2009年04月19日

デジタルチェック、ASPインターネットと業務提携 ネットショップ事業者の決済手段を広げる

●久々に株式会社デジタルチェック(東京都新宿区西新宿、レントゴー保証株式会社の親会社、旧リプラスから賃貸保証事業を譲り受け)
 の話題です。前回同様なもので「でじらく」についてキヨスク関係で実施するということで平成20年12月4日頃巷で話題になりました。
それ以来のニュースになります。デジタルチェックは電子決済を得意とする情報技術企業になります。


(以下参照)
[M&A/提携]
デジタルチェック、ASPインターネットと業務提携 ネットショップ事業者の決済手段を広げる
デジタルチェックとASPインターネットは業務提携し、ASPインターネットが提供するネットショップの構築・運営サービス「SHOP-Maker」に、「デジタルチェック ネットショップ向けマルチ決済サービス」を標準搭載した。(09/04/15) 


 デジタルチェックとASPインターネットは業務提携し、ASPインターネットが提供するネットショップの構築・運営サービス「SHOP-Maker」に、「デジタルチェック ネットショップ向けマルチ決済サービス」を標準搭載した。

 提携により、「SHOP-Maker」を利用のするネットショップ事業者は、デジタルチェックを通じ、複数の決済インフラ事業各社とのシステム接続ができるようになり、申込・審査・契約作業や運用を同社に一元化しながら、さまざまな決済手段が利用できるようになる。

 現在利用可能な決算インフラ事業社は、クレジットカード会社、コンビニエンスストア会社、ビットワレット(Edy決済)、日本マルチペイメントネットワーク推進協議会(ペイジー決済)、デジタルチェック(電子マネーC-Check)。今後、対応決済システムは順次拡大する予定だ。
http://www.sbbit.jp/news/11491/
(2009/4/14/ソフトバンクビジネス+IT)

2009年02月27日

レントゴー保証株式会社による株式会社CHINTAIの子会社株式譲受けのお知らせ〜リプラスからデジタルチェックの移籍にあたり

●株式会社デジタルチェックのニュースリリースも当り前のことになりますがリリースされています。
新しい孫ができる気持ちで今後のデジタルチェックの底硬さが日本の景気回復の先導役になることを祈る気持ちです。

(以下参照)
レントゴー保証株式会社による
株式会社CHINTAIの子会社株式譲受けのお知らせ
当社の関連会社であるレントゴー保証株式会社は、平成21年2月20日開催の取締役会において、株式会社CHINTAIより同社の100%子会社である株式会社HDAの全株式を取得することを決議し、同日付けで株式譲渡契約書を締結いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。



1.株式取得の理由
レントゴー保証株式会社は、株式会社リプラス(平成20年9月24日破産手続き開始)より平成20年10月14日に賃貸保証事業を譲り受け、そのノウハウを生かした新たな滞納家賃保証サービスを提供することで、顧客満足度の向上に努めてまいりました。
滞納家賃保証業界におきましては、昨今の価格競争により、事業モデルの収益性低下が否めない状況となっております。
このような状況のもと、レントゴー保証株式会社では株式会社CHINTAIより、レントゴー保証株式会社と同事業を営む株式会社HDA(株式会社CHINTAIの100%子会社)の株式全株の譲り受けに関し、慎重に検討を進めた結果、確立された事業基盤と収益性が保全されたレントゴー保証株式会社にとって、本案件は事業発展及び企業価値向上に一層寄与するものと判断いたしました。今後、全国ネットワークを有する大手不動産仲介会社を顧客基盤に持つ株式会社HDAをレントゴー保証株式会社の子会社化することで、継続的、かつ安定的な保証サービスの向上を実現することが出来ると考えております。

(以下省略、下記参照)
http://www.digitalcheck.co.jp/system/contents/47/
(2009/2/20/株式会社デジタルチェックニュースリリース)

(2009/2/27留)

2008年12月10日

現金決済型キオスク端末初の電子マネー販売サービスを開始

●(参考)以下は「デジらく」に関するプレリリースです。
デジタルチェックの他「bitキャッシュ」という会社も扱っていますが、主にプリペイドIDに関して大きな会社はこの2つのほかに
「web money」があり、例えばコンビニエンスストアのコピー機操作の部分(セブンイレブン)などで購入が可能です。

 


(以下フレーバー・ネットワークスのプレリリースより)
【PRESS RELEASE】
 報道関係者各位
                              2008年12月4日
                    フレパー・ネットワークス株式会社

現金決済型キオスク端末初の電子マネー販売サービスを開始


フレパー・ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:
宮之内誠人 以下 フレパー・ネットワークス)は、現金決済型キオスク
端末初のサービスとして、自社で運営・管理するキオスク端末で、電子
マネーとして利用できるプリペイドIDの販売を12月より開始しました。

現在、オンラインゲームを始めとした電子決済の普及により電子マネ
ーの需要が高まっております。フレパー・ネットワークスが運営・管理
するキオスク端末を設置している店舗においても同様の高い需要があり、
電子マネーが利用できるプリペイドIDの販売を開始することで、設置店
舗の売上げ拡大が見込めると判断し今回の導入に至りました。10月より
店舗でのテスト販売を開始しました。
同月200台の導入を完了し、年内には500台まで販売可能台数の拡大を
予定しています。

フレパー・ネットワークスが運営・管理するキオスク端末は「デジらく」
というサービス名で、パソコンや携帯電話、ポータブルプレイヤーなどで
コンテンツをより楽しんでもらう、現金決済型のコンテンツ販売機です。
映像・音楽・ゲームソフト・電子書籍・WEBアクセス権などの多彩なコン
テンツ取扱っており、全国のインターネットカフェやコンビニエンスストア、
レンタルビデオ店などに設置しております。

今回電子マネー利用が可能なプリペイドIDとして、ビットキャッシュ
株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田村栄仁)発行の
「Bit Cash(ビットキャッシュ)」と、株式会社デジタルチェック
(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:友永良一)発行の「C-CHECK
(Cチェック)」を導入しており、インターネットカフェを中心に販売
しております。
以上

【報道関係者のお問い合せ先】
フレパー・ネットワークス株式会社
広報部 鈴木
TEL: 03-5405-2713  E-mail: info@freparnetworks.co.jp

【会社概要】
フレパー・ネットワークス株式会社 (http://www.freparnetworks.co.jp
代表者名:代表取締役 宮之内誠人
設立: 2000年2月
事業内容:電気通信事業者(届出番号 A-19-9468)、情報・通信サービス、
キオスク端末販売、ハードウェア、ソフトウェア企画・開発・運営、
コンテンツアグリゲーション、仮想空間及びWeb3Dプラットフォーム
技術提供
資本金: 23億12百万円
所在地: 東京都港区虎ノ門3-12-1 ニッセイ虎ノ門ビル13階

http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=32436
(2008/12/4)

(2008/12/10留)
 
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。