2008年09月26日

シーズクリエイト:民事再生法を申請 不動産市況悪化で

●毎日新聞にもあるとおり売れ行きが原因のようです。2007年の3月期には311億円ということは、売り上げの
なかの利益分も設備投資に使ってしまったのだろうかと思われます。




シーズクリエイト:民事再生法を申請 不動産市況悪化で
 マンション分譲販売のシーズクリエイト(東京都)が26日、民事再生法の適用を東京地裁に申請した。負債総額は約114億円。東証は27日付で同社株の上場を廃止する。

 同社は、99年設立。首都圏を中心とした「シーズ」マンションシリーズなど積極的な営業を展開し、急成長した。06年には業界最短で東証1部上場を果たし、07年3月期の売上高は311億円に達した。だが、最近の不動産市況の急激な悪化で売れ行きが伸び悩み、資金繰りに行き詰まった。【大場伸也】

毎日新聞 2008年9月26日 20時27分

http://mainichi.jp/select/biz/news/20080927k0000m020081000c.html
(2008/9/26←2008/10/4)

シーズクリエイト株式会社 が 民事再生法の適用を東京地方裁判所に申請

(ここはリプラス情報収集組合のブログでありますが、関係者の意向によりしばらくはここで、情報提供をさせていただきます。)

マンション開発のシーズクリエイトが民事再生手続を申請、負債総額114億円

2008年9月26日

 

ソーシャルブックマーク

 マンション分譲などを行うシーズクリエイト(東京都渋谷区神宮前5-52-2)は9月26日、東京地方裁判所に民事再生手続開始の申立てを行った。負債総額は114億4,200万円。
 同社は、99年に設立。「シーズガーデン」「シーズスクエア」「シーズクロノス」の3ブランドを展開するマンション分譲会社。オール電化・屋上緑化・太陽光発電を装備した環境共生型マンションを特色とし、04年にジャスダック、東証2部上場、06年に東証1部に上場した。

 不動産市況が急速に冷え込む中、郊外型マンションの販売が苦戦し、資金調達が困難となった。
http://www.asahi.com/housing/jutaku-s/JSN200809260002.html
(asahi.com008/9/26)

●リプラスが破産法の適用申請に対し、シーズクリエイトは民事再生法の適用申請です。通常の倒産の仕方は、民事再生法もしくは会社更生法の適用を東京地裁などに申請して、スポンサーを探す努力をいたします。両方とも再生型のものなので、再生を狙う形になります。
大体3ヶ月を目途に「再生計画」を出します。

http://ir.nikkei.co.jp/irftp/data/tdnr2/tdnetg3/20080926/5a0k5b/140120080926053151.pdf


 民事再生法と会社更生法の違いは経営者が民事再生では続投し、会社更生は経営陣は一切退陣し、その代りに裁判所より選任された更正管財人が行います。

広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。