2013年09月12日

訃報:橋本武(元灘中学高校国語教師)さん101歳=灘校で「銀の匙」授業〜東大合格の王者都立日比谷高校を出し抜いたことで有名。

  「灘(なだ)中学・灘高校」は私立の有名進学校で、兵庫県神戸市東灘区にあります。「東灘区」にあるから「灘(なだ)」というのだろうと思います。

 今では、この灘中学高校と麻布・開成(他にラサールも加わり)の3つの私立の学校を東大合格御三家ともいわれていますが、この橋本武先生が赴任した1934年(つまり第二次世界大戦中の頃)は、公立学校に不合格した人が行くような学校だったそうです。このころの中学高校は私立より、公立の方が学力が上の人が入学するような状態でした。

 この先生は、国語の教師でしたが、授業において、小説「銀の匙(さじ)」だけを3年間続けて行うという「ユニークな」教育方法で有名でした。でも当時授業を受ける生徒やその保護者にとっては、そんなので大丈夫なの?というのが本音だったそうです。
 それに授業もショッチュウ脱線して、その脱線の仕方も半端じゃなく、凧揚げの時間になったり、モノづくりになったりで、その授業を見た大学の母校の教授などからも不安視されるような有様でした。

 しかし、その授業を受けた生徒の受験が東京大学や京都大学といった難関大学に合格することが顕著に現れ、1968年(昭和43年)に当時東大を始め、難関高校の王者といわれた東京都立日比谷高校の東大合格者数をついに追い越し、灘中学高校を日本一の東大合格者数に仕立てたとも言われています。

 
 101歳とは大往生でしたが、ご冥福をお祈りいたします。
 
 





ニュース元・資料


posted by 管理人B at 03:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

筧栄一氏死去=元検事総長〜汚職事件の多い時代の捜査で、いろいろと有名な検事総長。

ごめいふくをお祈り致します。

筧栄一氏死去=元検事総長〜汚職事件の多い時代の捜査で、いろいろと有名な検事総長。

筧栄一氏死去=元検事総長
 筧 栄一氏(かけい・えいいち=元検事総長)15日午前8時14分、多臓器不全のため東京都内の病院で死去、85歳。島根県出身。近親者で密葬を済ませた。本葬は6月29日に東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。喪主は長男義郎(よしろう)氏。
 1953年に検事任官。法務事務次官、東京高検検事長などを経て90年検事総長に就任。任期中に共和汚職事件の捜査などを指揮した。退官後の97年には、日本臓器移植ネットワーク理事長に就任した。 (2013/05/20-20:27)
http://www.jiji.com/jc/c?g=obt_30&k=2013052000835
(2013/5/20/jijiドットコム)
posted by 管理人B at 03:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

★(訃報 中坊公平氏)Obituary: Mr. Kohei Nakabo 83 years old = famous for processing of a former Japan Federation of Bar Associations chairman ? Toyota trading company, jusen, a Morinaga arsenic milk incident, etc.




A lawyer, Mr. Kohei Nakabo, who showed big activity in the loan collection of jusen (housing-loan company), the Toyota trading company incident, a Morinaga arsenic milk incident, etc. passed away. 
They are 83 years old. 
In jusen, at the top of collection of bad loans, although the Morinaga arsenic incident of the activity as the president and the Toyota trading company incident was activity as an association of victims (victim defense counsel's lead lawyer) as an administrator in bankruptcy, "doing thoroughly" has an impression of whether to have shown other lawyers the big difference. 
However, although the occupation of a "lawyer" can be said to be the "cleric" who is "justice" and the purpose of "protecting the weak", it is a true figure to be too premised on having aimed at "profit" like the ordinary company (in case of a corporation or an individual). 
Therefore, since a "lawyer" does something as a "volunteer", it must be conditions absolutely that the "substitute" which something replaces with money certainly sticks, and turns. 
It may be "advance to the political world" and it may be advertisement for waking up some companies. 
There is "no exception." 
Furthermore, if "impossible" business is performed, even if there is a little rough phase, a risk of being led to a result with fatal it also has a possibility of generating on a grand scale. 
I think whether it was unsuitable recovery of the jusen which became erasion of lawyer registration. 
The lifestyle of the present lawyer and the lawyer from the time of Showa to the entrance of Heisei, treatment, etc. are no longer the occupation which changed greatly by various judicial reforms etc. and had become an all-star representative of the fat income. 
It is just going to be worrisome about how a lawyer like Mr. Kohei Nakabo is reflected in the person who just became lawyer Kon. 
I pray for the bliss of the dead. 
Obituary: Mr. Kohei Nakabo   83 years old = famous for processing of a former Japan Federation of Bar Associations chairman ? Toyota trading company, jusen, a Morinaga arsenic milk incident, etc. 

ニュース元・資料
posted by 管理人B at 13:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。