界」で生涯過ごす人は当然少ないため、芸能人は絶頂期の時に自分で店を出したり、落ち目になっても食べていけるように別の仕事を模索する人も当然多くなります。北原さんにおいてはかねてから関心の高かった「福祉」の方向にも目を向けたということになります。
 また以前(2009年)覚せい剤事件で執行猶予判決をうけた女優の酒井法子さんも創造学園大学(群馬県高崎市)で福祉を学ぶということで入学いたしました。(ただ、創造学園大学の運営法人である「堀越学園」は財政上著しい困難を伴っていたため文部科学省より解散命令及び裁判所から破産手続き開始決定を受けています。)それから、演歌歌手の森山愛子さんも高校の福祉科出身でホームヘルパー1級を取得し卒業後介護福祉士の国家試験を取得したことも自身の記憶にございます。
 福祉は従業員が高給を取れる仕事ではなく、現時点で低賃金業界のひとつとして数えられている業界のひとつですが、そのため求人の口は広く興味・関心が高いひとにおいては適職であることも多いです。

 
 介護福祉は高齢化社会に伴って、さらなる需要が出てきますが、待遇をどうやって改善していくかが今後の介護福祉要員を増員させるかが鍵になります。

 試験は「実技」も「頑張る」ということなので、応援していきたく思います。







ニュース元・資料
posted by 管理人B at 17:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

羽生結弦、日本男子初の金メダル=町田樹5位、高橋6位−フリー〔五輪・フィギュア〕

一時はどうなるかと思いましたが、 取り急ぎおめでとうございます。



羽生結弦、日本男子初の金メダル=町田樹5位、高橋6位−フリー〔五輪・フィギュア〕


羽生、日本男子初の金=町田5位、高橋6位−フリー〔五輪・フィギュア〕

 

フィギュアスケート男子で優勝し、日の丸を背にリンクを回る羽生結弦=14日、ロシア・ソチ
 フィギュアスケートは14日、男子フリーが行われ、19歳の羽生結弦(ANA)がショートプログラム(SP)に続いて178.64点で1位になり、合計280.09点で日本男子初の金メダルを獲得した。
 SPで史上初の100点超えをマークした羽生は、フリーは冒頭の4回転など序盤にジャンプを二つミスしたが、以降は立て直した。
 町田樹(関大)がSP11位から5位に順位を上げ、前回銅メダルの高橋大輔(関大大学院)は6位に終わった。
 世界選手権3連覇中のパトリック・チャン(カナダ)が銀、銅メダルはデニス・テン(カザフスタン)だった。 (時事)(2014/02/15-05:49)
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2014021500083
(2014/2/15/時事ドットコム)
posted by 管理人B at 06:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

上村愛子4位、悲願のメダルならず 五輪モーグル〜3位ならいいけど、4位じゃダメ

20140209ソチ五輪4位上村愛子.jpg 今回のソチオリンピックでは、フィギュアスケートの浅田真央や橋成美・木原龍一のペアにも期待が大きくかかっていますが、なんといっても「今度こそは」というのは、スキー女子モーグルの上村愛子でしょう。「金は期待しないからせめてメダルを」「2位じゃダメですか?ダメじゃないです。」という想いの人は多いかと思います。

 上村愛子は18歳の時地元の白馬高校に在籍しており、しかもちょうど長野オリンピックがあり、それも五輪初出場にして7位の入賞を果たしました。その時の金メダルが里谷多英であったことは印象深いです。
 その時は大変な活躍で注目され、毎回五輪出場はするもののメダルにはあと一歩と言った状況でした。それ以降3度も出場し今回のソチ五輪で5回目になります。
 現在34歳ですが約人生の半分近く16年は五輪の出場をしているところも選手生命としては長いかと思います。悔しい限りですが、次回五輪も現役でいてくれればと思います。

 

 






ニュース元・資料
posted by 管理人B at 05:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。