2014年03月03日

高速バスがトラック追突(北陸自動車道富山県小矢部川サービスエリア)、2人死亡24人重軽傷〜原因は「睡眠時無呼吸症候群」なのかそれとも過労なのか。

20140303運行ルート高速バス、減速せず衝突 読売新聞 枠.jpg 
 高速乗合バスが北陸自動車道のSA(サービスエリア)で駐車中のトラック各2台に追突したということです。その中で重軽傷者が24にいて別に死者2名発生した模様です。

 原因としては、不明ではありますが、運転手(死亡)が「睡眠時無呼吸症候群」の検査において「要経過観察」の判定をされていることが判明しています。



ニュース元・資料


posted by 管理人B at 16:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

東急東横線の元住吉駅で列車どうし衝突(追突)及び脱線、十数人けが

20140215東横線の元住吉駅で追突事故破損車両=15日午前元住吉駅.jpg
 2月15日(土)午前0時30分頃、東急東横線の元住吉(もとすみよし)駅構内で、下り列車が「追突」し列車が脱線した模様です。けが人が20名いるということですが重傷者はいない模様です。

 原因はこれから明らかにされると思いますが、昨日2月14日(金)は先週末に引き続き一日中、関東地方一円で大雪に見舞われました。元住吉駅は神奈川県川崎市中原区の東京都大田区との境目に相当するような場所にあります。
 また列車が下りということですので渋谷方面(東武東上線・副都心線和光市駅方面や西武線からの直通の可能性も有)から元町中華街方面に向かう列車ということになります。

 ホームで列車が「追突」という事故は大変珍しいかと思います。なぜこんなことになるのかこれが実際に通勤時間帯であったら歴史的な大事故に発展しても過言ではないかと思います。このような大事故といえば過去に日比谷線の中目黒駅(当時は日比谷線と東横線が相互直通乗り入れが行われていました)で脱線事故があり死傷者が多数出たことが思い起こされます。

 警察は業務上過失傷害の疑いでも調べることになります。でもそれ以上になぜこんな有り得ないような事故がおこるのか検証してくれることを望むところです。



ニュース元・資料
posted by 管理人B at 03:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。