2014年01月30日

渡辺杏が“女・半沢直樹”に!日本テレビ「明日、ママ」枠で4月から〜パクリ的で視聴率を稼ごうというものなのか


 昨日の報道では、1月29日(水)22時から放送予定の「明日、ママがいない」(第三話)からスポンサーが「いない」というような状況が発生し大変なことになっているということでした。
 
 その放送が終了するのは3月になるようです。
スポンサーがいないとその番組に対する予算が全く無く、財源を番組予算毎にキチンとすれば出演者のギャラでさえ払いないというような状態となります。

 しかし、慈恵病院からは大きな批判をしており抗議として中止を求めているというようですが、実際のところそこで使用している名称をそのまま「フィクション」であるドラマに用いていることを始め、現実性から少しかけ離れ施設に対して「悪い誤解」を招きやすいというようなところに、問題の争点が絞られるのかと思います。
 他に気になるのは、第三話においては、里子での「家政婦」が登場しました。その名前が「三田村」(みたむら)という姓なので、当然のことながら一昨年同じ水曜22時に放映された「家政婦の三田」という人気番組を引用しており、視聴率稼ぎに躍起になっているような感がしてなりません。

 そういったまずいような点はいたるところに感じられますが、このドラマ自体放映することは決して悪いものとは思えず、こういった施設をしらない人にとっては考えるのにはいい機会なのかもしれません。


 そして、その次の番組は、2013年の人気ドラマやその手法を醸し出すような発表がありました。
どうみてもオリジナリティがほとんど感じられず、TBSドラマの「半沢直樹」とNHKの連続テレビ小説「ごちそうさん」をパクってきた的な部分が目立ち「視聴率稼ぎ」に特化しているようです。




ニュース元・資料


posted by 管理人B at 04:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

“明日、スポンサーがいない”日テレ社長、番組継続に強気!~でも、イメージを重視するスポンサーにとってはやはり、非常に、いい迷惑

20140128カナ速_画像明日ママがいないでスポンサーがいない.jpg現在日本テレビで放映されている番組に異常事態が発生したとのことです。

それは、1月15日(水曜日)21:00から第一話がはじまった「明日、ママがいない」という題目のドラマです。
  そのドラマの描写が実際にある施設の現状とはとてもかけ離れるもので、視聴者に悪い誤解を産むということで、その関係者から猛烈な抗議をされているということです。さらに視聴者からも険悪な印象を受け「配慮がなりた   な い」「配慮が足りない」などの抗議もあわせて受けている模様です。

 そのドラマについては8社がスポンサーとしてCMを流すことになっていましたが、そのうち最初の5社がCMの差し入れを見合わせ、さらに、3社が明日第三話である1月29日(水)分の差し入れを見合わせるということになったので、「明日、スポンサーがいない」という異常事態となった模様です。

 夜21時の時間枠のドラマに8社のスポンサーがはいるという事は「スポンサーが多い」と言えるのですが、問題がある番組にスポンサーとしてCMを流してしまえば当然「企業イメージ」がよくないので、企業はスポンサーを降りるとうような事態に必然的になってしまいます。

 本来スポンサーが最も気にするのは、視聴率であって、視聴率がたかければ、それだけ商品の宣伝が多くの人に伝わり、売上も当然伸び、企業の利益につながります。逆に低ければ、企業としては、1コマ30秒に100万円ものお金を払っておきながら、視聴率が1桁だなんてなったら、当然怒ります。

 番組会社や日本テレビとしては、スポンサーのCMが無くても番組を継続するつもりだそうですが、やはり、民間の放送会社は「スポンサー」があって成り立っているので、本当は、批判的な世論が多くなれば、いち早く店じまい(番組終了)したいのかもしれません。
 もしかしたら、何らかの形で「早期終了」を狙っているのかも知れません。


 「言論表現の自由」というものが憲法で保証されているので、正義に反したり誹謗中傷などの公共の福祉に反しない限り許されるものと考えています。
 けれども、大きな誤解を招くようなことでもあれば、番組終了もいたしかたのないことだと思います。








ニュース元・資料
posted by 管理人B at 17:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

板東英二、7500万円税申告漏れ事件から1年の釈明会見。自己破産の可能性もなのか。「植毛会見」で芸能活動復帰の意思なのか。


 元プロ野球選手や解説者であったタレントの坂東英二さんが、約10ヶ月ぶりに公の場に姿を見せ、所得隠しの弁解記者会見に臨まれました。

 よく税金については、高額所得の芸能人やその他申告漏れが指摘されることがあります。
実際に「うっかり」や「税務署」と本人らとの「見解の違い」という事も少なくありません。
 本来経費として控除していたものが、税務署からの指摘で「経費として認められない」という事も多々あるかと思います。
 こういうときは、不服審査請求をしたり、それでも税務署の決定を受け入れられない場合は裁判と発展しますが、今回の場合はそれとは違うもののようで、「故意の所得隠し」が指摘されています。

 その所得隠しというのは、架空の仕事の発注をして、その分を自社(坂東英二氏の経営する芸能事務所)に還流していたということです。
 その後においても坂東英二氏は釈明会見などがなく、番組等を降板する形になってしまったということです。

 そして、久々に会見においては、カツラではなく、植毛を長きに渡ってしており、その見解の違いで税務署から申告漏れを指摘されたように述べれおられました。
 
 仮に1億円の所得隠しをする(脱税)になると、税務署から検察に告発され、所得税法違反(脱税)で公訴されるという慣例があります。今回の場合は所得隠しともいわれたのが5000万できわどいような部分もあります。

 本人の会見としては、「仕事がなくて生活ができないから仕事をさせてくれ」というような内容に聞こえます。
 坂東氏は野球にとどまらず、司会業などでの活躍が大きく目立ちますが、先日の「みのもんた」氏においては、自分とは関係のないところ(長男の事件)で、番組降板という責任の取り方をしています。
 世間的には仕事の復帰をさせてしまうと、批難の声が大きくなり、その仕事の受け入れ先においては「イメージダウン」という事にもなりかねない恐れも懸念されています。

 実際坂東氏が仕事を復帰すればいろいろな面で活気も予想されますが、今のご時世から考えると当分の間は、今の自粛ならぬ「他粛」がつづくのではないかと思います。









ニュース元・資料
posted by 管理人B at 16:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。