2013年02月09日

訃報:江副浩正さん76歳=リクルート創業、未公開株贈賄で有罪〜日本での一大情報産業へと成長させる


 「リクルート」という言葉は英語は「Recruit」で「新人」という意味となっています。またその派生語が日本語では求人という意味を指しています。
つまり「リクルート」とう名前は、就職や就職後の新人を指す意味を持っているので、「リクルート」(現 リクルートホールディングス)という会社概要はこういう部分が
軸となっていることがうかがわれます。

 その「リクルート」の創業者である江副浩正 氏 が昨日 2013年2月13日 お亡くなりになられました。76歳です。
リクルートという会社は、日本の経済をかつて引っ張ってきた重工業や製造業、そして商社とは違うところの産業であり、「出版」業なのですが、他の「出版」社と違うところは、「情報」を大きな売りとしているところにあります。
「リクルート」がおこなっているような企業活動はかつてどこにでも存在はしていたのですが、それを「表舞台」に積極的に引っ張り出すというのが、この企業の特徴です。それを「サービス化」したのが、この江副氏なのではないのでしょうか。

 この江副氏の原点は「サービスの有料化」で、何かをしてもらうときは「有料」でという経済を介在させるところにあります。一見すると他の人からみると「ケチ」とかそんなふうに見えたのかもしれませんが、何かをやるときにはなんらかの「人件費」がかかるものなので、それを遠慮なく推し進めていったのが江副氏の企業の考え方なのだと思います。

 創業から約40年という企業としてはそんなに長い歴史があるわけではないですが、30年経った現在でもリクルートは、就職の分野だけでなく、不動産分野や金融などの情報提供分野に進出し、かつて、リクルート疑獄事件の当事者となった会社「リクルートコスモス」のような現業をもつほどの企業グループまで成長しています。
 その情報分野では、リクルートが今でも日本の先頭を突っ走っている状況で、今でもその状況を堅持しています。

 



ニュース元・資料


posted by 管理人B at 19:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

市川團十郎さん、肺炎のため急死 66歳〜ストレスが多く溜まったせいか、早い死に。

有名な歌舞伎俳優の市川團十郎さんが亡くなりました66歳でした。
市川團十郎という名前は日本史の教科書でも出てくるくらい有名な人で芸能界というと、この人が出始めということになります。
今の団十郎さんは12代目ということです。
 息子が不祥事を起こしたりすると親は寿命が短くなるとも言われていますが、これがそれにあたるのかはわかりません。しかし
 それにしても早いです。ご冥福をお祈りします。

市川團十郎さん、肺炎のため急死 66歳〜ストレスが多く溜まったせいか、早い死に。


市川團十郎さん、肺炎のため急死 66歳


急死した市川團十郎さん
 歌舞伎俳優・市川團十郎(本名・堀越夏雄、ほりこし・なつお)さんが3日午後9時59分、東京・虎ノ門の虎の門病院で肺炎のために急死した。享年66歳。昨年12月中旬に風邪による体調不良のため、京都・南座の舞台を途中で降板。その後、肺炎の兆候が見られたため、都内の病院で入院治療を行っていた。4月にこけら落とし公演が行われる東京・銀座の歌舞伎座の開場を前に、また一人、名優がこの世を去った。

 ◆市川 團十郎(いちかわ・だんじゅうろう)本名・堀越夏雄(ほりこし・なつお)1946年8月6日、東京生まれ。11代目・市川10+ 件團十郎の長男で、53年に、7歳で市川夏雄を名乗り歌舞伎座「大徳寺」の三法師君で初舞台。58年に6代目市川新之助、69年に10代目市川海老蔵を襲名し、85年に歌舞伎座で3か月にわたる襲名披露公演を行い12代目・團十郎を襲名した。屋号は成田屋。
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130204-OHT1T00044.htm
(2013/2/3/報知新聞)
posted by 管理人B at 03:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

政治評論家の三宅久之さん死去82歳 TVで活躍、ブログで首相批判〜80歳過ぎてから心肺機能が衰えたとのこと。

 昨晩の2012年11月14日(水)に衆議院は解散する事になったとのことです。その時を近似して、本日11月15日に、政治評論家の三宅久之さんが、お亡くなりになりました。82歳です。

 三宅久之さんと言えば、空き地で野球をして、ボールが飛び込んできてガラスを割られてしまった家主(頑固ジジイ)の印象をもつとてもユニークな人柄で知られていました。
 本業は「政治評論家」ということなのですが、大学を卒業してからは、政治記者を長年経験して、テレビのニュースキャスターも務めていたくらいの人ですから、「政治評論家」といってもかなり奥の深いところまで存じている人なのだと言われています。
 今本当に一刻でも早く重要法案を成立させて、日本を右肩上がりの軌道に乗せなければならないのに、解散をしなければならない状況は日本国民を路頭に迷わすことになります。それを「三宅久之」さんだったら、一喝や何と言っていたのかそれも見ものだったかと思います。
 ご冥福をお祈り致します。








ニュース元・資料
posted by 管理人B at 22:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。