2013年12月29日

宇都宮健児(日本弁護士連合会前会長)氏、都知事選に出馬へ 前回は次点

 
 猪瀬直樹氏の後任を選ぶ東京都知事選に、弁護士の宇都宮健児氏が立候補をする意向を固めたとのことです。
 宇都宮氏は、姓が「宇都宮」で、名が「健児」なので、宇都宮(栃木県)で検事(けんじ;検察官)をやっているようなイメージを醸し出すかもしれませんが、東京の銀座で法律事務所を運営する「弁護士」です。
 一般市民からすると今までのタレント有名人候補と比較すると「知名度」としては、どうしても今ひとつというところとなってしまいます。
 しかし、「弁護士」としての実績が非常に多く、法曹会やそれに関わっている人においては、大変な有名人で、そういった延長戦上で、2010年には日本弁護士連合会の会長を務めていました。

 特に弁護士としてはあまり好まない「市民のため」を念頭においた弁護士活動を行ってきた実績が大きく、クレジットサラ金問題・投資被害などの消費者問題、非正規雇用や自身で主宰している「反貧困ネットワーク」、「年越し派遣村名誉村長」においては、有名です。

 また、現在その方面で筆頭で活動している弁護士の多くにおいては、宇都宮弁護士は師匠に相当するものであり、宇都宮氏が政治に出るということは、多くの消費者においては非常に待望していた面もあったかと思います。

 そして、昨年の都知事選でも宇都宮氏は立候補をしたのですが、やはり、石原都政の流れが大きくその下で働いていた猪瀬直樹氏が知事に選ばれる結末となってしまいました。

 この30年位の都知事の顔ぶれを就任順に見てみると、美濃部亮吉、鈴木俊一、青島幸男、石原慎太郎、猪瀬直樹 ということになります。
 先の美濃部亮吉氏は学者で、鈴木俊一氏は旧自治省の官僚、残りの3人は作家の出身です。
  美濃部亮吉氏は学者なので様々な期待があったのですが、「大赤字」を出してしまったことで有名です。鈴木氏に関しては、官僚の実績もあったことから政治に関しても美濃部氏の汚名を返上して、財政面で健全化を取り戻したことで有名です。そして、残りの3人は特段の実績はありませんでしたが、「時代の流れ」でここまで上り詰めたというようなイメージしか残っていないような気がします。

 特に青島幸男氏は、作家での知名度を利用して、「選挙運動をしない」ことで有名で都民の期待もなぜか大きかったのですが、「知事の仕事もしない」人でもあったために、任期満了をもって都知事も退任という結果でした。石原慎太郎氏は作家でも政治家でも両者とも有名でしたが、長く務めていることやこの歳になっても「総理大臣」を目指す部分の人でもあることから、都知事の退任はいい時期だったのかもしれません。

 今宇都宮氏の他に、学者出身の舛添要一氏やタレント出身の東国原英夫氏の候補も浮上しています。
舛添氏においては、学者としては、実績もあるかと思いますが、これまでの政治家としての実績や同じ学者出身の美濃部氏の財政面での失態などを考えてみると、期待は感じられません。
 逆に東国原氏においては、タレントの「そのまんま東」というイメージが非常に強く、今のご時世では「タレント」という知名度で政治をやるのはもうゴメンという認識が都民だけではなく日本全体でもそういったイメージかと思います。しかし、宮崎県知事としての実績が非常に大きく、その部分が非常に強みかとおもいます。

 そういったことを考えると、宇都宮氏と東国原氏の両者の接戦となりそうです。

宇都宮氏においては、政治家としての実績がまだないので、その点が「東国原氏」より、不利になりそうですが、今までの胡散臭いような都政を考えれば、実績は無くても、知名度に依存しない政治家を考慮すれば、宇都宮氏は適任者の一人となるのではないかと考えられそうです。


 
 


ニュース元・資料


posted by 管理人B at 16:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

猪瀬知事:正式に辞職 都議会が全会一致で議決 〜まだまだ疑惑は追求すべき

猪瀬直樹東京都知事が正式に辞職となった模様です。
 

 いろいろあれこれ取り沙汰されていますが、結局何が悪いのかというとお金が動いたのにそれを報告していなかったという「政治資金規制法」に抵触するということです。

 さらにそれが、たまたま黒い部分である医療法人「徳州会」からの資金提供ということです。そして、本当は借金なのか資金譲渡(賄賂)なのか益々疑惑が大きいことから、この問題が大きく発展しています。

 猪瀬氏のそれまでの経緯が、アウトローズ的な政治経済の闇を追及する作家でもあることから、そういった人が私利私欲で汚れていくのを黙っているわけにはいかないのは当然なのかと思います。

 今後は検察が捜査に着手するとみられますが、やはりこういったことをなおざりにしてしまうと、「賄賂」国家となってしまうので、きっちりと法律に沿った操作をキチンとしてもらいたいものです。


ニュース元・資料
ラベル:アウトローズ
posted by 管理人B at 18:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

猪瀬知事発案の終夜バス 初日利用者283人 渋谷−六本木試験運行〜猪瀬知事は「素人政治家」なのか。

予てから実施予定であった、深夜バスの終夜運行が始まったとのことです。
 皮切りに六本木駅から渋谷駅の短い区間ですが実施された模様です。

 深夜の定期バスや鉄道は、当然あれば便利で大変なのですが、これが決してうまくいくとは考えにくいです。なぜなら、このことにより「人件費」が大幅に増すからです。さらに、これが実施されることによりどこかに歪が生じます。

 まずはタクシー業界。深夜に電車バスが走らない部分の隙間を埋めるのに、タクシーは重要な役割を果たします。そして料金的にも電車・バスよりはるかに価格が高くなってしまいますが、電車バス自体の運行維持にかかわる経費を考えれば非常に合理的なものとなっています。

 それに仮に終夜バス電車が登場すれば、労働環境にも大きく変化します。本来「終電があるから帰る」ということを前提にして行われている残業深夜業務もこれにより、深夜2時や深夜4時などの勤務も可能となってしまいます。それに本来必要のないような残業も増え、労務コストが大きくかかってきます。
 
 24時間眠らない街はいいことも当然ありますが、生活にメリハリがつかないだけでなく、経済的な効率が非常に悪いものです。

 実際にこの結果を見てみなければあれこれ論じる事は難しいですが、やはり前述の影響を考えれば到底難しいのではないかと思います。

 かつて、2000年前半に21時頃閉店していたスーパーが23時迄営業時間を延長したり、その波寄せのような感じで23時迄の営業時間だったところが深夜1時まで営業時間を延長するようなブームが沸き起こりました。
 そしてスーパー大手のイオンにおいては、食品部門だけは24時間営業するようなところまで出てきたことが強烈的でした。利用者にとっては大変便利で頼もしいと感じるのですが、当然深夜に言っても「閑古鳥」がいつも泣いている状態でした。

 結局、そのブームは去りイオンにおいては23時もしくは22時で閉店という形に戻っています。
さらに先の東日本大震災の発生後においては、「節約」モードが大きく働き、どこのスーパーも電気等の使用自粛から、営業時間も極力拡大しないように務めている状況です。

 やはり決まった時間に起きる、決まった時間に食事をとり、時間どうりに就寝するというように、従来どうりの生活を規則正しく維持させるのが、人間においても街においても大切なことなのではないかと考えています。

 これはたまたまなのかわかりませんが、猪瀬知事が不祥事を起こすとその同様なことが橋下徹氏(大阪市長)にもおこるので、そういった動向も個人的ながら気になります。
 猪瀬知事は「素人政治家」と自身を割り切って述べているようですが、その学歴や経緯をみれば、決して素人ではなく、立派なプロの「政治家」です。もう少し突っ込んで言えば「脇が甘かった」のではないかと思います。
 本来猪瀬知事は「攻め」は徹底的に行っていましたが、「守り」の部分は非常にお粗末なので、「自分だけは大丈夫」と成功のサクセスストーリーを過信しすぎていたのかもしれません。



ニュース元・資料
posted by 管理人B at 16:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。